X-WP-Total: 5544 X-WP-TotalPages: 278 [ { "id": 124758, "date": "2020-12-01T18:00:21", "date_gmt": "2020-12-01T09:00:21", "link": "https://rallys.online/forplayers/jintaku-tiramissimo/", "title": { "rendered": "【卓球】神巧也、大阪のティラミス専門店とスポンサー契約「ガッツが決め手」" }, "content": { "rendered": "

写真:神巧也T.T彩たま)/撮影:保田敬介

1日、プロ卓球選手の神巧也(T.T彩たま)がティラミス専門店「ティラミッシモ」(大阪府泉佐野市中町2-2-33、代表者:西山 正晃)とスポンサー契約を締結した。

神は昨季Tリーグ後期MVPを獲得。11月17日に開幕した3季目のシーズンでも2勝を挙げ、T.T彩たまの主将として活躍する。

卓球愛好家のティラミス店オーナー、西山氏が、神のガッツあるプレースタイルに共感をし契約に至ったという。本人並びにスポンサー企業のコメントは以下の通り。

このページの目次

神巧也コメント

\"神巧也(T.T彩たま)\"
写真:神巧也(T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE

この度、ティラミッシモ様とスポンサー契約を締結致しました。代表の西山様が私のガッツあるプレースタイルに共感し、サポートして下さることに大変光栄に思います。

ティラミスはイタリア語で「私を上に引っ張って=元気づけて!」という意味だそうです。ティラミスを通じて元気を届けるティラミッシモ様のサポートで、今までよりも元気いっぱいのプレーができると思います。期待に応えられるよう、精進して参ります。

ティラミッシモ、西山代表コメント

この度、神巧也選手とスポンサー契約を結ばせていただく事になりました。今後の神選手の活動を微力ながらサポートさせていただきたく思っております。

私自身も12歳から卓球を続けており(現在44歳)、昔から試合中にガッツポーズや威勢の良い声を出すタイプなのですが、失礼ながら神選手にも同じ空気を感じましたのと、試合後のインタビューや感想を話す神選手に以前から好感を持ち注目させていただいておりましたところに、ご縁があり大好きな神選手をサポートできるという機会に恵まれました。加えまして、私、西山は地元泉佐野市にて「ティラミッシモ」という卓球チームを持っております。そのメンバーでもある9歳の男の子が大の神選手のファンである事もサポートさせていただく要因となりました。

神巧也インタビュー

>>神巧也「実業団かTリーグか」論は無意味 己の人生を生きろ
>>1年でWR269上昇 ”世界で一番伸びた卓球選手”神巧也、飛躍の裏側

応援 or 爆援?T.T彩たま主将・神巧也に10個の質問

文:ラリーズ編集部

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/04/9635c1cdb0d731c9527a7ec73e118af8-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 124808, "date": "2020-12-01T13:41:12", "date_gmt": "2020-12-01T04:41:12", "link": "https://rallys.online/forplayers/201201sonekakeru/", "title": { "rendered": "愛工大名電高3年・曽根翔、T.T彩たまと契約合意 黄鎮廷はメンバー登録抹消" }, "content": { "rendered": "

写真:曽根翔(愛工大名電高校)/撮影:ラリーズ編集部

卓球Tリーグ男子・T.T彩たまは1日、愛工大名電高校3年の曽根翔(そねかける)との契約合意を発表した。また、黄鎮廷(ウォンチュンティン・中国香港)とは、双方合意のもとメンバー登録を抹消することもあわせて発表された。

“メイデン”から曽根が加入

インターハイ団体戦4連覇中の愛工大名電高校に所属する曽根。全国中学校卓球大会男子シングルスで準優勝、2019年インターハイ男子ダブルスで準優勝、2020年全日本選手権ではシングルス一般でランク入りと将来期待の18歳だ。奇しくも18歳の誕生日である12月1日にT.T彩たまと契約することとなった。

\"曽根翔(愛工大名電高)\"
写真:曽根翔(愛工大名電高)/撮影:ラリーズ編集部

曽根は「今シーズンからT.T彩たまに加入させて頂きました曽根翔です。優勝に貢献できるように精一杯頑張ります。試合では元気よく相手に向かっていきチームを盛り上げれるように試合をしていきたいです」とコメント。

T.T彩たまでは、愛工大名電高校で1学年下の篠塚大登が今季より加入し、OBの松山祐季、髙見真己(ともに愛知工業大学)もプレーしている。“メイデン軍団”がTリーグでどのような活躍を見せるのか注目だ。

>>曽根翔の使用用具・大会成績・プロフィール

コロナの影響で黄鎮廷はメンバー登録抹消

一方で、香港のエース黄鎮廷は、メンバー登録を抹消することとなった。新型コロナウイルスパンデミックにより、現状ではTリーグへの出場が叶わない状況であるための措置だという。

\"黄鎮廷\"
写真:黄鎮廷(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

T.T彩たまは、「登録抹消ということで双方合意に至りましたが、今後、新型コロナウイルスの感染状況により、メンバー再登録の可能性もあり契約解除ではなくメンバー登録抹消という形となっております」と発表している。

黄鎮廷インタビューはこちら

>>香港のエース・黄鎮廷、世界最高のペンホルダーへの軌跡

>>【黄鎮廷#2】黄を変えた、人生の師の“容赦ない一言”

>>【黄鎮廷#3】「ライバルは張本」 ”香港のエース”の注目選手とは

文:ラリーズ編集部

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/12/079A7660-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 124690, "date": "2020-12-01T10:56:11", "date_gmt": "2020-12-01T01:56:11", "link": "https://rallys.online/topic/international/20201129germanleague/", "title": { "rendered": "昨季王者、全勝中の強豪下す フランチスカがボルに勝利<卓球・ブンデスリーガ>" }, "content": { "rendered": "

写真:パトリック・フランチスカ/提供:ittfworld

<ドイツブンデスリーガ第9節 11月29日>

2020-2021シーズンのドイツ・ブンデスリーガ第9節が開催され、ザールブリュッケンが今シーズン無敗のボルシア・デュッセルドルフに勝利した。

>>“ドイツの守護神”フィルス、2勝あげチームは勝利<卓球・ドイツブンデスリーガ>

巧みな戦術でボルを圧倒

昨シーズンの王者ザールブリュッケンは、ここまで3勝4敗と負け越しており、上位浮上のきっかけを掴むためにも勝利が欲しいところ。しかし、対するデュッセルドルフは開幕以来、未だ無敗と絶好調。一筋縄ではいかない戦いが予想された。

\"パトリック・フランチスカ\"
写真:パトリック・フランチスカ/提供:ittfworld

トップには、ザールブリュッケンからはパトリック・フランチスカ(ドイツ)、デュッセルドルフからはティモ・ボル(ドイツ)が出場し、ドイツ代表対決が実現した。そんな注目の一戦は、1ゲーム目からフランチスカが3球目攻撃で積極的な攻めを見せる。

ボルのバックサイドにボールを集めてブロックミスを誘う作戦がハマり、1、2ゲームを連取。3ゲーム目になると、ボルも徐々に足を動かしてラリー戦で点を取り始めるも、粘り強くボルのバックを攻めたフランチスカがマッチポイントを握り、最後はサービスエースで締めて勝利を挙げた。

フランチスカの勝利で流れに乗ったザールブリュッケンは、続くダルコ・ヨルジッチ(クロアチア)、尚坤(シャンクン・中国)も、それぞれフルゲームの激戦を制して勝利。マッチカウント3-0の完勝を収め、絶好調のデュッセルドルフに今シーズン初めて土をつけた。

ブレーメンが今シーズン4勝目

同じく、3勝4敗で負けが先行しているブレーメンは、こちらも好調なノイ・ウルムと対戦した。

\"キリル・ゲラシメンコ\"
写真:キリル・ゲラシメンコ/提供:ittfworld

この試合では、キリル・ゲラシメンコ(カザフスタン)が躍動した。トップに出場して勝利を挙げると、フォースシングルスにも出場し、元Tリーガーのティアゴ・アポロニア(ポルトガル)を攻撃的なフォアハンドで攻め立てる。

最後は、回り込みカウンターを狙ったアポロニアの空いたフォアサイドにバックブロックを落として勝負あり。ゲラシメンコの2点取りの活躍で、ブレーメンが今シーズン4勝目を挙げた。

2020-2021 ドイツブンデスリーガ第9節 結果

〇ザールブリュッケン 3-0 ボルシア・デュッセルドルフ

〇パトリック・フランチスカ 3-0 ティモ・ボル
〇ダルコ・ヨルジッチ 3-2 アントン・ケルベリ(スウェーデン)
〇尚坤 3-2 クリスティアン・カールソン(スウェーデン)

〇オクセンハウゼン 3-2 グリュンヴェッターズバッハ

シモン・ゴジ(フランス)1-3 邱党(キュウダン・ドイツ)〇
カナック・ジャー(アメリカ)1-3 王熹(ワンシ・ドイツ)〇
〇Samuel Kulczycki(ポーランド)3-1 デニ・コズル(スロベニア)
〇シモン・ゴジ 3-1 王熹
〇Samuel Kulczycki/Maciej Kubik(ポーランド)3-1 邱党/Tobias Rasmussen(デンマーク)

〇ブレーメン 3-1 ノイ・ウルム

〇キリル・ゲラシメンコ 3-1 Kay Stumper(ドイツ)
〇マルセロ・アギーレ(パラグアイ)3-1 ティアゴ・アポロニア
Hunor Szöcs(ルーマニア)0-3 ウラジミール・シドレンコ(ロシア)〇
〇キリル・ゲラシメンコ 3-1 ティアゴ・アポロニア

〇ケーニヒスホーフェン 3-0 グレンツァオ

〇バスティアン・シュテガー(ドイツ)3-1 Robin Devos(ベルギー)
〇Filip Zeljko(クロアチア)3-0 クリスチャン・プレテア(ルーマニア)
〇キリアン・オート(ドイツ)3-0 アレクサンダー・カラカセビッチ(セルビア)

〇ベルグノイシュタッド 3-2 ミュールハウゼン

〇ベネディクト・デューダ(ドイツ)3-2 ステファン・メンゲル(ドイツ)
ステファン・フェゲル(オーストリア)1-3 ダニエル・ハーベソン(オーストリア)〇
アルバーロ・ロブレス(スペイン)0-3 オビディウ・イオネスク(ルーマニア)〇
〇ベネディクト・デューダ(ドイツ)3-0 ダニエル・ハーベソン
〇アルバーロ・ロブレス/ステファン・フェゲル 3-1 オビディウ・イオネスク/Lubomir Jancarik(チェコ)

>>ドイツでホーム勝率90%超え 森薗政崇が語る「ファンや応援の力」

文:ラリーズ編集部

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/11/50600079046_0d59b32b1c_k-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 124773, "date": "2020-12-01T07:32:03", "date_gmt": "2020-11-30T22:32:03", "link": "https://rallys.online/forplayers/matchschedule-202012/", "title": { "rendered": "【2020年12月】今月の主要な卓球大会の予定と見どころ" }, "content": { "rendered": "

写真:後期日本リーグMVPの成本綾海(中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

このページの目次

2020年12月の卓球主要大会:見どころ

卓球国際大会が再開して早くも1か月。卓球の試合が私たちの日常に戻りつつある。

年内の国際大会は先月29日に幕を閉じたWTTマカオが最後だが、国内では12月も大会が開かれる。

注目は12・13日のJTTLファイナル4。11月に開催された後期日本卓球リーグでの男女上位4チームが内閣総理大臣杯をかけて戦う。リモートマッチ(無観客)となるが、年末のタイトルマッチだけに熱戦に期待したい。

\"安藤みなみ\"
写真:後期日本リーグ7勝の安藤みなみ(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部

同じく12日からは延期となっていた関東学生選手権が開かれる。出場校は関東の大学のみだが、Tリーガーも数多く出場し、そのレベルは日本トップレベルといっても過言ではないだろう。

\"山本笙子\"
写真:山本笙子(中央大学)/撮影:ラリーズ編集部

またTリーグは12月も毎週のように開催される。コロナによる長いオフを経て力をつけたのはどのチームか、こちらも目が離せない。

\"木村香純\"
写真:木村香純(木下アビエル神奈川)/撮影:ラリーズ編集部

>>男子は協和キリン、女子は中国電力がV 平野友樹、成本綾海がMVP~後期日本卓球リーグ1部~

2020年12月の国内卓球大会

日本卓球リーグプレーオフ JTTLファイナル4

日時
12/12~12/13
開催地
広島 エフピコアリーナふくやま ※無観客開催

関東学生選手権

日時
11/12、11/13、11/18
開催地
東京 駒沢屋内球技場(12,13日)/埼玉 所沢市民体育館(18日)※無観客開催

Tリーグ 2020-2021シーズン

日時
12/3~5、10~11、14~17、20、22~25
開催地
※無観客開催

>>各チームが積極補強 3季目を制すのは|Tリーグ3rdシーズン戦力分析~男子編~

文:ラリーズ編集部

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/11/IMG_4300-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 124500, "date": "2020-11-30T18:55:25", "date_gmt": "2020-11-30T09:55:25", "link": "https://rallys.online/person/sapporouniv03/", "title": { "rendered": "部員ゼロから4年間で道内1敗の強豪に “雑草軍団”札幌大女子卓球部復活物語" }, "content": { "rendered": "

写真:札幌大学女子卓球部を支えた4年生 左から大室奏子、濱口采花、石井美紗、三浦祐依/撮影:ラリーズ編集部

「北海道の歴史を塗り替える」を合言葉に北海道卓球界を熱くしているのが札幌大学卓球部だ。特に女子部は道内大学主要大会の4年間で「団体戦通算1敗」という圧倒的な成績を残している。

そんな札幌大女子卓球部だが、実は2016年の時点では部員がおらず廃部状態だった。そこから道内屈指の強豪校になるまでを、女子部復活1期生として3年半主将を務めた濱口采花(4年)と部を率いる藤倉健太監督に聞いた。

札幌大女子卓球部の団体戦での無類の強さは、濱口たち1期生の「大学卓球で一花咲かせたい」という“雑草魂”によって創り上げられていた。

>>第1話 廃部寸前だった札幌大卓球部が道内トップの強豪に返り咲いたワケ

このページの目次

北海道インカレを機に女子卓球部が復活

札幌大学卓球部に藤倉監督が就任したのは2016年。偶然にも翌年、北海道で全日本大学総合卓球選手権大会・団体の部(以下、インカレ)の開催が決まっていた。就任後、藤倉監督は、廃部状態だった女子部を復活させ、北海道インカレ出場を目指すべくスカウティングを開始。すぐに進学を決めたのが濱口だ。

濱口は、世界選手権ダブルス3位の佐藤瞳(ミキハウス)を輩出した札幌大谷高校出身で、2017年4月の入学から2020年9月まで女子卓球部を主将として率いた。

\"写真:女子卓球部前主将の濱口采花(4年)/撮影:ラリーズ編集部\"
写真:女子卓球部前主将の濱口采花(4年)/撮影:ラリーズ編集部

「藤倉さんが札幌大谷に(プレーヤーとして)よく練習に来ていて、女子部を創立するから来ないかとお話をいただきました。創部1年目なので一から色々できると思って」濱口は当時の決断の理由を明かす。

その後、同じ志を持つ同期が集まり、新たなチームを創り上げることとなった。

「練習メニューはもっとこうしたら良いんじゃないか」「前の大会はここが悪かったから多球練習を多めにしよう」「今日はゲーム練習を多くしよう」。同期からは様々な意見が飛び交った。濱口は「全員の意見を監督と話しながら共有していくのが自分の役目と思ったので、コミュニケーションを大事にした」と活発な対話を軸にチームをまとめあげた。

\"写真:札幌大学女子卓球部を支えた4年生/撮影:ラリーズ編集部\"
写真:札幌大学女子卓球部を支えた4年生 左から濱口采花、石井美紗、三浦祐依、大室奏子/撮影:ラリーズ編集部

「ずっと心がけてるのは、選手に300日頑張れと言うのであれば、僕は301日部活に来る覚悟。学生が欲しいと言うのであれば、僕らが練習時間や環境、相手も用意すること」。創部1年目に飛び込んでくれた選手たちの思いに、藤倉監督も正面から向き合った。

オール1年生で全国出場の快進撃

なぜ彼女たちは、大学の卓球部に賭けたのか。
それは、札幌大谷や駒大苫小牧といった道内の強豪高校でプレーしていた濱口らが、高校時代は主力選手ではなかったからだ。

高校生のときにレギュラーになれなかった悔しさを大学で活かしたい。絶対結果を残してやる」。

\"写真:練習に励む札幌大学女子卓球部員/撮影:ラリーズ編集部\"
写真:練習に励む札幌大学卓球部員/撮影:ラリーズ編集部

その思いは、1年目から実を結ぶ。

1年生のみで挑んだ春季リーグでいきなり優勝を果たしたのだ。その勢いのまま、インカレ予選も1位で通過し、目標としていた北海道開催のインカレ本戦出場を決めた。

特徴があった。団体戦に強いのだ。

その証拠に、春季リーグ、インカレ予選ともに、同時に行われた個人戦では、誰一人シングルスベスト4に入れなかった

にも関わらず、団体戦ではオール1年生で優勝をかっさらったのだ。

「団体戦のときの雰囲気は1年生のときから凄かった。出てない人もみんなで声を出して一緒に戦う。1年目は負けそうなところを逆転して優勝した試合が何回もありました。本人たちが負けず嫌いだったのが根底にある。『絶対に北海道の他大学には負けたくなかった』と」。藤倉監督は1年目からの好成績をそう振り返る。

\"写真:藤倉監督/撮影:ラリーズ編集部\"
写真:学生にアドバイスする札幌大学卓球部の藤倉監督/撮影:ラリーズ編集部

当時、道内の女子は、佐藤瞳の元ダブルスパートナーを始め、高校までに輝かしい成績を既に収めていた選手達が上位を独占していた。対照的に高校時代、スター選手の作る光の影にいた“雑草軍団”の札幌大学女子卓球部は、一から自分たちが作り上げた卓球部で大きな壁に挑み、そして勝利を掴んだ。

\"写真:札幌大学女子卓球部4年生/撮影:ラリーズ編集部\"
写真:札幌大学女子卓球部4年生/撮影:ラリーズ編集部

一花咲かせた“雑草軍団”は、インカレ本戦でも全国の強豪相手に勝利を挙げて予選リーグを突破し、見事決勝トーナメントに進出した。

「創部1年目のインカレで予選を抜けたのがすごく大きかった。北海道で卓球やっててもいけるんだとすごく自信になりました」。濱口は当時の手応えを思い返す。

集大成の1年は幻に でも「後悔はない」

自信をつけた濱口らは目を見張る成長を遂げ、その後は個人戦でも優勝など、結果を出し続けている。そのなかでも北海道内の団体戦は大学4年間で、なんと1敗しかしていない。

いきなり1年目で好成績を残し、満足することはなかったのだろうか。

何度か燃え尽きそうなときはありました。でも北海道でプレーするから、高校の恩師に恥ずかしい姿を見せられない」。これまで自分を支えてくれた人たちがいる地元。その土地が、燃え尽きそうな彼女の雑草魂に火を灯し続けた。

\"札幌大学\"
写真:札幌大学卓球部の練習風景/撮影:ラリーズ編集部

道内屈指の強豪となった札幌大学女子卓球部は、今では4学年13選手が所属するまでになった。

\"札幌大学女子卓球部メンバー\"
写真:取材時に練習に来ていた札幌大学女子卓球部メンバー/撮影:ラリーズ編集部

そして2020年、一つの集大成を迎える、はずだった。

2016年から濱口ら1期生が最終学年になった年に、インカレでランク入りし、北海道の歴史を塗り替える日は目の前だった今年、新型コロナウイルス感染拡大によって、ほぼすべての全国大会は中止となった。

\"ダブルスの練習に取り組む\"
写真:練習に励む札幌大学女子卓球部員/撮影:ラリーズ編集部

「初めて4学年揃ったので、全国大会も行きたかった」。

そう口にする濱口の顔に、しかし、未練はない。

創部1年目に札幌大学に飛び込み、手探りで格闘してきた日々が、いつの間にか彼女を成長させていた。

「後悔はないです。みんなで頑張って全国に出られて、悔しかったことも嬉しかったこともある。卓球で得たものはすごく大きかった」と笑う。

藤倉監督も感謝する。「特に彼女たちとの4年間は、指導者としてはもちろん、人間としても成長させてくれました。これから彼女たちも社会人として大きな壁にぶつかると思いますが、そのときは大学での4年間の経験を思い出して、さらに充実した人生を送る糧にしてもらいたいと思います」。

\"写真:札幌大学女子卓球部を支えた4年生/撮影:ラリーズ編集部\"
写真:札幌大学女子卓球部を支えた4年生たち/撮影:ラリーズ編集部

「北海道の歴史を塗り替える」ことは叶わなかった。

でも、彼女たちがゼロから歩んできた大学卓球部生活が、彼女たち自身の歴史を変えた。

大学に入って思ったのは、高校のときの結果は全く関係ないということ。全国で活躍していた選手に自分も勝つことができた。過去の結果ではなく、大学に入って自分がどうやるかがすごく大切なんです」。濱口は後輩にエールを送る。

1期生が挑んだ「北海道の歴史を塗り替える」大仕事は、後輩たちに託される。

でも、時々ページを戻って読みたくなる、北の大地の女子卓球部“開拓”物語でもあった。

\"写真:濱口らの思いを継ぎプレーする3年生以下の女子部員/撮影:ラリーズ編集部\"
写真:濱口らの思いを継ぎプレーする3年生以下の女子部員/撮影:ラリーズ編集部

札幌大学卓球部特集

\"写真:札幌大学卓球部/撮影:ラリーズ編集部\"

>>第1話 廃部寸前だった札幌大卓球部が道内トップの強豪に返り咲いたワケ

>>第2話 “卓球が強くなる”以上のものを手に入れられる 札幌大卓球部の挑戦

札幌大学卓球部に興味のある方はこちら

\"写真:札幌大学メンバー/撮影:ラリーズ編集部\"
写真:札幌大学メンバー/撮影:ラリーズ編集部

TEL:011-852-9115
e-mail:satsudaitakkyu@gmail.com

取材・文:山下大志(ラリーズ編集部)

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/11/sapporo_03-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 124741, "date": "2020-11-30T18:18:52", "date_gmt": "2020-11-30T09:18:52", "link": "https://rallys.online/forplayers/201130matsushima/", "title": { "rendered": "“卓球界のホープ”松島輝空「金メダル目指して」 一家揃ってのスポンサー契約" }, "content": { "rendered": "

写真:2020全日本選手権の松島輝空/撮影:ラリーズ編集部

株式会社PUR・BEAUTEは30日、ジュニアナショナルチームに選出されている“卓球界のホープ”松島輝空(JOCエリートアカデミー/星槎)所属する株式会社skyとサポート契約を締結したことを発表した。

このページの目次

期待の13歳・松島がサポート契約

中学生にして2020年全日本選手権のジュニアの部で準優勝を飾るなど規格外の強さを誇る13歳の松島。全日本卓球選手権ホカバの部で6連覇するなど、張本智和(木下グループ)に次ぐ日本卓球界期待の逸材だ。

\"松島輝空\"
写真:松島輝空/撮影:ラリーズ編集部

無添加化粧水キョウキオラ他を扱う株式会社PUR・BEAUTE(ピュールボーテ)は、2020年10月1日より、松島ら一家をサポートし始めた。標品を松島一家が愛用している縁もあり、サポート契約に至ったという。また、5歳の頃に松島はPUR・BEAUTEの役員と対等の試合を見せ、7歳の頃には松島側がハンデを与えたというエピソードも明かされた。

スキンケア商品であることから、今回のスポンサー契約は松島輝空だけでなく、父・卓司さん、母・由美さん、次男の翔空、長女の美空、次女の愛空も含めた一家揃ってのサポートとなる。

松島輝空コメント

JOCエリートアカデミーの松島輝空です。スポンサーになっていただきありがとうございます。

キョウキオラとドライスキンケアクリームは、遠征の飛行機内はとても乾燥しているので、肌や唇に塗っておくと快適に過ごせます。これからもオリンピック金メダル目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします。

父・松島卓司さんコメント

この度はご契約頂きありがとうございます。

我が家の子供達は乾燥肌で毎日愛用させて頂いています。とくによく行く中国は凄く乾燥しているので助かってます。この唯一無二のドライスキンケアクリームは本当に素晴らしい商品だと思います。

僕達にとって地元京都の会社さんに応援して頂けるということは凄く励みになります。子供達が日の丸を付けオリンピックで金メダルを取れるよう、これからも頑張ります!

>>松島輝空の使用用具・大会成績・プロフィール

松島輝空の試合動画

文:ラリーズ編集部

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/11/20200115alljapanmatusima2-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 124748, "date": "2020-11-30T17:28:56", "date_gmt": "2020-11-30T08:28:56", "link": "https://rallys.online/forplayers/ryukyu-mtg/", "title": { "rendered": "Tリーグ琉球、“SIXPAD”のMTGグループと提携 沖縄のベンチャー起業家支援へ " }, "content": { "rendered": "

写真:吉村真晴琉球アスティーダ)/撮影:ラリーズ編集部

30日、卓球Tリーグ男子の琉球アスティーダ(以下、琉球)が、株主である(株)MTG Ventures(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:藤田豪)との業務提携を発表した。

MTG Venturesは、筋電気刺激(EMS)トレーニング器具「SIX PAD」の販売で知られる株式会社MTGのコーポレートベンチャーキャピタル。琉球は同社との提携により、沖縄県内の起業家に対し、ピッチ指導やメンタリングを含む資金調達の支援を行うとのことだ。

>>“琉球から全国行脚でファン交流” 吉村真晴、和弘兄弟が目指す卓球普及の形とは

琉球アスティーダは11月開幕のTリーグで首位

\"宇田幸矢\"
写真:宇田幸矢(琉球アスティーダ)/撮影:ラリーズ編集部

琉球には2017年世界選手権金メダリスト(混合複)の吉村真晴や2020年全日本選手権優勝(男子単)の宇田幸矢らが所属。11月17日に3季目が開幕したTリーグで現在4勝1敗で首位を走っている。

パリ五輪を目指す木造勇人、宇田幸矢、戸上隼輔を応援しよう


\"宇田・木造・戸上\"

※スポーツギフティングサービス「Unlim」とは…①競技活動資金に充て新たな挑戦をしたい、②自身の活動だけではなくスポーツや競技そのものを盛り上げていきたい、③スポーツを通じて社会に貢献したい、といったさまざまな思いを持つアスリートやチームに対して、金銭的に支援するサービスです。

文:ラリーズ編集部

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/11/079A1338-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 124638, "date": "2020-11-30T13:21:53", "date_gmt": "2020-11-30T04:21:53", "link": "https://rallys.online/topic/international/201130wttmacao-highlight/", "title": { "rendered": "男子は馬龍 、女子は孫穎莎が初代王者に<卓球・WTTマカオ最終日総括>" }, "content": { "rendered": "

写真:馬龍(マロン)/提供:ittfworld

<卓球 WTTマカオ・11月25日~29日>

29日、ITTF主催の新大会、WTTマカオは大会最終日を迎え、男女シングルス決勝が行われた。決勝は11ポイント先取の9ゲームマッチであり、男子は馬龍(マロン・中国)、女子は孫穎莎(スンイーシャ・中国)が優勝を収め、新大会WTTの初代王者となった。

“卓球の商業化”狙う変則ルールの新大会 男女16選手ずつが参戦<WTTマカオ見どころ>

男子は馬龍が貫録のプレー

決勝は、先日のITTFファイナル覇者の馬龍と、20歳の王楚欽(ワンチューチン・中国)との同士討ちとなった。

\"馬龍
写真:馬龍 /提供:ittfworld

第1ゲームは王楚欽より12歳年上の、経験豊富な馬龍が先取する。

第2ゲームは打って変わって、王楚欽6-2と大きくリードする展開となる。しかし、馬龍もじりじりと詰め寄る。何度か相手にチャンスボールを送ってしまうこともあったが、冷静にブロックし、逆に自分のポイントにして見せた。最後はネットをかすめた馬龍の球を王楚欽が返せず、第2ゲームも馬龍が奪取した。

第3、4ゲームも馬龍が王楚欽のバックサイドを上手く攻め、連取した。

\"王楚欽\"
写真:王楚欽/提供:ittfworld

4ゲームを連取され後がなくなった王楚欽は、3-4と1点ビハインドで、タイムアウトを取る。同士討ちのため、コーチからのアドバイスを受けることはできないが、ここから王楚欽は息を吹き返す。この試合では最終ゲーム以外デュース制度は導入されないので、10-10から先にポイントを取った王楚欽が、このゲームをもぎ取った。

ここから王楚欽の反撃が始まるかと思われたが、馬龍がカットブロックなどの技が光り、リードを重ねる。最後は王楚欽のバックハンドがオーバーし、馬龍が栄冠をつかんだ。

女子は孫穎莎がV

女子決勝は世界ランク3位の孫穎莎と同ランク13位の陳幸同(チェンシントン・中国)との対決となり、こちらも男子同様、同士討ちとなった。

\"陳幸同(チェンシントン・中国)\"
写真:陳幸同/提供:ittfworld

第1ゲームは中盤までは拮抗する展開となるが、陳幸同が長いラリーの中でフォアストレートに打ち抜く見事なプレーを見せ、10-7とゲームポイントを握る。しかしここでフォア前に浮いた球を陳幸同がミスしてから、孫穎莎が4ポイント連続で取り、逆転で第1ゲームを先取する。

第2ゲームもラリー中に陳幸同がバックストレートを抜いて会場が沸くプレーを見せリードを奪うが、終盤でまたも孫穎莎が逆転し、このゲームも奪う。

3ゲーム目は序盤から孫穎莎がリードする展開となる。長いラリーが多く見られ、白熱したゲームだが、最後は孫穎莎がパワフルなボールで陳幸同のフォアを打ち抜き、連取した。

\"孫穎莎\"
写真:孫穎莎/提供:ittfworld

リードを奪いながらも、なかなか取りきることができない陳幸同であったが、第4ゲームでは6-4の2点リードでタイムアウトを取り、落ち着いて点数を重ね、初めてゲームを奪った。

だがここから孫穎莎が全く隙のないプレーを見せる。ラリーでは攻め込まれた展開でも、パワーのあるボールを相手の両サイドに打ち込み、相手に主導権を握らせない。さらにギアを一段上げた孫穎莎が第5、第6ゲームを奪い、優勝を収めた。

丁寧(ディンニン・中国)と陳夢(チェンムン・中国)を倒して決勝に勝ち上がってきた陳幸同だったが、孫穎莎に黒星をつけることはできなかった。

決勝 詳細スコア

男子シングルス

〇馬龍 5-1 王楚欽
11-5/11-9/11-4/11-5/10-11/11-8

女子シングルス

〇孫穎莎 5-1 陳幸同
11-10/11-8/11-6/9-11/11-6/11-4

男子シングルス最終順位

1位 馬龍
2位 王楚欽
3位 林高遠(リンガオユエン・中国)、マティアス・ファルク(スウェーデン)

女子シングルス最終順位

1位 孫穎莎
2位 陳幸同
3位 王曼昱(ワンマンユ・中国)、陳夢(チェンムン・中国)

【連載】なぜ中国は卓球が強いのか?

\"なぜ中国は卓球が強いのか\"
>>水谷隼や丹羽孝希が語る!なぜ中国は卓球が強いのか

文:ラリーズ編集部

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/11/50660655127_3d5717e7ac_o-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 124490, "date": "2020-11-30T11:18:54", "date_gmt": "2020-11-30T02:18:54", "link": "https://rallys.online/topic/international/20201128germanleague/", "title": { "rendered": "“ドイツの守護神”フィルス、2勝あげチームは勝利<卓球・ドイツブンデスリーガ>" }, "content": { "rendered": "

写真:ルーウェン・フィルス/提供:ittfworld

<ドイツブンデスリーガ第7、8、9節 11月22日、27日、28日>

2020-2021シーズンのドイツ・ブンデスリーガ第7節、8、9節が開催された。

クアドリ・アルナ(ナイジェリア)とルーウェン・フィルス(ドイツ)が所属するフルダ・マーバーツェルがバート・ホンブルクに3-1で勝利した。

>>盤石の布陣 デュッセルドルフ、首位攻防戦制す<卓球・ドイツブンデスリーガ>

“ドイツの守護神”フィルスが大活躍

今シーズンここまで2勝4敗と負け越しているフルダ・マーバーツェルだが、対するバート・ホンブルクは今シーズン未勝利のチーム。下位脱出のためにも、是が非でも勝ち星を掴みたい一戦であった。

\"ルーウェン・フィルス\"
写真:ルーウェン・フィルス/提供:ittfworld

フルダ・マーバーツェルからは、トップにルーウェン・フィルス(ドイツ)が出場。フィルスは32歳のベテランカットマンで、世界選手権の団体戦で強さを示し”ドイツの守護神”の異名を持つ選手だ。

この試合はフルゲームにもつれる接戦となったが、フィルスがベテランの落ち着きを見せて勝利を挙げ、チームを勢いに乗せる。続くセカンドのムン・ファンボー(ドイツ)は敗れたものの、サードのアルナが勝利し、フォースには再びフィルスが出場。

第1試合と同じくフルゲームとなったが、最終ゲームは11-5と、さすがの安定感を見せて勝利。フィルスの2点取りの活躍で、フルダ・マーバーツェルが今シーズン3勝目を挙げた。

ケーニヒスホーフェンが熱戦を制す

また、27日に行われた第7節の試合では、ケーニヒスホーフェンとオクセンハウゼンが対戦。

\"キリアン・オート\"
写真:キリアン・オート/提供:ittfworld

オクセンハウゼンは、シモン・ゴジ(フランス)、カナック・ジャー(アメリカ)など、実力者を揃える強豪チームだ。

ケーニヒスホーフェンにとっては苦しい戦いが予想されたが、キリアン・オート(ドイツ)がセカンドシングルスでカナック・ジャーに勝利。試合はラストダブルスまでもつれ込んだが、オートはダブルスにも出場し、見事勝利。単複2点取りの活躍を見せたオートが、チームに今シーズン3勝目をもたらした。

2020-2021 ドイツ・ブンデスリーガ第7節結果

〇ケーニヒスホーフェン 3-2 オクセンハウゼン

Filip Zeljko(クロアチア)0-3 シモン・ゴジ(フランス)〇
〇バスティアン・シュテガー(ドイツ)3-1 Samuel Kulczycki(ポーランド)
〇キリアン・オート(ドイツ)3-2 カナック・ジャー(アメリカ)
バスティアン・シュテガー 2-3 シモン・ゴジ〇
〇キリアン・オート/Filip Zeljko 3-1 Samuel Kulczycki/カナック・ジャー

2020-2021 ドイツ・ブンデスリーガ第8節結果

〇ミュールハウゼン 3-1 ケーニヒスホーフェン

〇ダニエル・ハーベソン(オーストリア)3-1 バスティアン・シュテガー
Lubomir Jancarik(チェコ)1-3 Filip Zeljko〇
〇ステファン・メンゲル(ドイツ)3-2 Abdel-Kader Salifou(フランス)
〇ダニエル・ハーベソン 3-1 Filip Zeljko

2020-2021 ドイツ・ブンデスリーガ第9節結果

〇フルダ・マーバーツェル 3-1 バート・ホンブルク

〇ルーウェン・フィルス(ドイツ)3-2 Lev Katsman(ロシア)
ムン・ファンボー(ドイツ)0-3 Rares Sipos(ルーマニア)〇
〇クアドリ・アルナ(ナイジェリア)3-0 Maksim Grebnev(ロシア)
〇ルーウェン・フィルス 3-2 Rares Sipos

>>ドイツでホーム勝率90%超え 森薗政崇が語る「ファンや応援の力」

文:ラリーズ編集部

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/11/49056957131_77587b6d9e_k-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 124670, "date": "2020-11-30T08:05:40", "date_gmt": "2020-11-29T23:05:40", "link": "https://rallys.online/ranking/arank20201123-1129/", "title": { "rendered": "札幌大学卓球部特集が話題に(11/23-11/29アクセスランキング)" }, "content": { "rendered": "

写真:札幌大学卓球部/撮影:ラリーズ編集部

ラリーズの中でアクセス数の多かった記事TOP5を毎週ご紹介する「今週のアクセスランキング」。

今週は、札幌大学卓球部特集が話題を呼んだ。

今週のベスト5、まだの方はぜひ読んでみてほしい!

このページの目次

第1位:廃部寸前だった札幌大卓球部が道内トップの強豪に返り咲いたワケ

写真:札幌大学卓球部/撮影:ラリーズ編集部いま、札幌大学卓球部が面白い。「北海道の歴史を塗り替える」を合言葉に、インカレでは北海道勢唯一の決勝トーナメント3年連続通過(2017年女子、2018、2019年男子)、2019年にはインカレ予選男女アベック優勝を果たした...
廃部寸前だった札幌大卓球部が道内トップの強豪に返り咲いたワケ - rallys.online

第2位:卓球の基本のキ 指導者が心がけるべきフォア打ちを覚えさせるためのポイント

写真:フォア打ち/撮影:ラリーズ編集部卓球ライター若槻軸足がお届けする「頭で勝つ!卓球戦術」今回は、ラケットを握ったばかりの初心者の方が、最初に覚えるべき基本の打法であるフォア打ちのやり方をお伝えする。「フォアロング」や「フォアハンドロング」などと...
卓球の基本のキ 指導者が心がけるべきフォア打ちを覚えさせるためのポイント - rallys.online

第3位:【卓球初心者必見】ブロックの基本を習得するための3ステップ

写真:ブロック/撮影:ラリーズ編集部卓球ライター若槻軸足がお届けする「頭で勝つ!卓球戦術」このシリーズでは、初心者向けに卓球の基本的な技術についての説明やそのやり方、対処法などについてお話していく。実際のプレイヤーはもちろん、テレビなどで観戦される...
【卓球初心者必見】ブロックの基本を習得するための3ステップ - rallys.online

第4位:今年度最初で最後の大学生の全国大会 学生Tリーガーも参戦しハイレベル

写真:2019年全日学での木村香純(専修大)/撮影:ラリーズ編集部<卓球・2020年全日本学生選抜強化大会 11月28、29日 横浜武道館>11月28、29日の日程で、全日本学生選抜強化大会が横浜武道館にて開催される。新型コロナウイルスの影響で、日本学生卓球連盟主催の...
今年度最初で最後の大学生の全国大会 学生Tリーガーも参戦しハイレベル - rallys.online

第5位:原田杏菜(豊田自動織機)の用具紹介|俺の卓球ギア#89

写真:原田杏菜(豊田自動織機)の卓球ギア/提供:本人卓球人のこだわりグッズを紹介する「俺の卓球ギア」。第89回となる今回は、2020年度後期日本卓球リーグ熊本大会女子2部で新人賞を受賞した原田杏菜(豊田自動織機)の卓球ギアを紹介する。>>国公立大学からプ...
原田杏菜(豊田自動織機)の用具紹介|俺の卓球ギア#89 - rallys.online

文:ラリーズ編集部

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/11/0ol2-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 124672, "date": "2020-11-30T06:51:22", "date_gmt": "2020-11-29T21:51:22", "link": "https://rallys.online/life-tech/sns/2011130hiranomiu/", "title": { "rendered": "20歳の平野美宇、振り袖姿披露 成人式前撮り写真に「可愛すぎます」の声" }, "content": { "rendered": "

写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

卓球日本代表の平野美宇(日本生命)が29日、自身のインスタグラムを更新し、「この前、前撮りをしました!」と成人式の前撮りでの振り袖姿を公開した。

平野美宇のインスタグラム

この投稿をInstagramで見る

Miu Hirano 平野美宇(@miu_hirano)がシェアした投稿

>>平野美宇、池江璃花子、樋口新葉の同期3人、鎌倉オフを満喫 笑顔の3ショット投稿

平野美宇の振袖ショット

4月14日に20歳を迎えた平野は、成人式の前撮りとして「オンディーヌさんありがとうございました」と振り袖を担当したお店への感謝を述べるとともに、金屏風の前でおしとやかに正座する写真を投稿した。

花柄の振り袖に身を包んだ平野の写真に対して、「可愛すぎます」「めっちゃ素敵」「和服も似合う」と絶賛コメントが相次いでいる。

2021年の東京五輪に向け調整を進める平野だが、腰痛のため、TリーグやIITFファイナルを欠場している。治療を終え、20歳の“ニュー平野”のプレーが見られる日を楽しみに待とう。

>>伊藤美誠と平野美宇の微笑ましい動画をITTF公開 海外ファンから「可愛すぎる」の声

文:ラリーズ編集部

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/05/IMG_3512-1-1-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 124613, "date": "2020-11-30T00:17:57", "date_gmt": "2020-11-29T15:17:57", "link": "https://rallys.online/topic/domestic/201129gakuseisennbatsu-w/", "title": { "rendered": "早稲田のカットマン黒野、無欲のV フルゲーム4試合も我慢の勝利<卓球・全日学選抜>" }, "content": { "rendered": "

写真:黒野葵衣(早稲田大)/撮影:ラリーズ編集部

<卓球・2020年全日本学生選抜強化大会 11月28、29日 横浜武道館>

11月29日、全日本学生選抜強化大会が最終日を迎え、女子シングルスで黒野葵衣(早稲田大)が優勝を果たした。

>>男子シングルスの結果はこちら

関東勢以外も意地見せる

大会2日目の29日は、予選リーグを終え、各リーグの1位である32人が決勝トーナメントに臨んだ。

\"萱嶋沙希(立命館大)\"
写真:萱嶋沙希(立命館大)/撮影:ラリーズ編集部

萱嶋沙希(立命館大)がTリーグでプレーする梅村優香(中央大)を予選で破るなど、1人だった男子とは対照的に関西から9人が決勝トーナメントに進出した。枝廣瞳(神戸松蔭女子学院大)は、宮﨑翔(青山学院大)、青木千佳(中央大)と関東勢を連破し、ベスト8入りを果たしている。

\"写真:枝廣瞳(神戸松蔭女子学院大)/撮影:ラリーズ編集部\"
写真:枝廣瞳(神戸松蔭女子学院大)/撮影:ラリーズ編集部

また、金城大の渡会彩江は、北信越勢で唯一の決勝トーナメント進出と存在感を放った。

\"渡会 彩江\"
写真:渡会彩江(金城大)/撮影:ラリーズ編集部

黒野葵衣(早稲田大)が無欲のV

ベスト4は、Tリーグで大ブレイク中の木村香純(専修大)、カットマンの黒野葵衣(早稲田大)、サウスポーの上田真実(愛知工業大)、2019年全日学ダブルス優勝の三條裕紀(青山学院大)という顔ぶれとなった。

\"三條裕紀\"
写真:三條裕紀(青山学院大)/撮影:ラリーズ編集部

先に決勝進出を決めたのは、愛工大の上田だ。上田は準々決勝でTリーガー山本笙子(中央大)を下しており、準決勝でもその勢いは健在。左腕から繰り出されるわかりづらいサービスと、台から離れても巻き返せるフォアハンドを武器に、三條にストレートで勝利した。

\"上田真実\"
写真:上田真実(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

準決勝もう1試合は、Tリーグでニューヒロインとなった木村が先に2-1リードを奪うが、あと1点が遠く黒野が逆転勝ち。黒野は8決定でも村田咲紀(関西学院大)を相手に、先に2ゲームを奪われるも逆転しており、我慢の連続での決勝進出となった。

\"木村香純(専修大)\"
写真:木村香純(専修大)/撮影:ラリーズ編集部

決勝では、黒野が先に2ゲームを連取するも上田が追いつき、試合はまたもやフルゲームに。最後は、本日4試合目のフルゲームを無尽蔵の体力で動き切った黒野に軍配が上がった。

黒野は試合後、「優勝できるとは思っていなかった。まずは予選リーグを抜けるところが目標だった。まさかここまで来れるとは。(準決勝の)木村さんには勝ったことがなかったので、逆に思い切ってできたのが良かった」と笑顔で振り返った。

女子シングルス結果

準決勝

木村香純(専修大) 2-3 〇黒野葵衣(早稲田大)
11-8/8-11/11-9/9-11/7-11

〇上田真実(愛知工業大) 3-0 三條裕紀(青山学院大)
11-9/16-14/11-8

決勝

〇黒野葵衣 3-2 上田真実
11-5/11-7/8-11/13-15/11-7

女子シングルス最終順位

\"写真:上田真実(写真左・愛工大)、黒野葵衣(早稲田大)/撮影:ラリーズ編集部\"
写真:上田真実(写真左・愛工大)、黒野葵衣(早稲田大)/撮影:ラリーズ編集部

優勝:黒野葵衣(早稲田大)
準優勝:上田真実(愛知工業大)
ベスト4:木村香純(専修大)、三條裕紀(青山学院大)
ベスト8:松本静香(愛知工業大)、枝廣瞳(神戸松蔭女子学院大)、笹尾明日香(早稲田大)、山本笙子(中央大)

>>Tリーグで意識改革 全国8強の壁越えた次期エースの覚悟<山本笙子>

文:ラリーズ編集部

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/11/079A7233-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 124605, "date": "2020-11-29T23:24:39", "date_gmt": "2020-11-29T14:24:39", "link": "https://rallys.online/topic/domestic/201129gakuseisenbatsu-m/", "title": { "rendered": "愛工大4年・松山祐季が有終V「全国優勝はカブ以来で嬉しい」<卓球・全日学選抜>" }, "content": { "rendered": "

写真:優勝を決め、ガッツポーズを見せる松山祐季(愛知工業大学)/撮影:ラリーズ編集部

<卓球・2020年全日本学生選抜強化大会 11月28、29日 横浜武道館>

11月29日、全日本学生選抜強化大会が最終日を迎え、男子シングルスで松山祐季(愛知工業大)が優勝を果たした。

新型コロナウイルスの影響で、学生の全国大会は全て中止となっており、今大会が今年度最初で最後の大学生の全国大会となったが、全国から集った学生選手たちがトップクラスのプレーを見せた。

>>松山祐季(T.T彩たま/愛知工業大学)の用具紹介|俺の卓球ギア#31

明治大勢の圧倒的存在感

予選リーグを終え、各リーグの1位である32人が決勝トーナメントに臨んだ。

\"津村優斗\"
写真:遠藤碧人(専修大)にフルゲーム勝ちした津村優斗(関西大)/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルスでは、32人中24人が関東勢、6人が愛知工業大勢が占める中、関西学生チャンピオンの津村優斗(関西大)と1年生カットマン大城萩一(朝日大)が関東勢を下しベスト16に入り、存在感を見せた。

\"大城萩一(朝日大)\"
写真:永田佳大(日本体育大)に勝利した大城萩一(朝日大)/撮影:ラリーズ編集部

24人の関東勢の中で圧倒的な存在感を放ったのは、水谷隼、丹羽孝希ら日本代表を輩出してきた名門・明治大学だ。

\"写真:野田学園高卒の宮川昌大(明治大)/撮影:ラリーズ編集部\"
写真:野田学園高卒の宮川昌大(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

ルーキーの宮川昌大(明治大)が第1シードの木造勇人(愛知工業大)に3-0のストレートで勝利し、ベスト4入り。3年生左腕の西康洋(明治大)は、第2シードの田中佑汰(愛知工業大)に打ち勝ち、ベスト8に入った。

\"写真:西康洋(明治大)/撮影:ラリーズ編集部\"
写真:西康洋(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

結果、ベスト8のうち、宮川、西の他に戸上隼輔、出雲卓斗が入り、半数の4名を明治大が占める結果となった。

松山祐季が有終のV

準決勝に勝ち残ったのは、戸上、宮川の野田学園高卒の明治大ルーキーコンビと、松山祐季、髙見真己の愛知工業大コンビだ。松山、髙見はダブルスを組み、全日本選手権準優勝の経験を持ち、Tリーグ・T.T彩たまでもプレーしている。

\"髙見真己\"
写真:髙見真己(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

髙見は宮川と、松山は戸上との対戦となったが、ともに勝利。決勝は同士討ちの乱打戦の末、4年の松山が3年の高見を下し、有終の美を飾った。

\"松山\"
写真:松山祐季(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

試合後、松山は準決勝の戸上戦について、「戸上の強い試合しか最近見ていなかったので、戸上戦は正直勝てると思ってなかった。ノンプレッシャーでやったらたまたま上手くいった」と無心の勝利だったことを明かす。

\"戸上隼輔\"
写真:優勝候補筆頭だった戸上隼輔(明治大)は松山に苦杯/撮影:ラリーズ編集部

「全国優勝はカブ以来なので嬉しいです。今大会、最初はあまり調子はよくなかったんですけど、試合を重ねるごとにどんどん調子を上げることができたことが優勝の要因」と笑顔で振り返った。

1月に開催が予定されている全日本選手権については「戸上に勝つことができて自信になったので、まずはベスト8を狙ってベスト4以上に入れたら」と意気込みを語った。

男子シングルス結果

準決勝

宮川昌大(明治大) 2-3 〇髙見真己(愛知工業大)
10-12/11-7/7-11/11-8/8-11

〇松山祐季(愛知工業大) 3-0 戸上隼輔(明治大)
11-9/11-2/11-7

決勝

髙見真己 2-3 〇松山祐季
12-14/11-6/9-11/11-6/7-11

男子シングルス最終順位

\"松山・高見\"
写真:松山祐季(写真左)・髙見真己(ともに愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

優勝:松山祐季(愛知工業大)
準優勝:髙見真己(愛知工業大)
ベスト4:戸上隼輔、宮川昌大(ともに明治大)
ベスト8:柏友貴(中央大)、出雲卓斗(明治大)、手塚元彌(法政大)、西康洋(明治大)

>>【T.T彩たま】優勝請負人・松山祐季がT参戦「琉球戦が楽しみ」

文:ラリーズ編集部

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/11/079A7349-1-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 124599, "date": "2020-11-29T13:00:36", "date_gmt": "2020-11-29T04:00:36", "link": "https://rallys.online/forplayers/kenta-pcr/", "title": { "rendered": "【Tリーグ】T.T彩たま、松平健太のコロナ陽性を発表" }, "content": { "rendered": "

写真:松平健太T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

29日、卓球Tリーグ男子のT.T彩たまが松平健太の新型コロナウィルスのPCR検査で陽性反応が出たことを発表した。

松平健太、コロナ陽性も既に体調は回復

T.T彩たまの公式発表によれば、松平は27日朝の検温で38.1度の発熱が確認されPCR検査を受検したところ28日に陽性の検査結果が出たものの、現在は体温36.7度に下がり、体調は良好だという。

またT.T彩たまの選手、監督コーチ及びスタッフ全員が濃厚接触者には該当せず、24日以降に松平と接触した選手、スタッフ全員がPCR陰性だったという。

今後の措置として、29日から12月2日まで選手の練習場を兼ねている、T.T彩たま卓球ステーション浦和美園店の営業を自粛し消毒作業を徹底するという。

Tリーグは今月17日に3季目が開幕。松平はシングルス3試合に出場し、2勝を挙げている。

試合への影響は無し

今後の試合への影響について、Tリーグ事務局は「本件を受けての今後の試合開催中止等は現時点では予定をしておりません」としている。

>>“卓球界の貴公子”松平健太、復活と挑戦の移籍初年度

文:ラリーズ編集部

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/11/4B5736FC-6B14-4D22-8BD5-9A312EE52E27_1_105_c-1-486x290.jpeg" } ] } }, { "id": 124582, "date": "2020-11-29T10:34:00", "date_gmt": "2020-11-29T01:34:00", "link": "https://rallys.online/topic/international/201129wttmacao-highlight/", "title": { "rendered": "新大会WTTはいよいよ決勝へ 初タイトルは誰の手に<卓球・WTTマカオ最終日見どころ>" }, "content": { "rendered": "

写真:決勝進出を決めた20歳、王楚欽(中国)/提供:ittfworld

<卓球 WTTマカオ・11月25日~29日>

28日、ITTF主催の新大会、WTTマカオは大会4日目を迎え、男女シングルス準決勝が行われた。準決勝では中国勢が強さを見せ、29日の決勝は男女ともに中国選手によって争われる。

WTTマカオ 昨日までの報道記事はこちら!

層が厚い中国 若手が存在感示す

\"馬龍\"
写真:2大会連続優勝を狙う馬龍(中国)/提供:ittfworld

男子シングルス準決勝、一つ目のカードでは先日のITTFファイナルで頂点に輝いた馬龍(マロン・中国)に林高遠(リンガオユエン・中国)が挑んだ。試合は“先輩”の馬龍が優位に進め、ゲームカウント4-1でこの中国対決を制した。馬龍は男子W杯では準優勝に輝いており、今回の勝利で3大会連続の決勝進出となった。

もう一方のカードは、中国勢以外で唯一準決勝に勝ち残っていたマティアス・ファルク(スウェーデン)と、中国の20歳、王楚欽(ワンチューチン)との対戦だった。試合は第1ゲーム、王が11-3と圧倒する。第2、第3ゲームは中盤までは競ったものここでファルクが奪いきれず、流れは王へ。第4ゲームも王が奪い、ゲームカウント4-0で中国の若手が決勝へとコマを進めた。

\"陳幸同\"
写真:大逆転勝利で準決勝を突破した陳幸同(中国)/提供:ittfworld

女子シングルスの準決勝は2試合ともにフルゲームの接戦となった。

一つ目のカードでは、先日まで行われた#RESTARTシリーズで強さを見せ、女子W杯とITTFファイナルで2大会連続優勝を果たした陳夢(チェンムン・中国)と今大会が中断明け最初の国際試合となった23歳の陳幸同(チェンシントン・中国)との対戦となった。試合は陳夢が3ゲームを連取し、そのまま決勝進出を決める思われた。しかし、ここから陳が息を吹き返す。競り合いとなった第4ゲームを奪うと、勢いそのままに4ゲーム連取。23歳が2大会連続女王に対して大逆転勝利を収めた。

もう一方のカードでは20歳の孫穎莎(スンイーシャ・中国)と21歳の王曼昱(ワンマンユ・中国)が対戦した。このカードも接戦となり、勝負は最終第7ゲームへ。先にリーチをかけたのは王曼昱。10-8として勝利まであと1点にまで迫る。しかし、この接戦を制したのは孫穎莎だった。後がない状況から、ネットインなどのラッキーもあり4本連取し、孫が逆転勝利を収めた。

準決勝 詳細スコア

男子シングルス

〇馬龍 4-1 林高遠
11-5/11-10/8-11/11-7/11-3

〇王楚欽 4-0 マティアス・ファルク
11-3/11-8/11-8/11-7

女子シングルス

〇陳幸同 4-3 陳夢
10-11/1-11/7-11/11-10/11-9/11-5/11-7

〇孫穎莎 4-3 王曼昱
8-11/11-7/7-11/2-11/11-7/11-10/12-10

最終日見どころ

\"孫穎莎\"
写真:3度目の正直で優勝を狙う孫穎莎(中国)/提供:ittfworld

男子シングルス決勝

馬龍 - 王楚欽

男子はITTFファイナルにつづく2大会連続優勝を狙う32歳の馬龍と20歳の王楚欽との12歳差対決となった。王楚欽は男子W杯とファイナルには代表に選出されなかったが、今大会はその鬱憤を晴らすかのように最終日まで勝ち残った。顔ぶれが変わっても安定して終盤まで勝ち残る、中国の層の厚さがうかがえる。

WTT初の王者が決まる決勝は、輝かしい実績をもつ馬龍と、次世代の中国を担う20歳・王楚欽による非常に楽しみなカードとなった。

女子シングルス決勝

陳幸同 - 孫穎莎

陳幸同は王楚欽と同じく今大会が中断明け最初の国際大会となる。陳は準々決勝では丁寧(ディンニン・中国)、準決勝では陳夢と実績のある2人の先輩を連破して最終日まで勝ち残った。

一方の孫穎莎は女子W杯、ファイナルにつづいて今大会が3戦目。女子W杯は準優勝、ファイナルではベスト4と優勝には手が届いていないだけに、“3度目の正直”で中断明け初のタイトルを手にしたいところだ。

男女ともに中国の若手選手が存在感を示したWTTマカオ。29日はいよいよ最終日を迎え、新大会WTTとして初の王者が決まる。

>>水谷隼が語る!なぜ中国は卓球が強いのか?

文:ラリーズ編集部

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/11/50656740716_f2898bc03c_h-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 27423, "date": "2020-11-29T08:00:44", "date_gmt": "2020-11-28T23:00:44", "link": "https://rallys.online/life-tech/tvguide/", "title": { "rendered": "【ラリーズ・テレビガイド】今週の卓球関連番組(11月29日~12月5日)" }, "content": { "rendered": "

卓球ファンが見たくなるテレビ・メディア情報をお届けする「ラリーズ・テレビガイド」。

今週はJ SPORTSでITTFファイナルズの激闘を一挙放送!!
また、S-PARKでは、中国から帰国した伊藤美誠に直撃!?
お見逃しなく⭐︎
※いずれの番組も各局が本記事配信時点で発表している放映予定であり、変更の可能性がございます。

このページの目次

中国から帰国直後の伊藤美誠に突撃!?

番組名(テレビ局)
S-PARK(フジテレビ)
日時
2020年11月29日(日) 23時15分〜24時30分
放送内容
中国遠征帰国直後の卓球・伊藤美誠に宮司アナが直撃!秘話続出! 他
出演者

伊藤美誠・張本智和の1番のプレーをチェック!!

番組名(テレビ局)
Going! Sports &News 1番スゴいプレーSP(日テレ)
日時
2020年11月29日(日) 23時55分~24時55分
放送内容
卓球1番スゴ技!伊藤美誠の1番ぐちゃぐちゃサーブ!?張本智和の1番のチョレイ&ハリカウンター!中国選手の異次元プレー 他
出演者

ノジマTリーグ 2020~21

番組名(テレビ局)
[卓球]ノジマTリーグ2020-21(スカイA)
日時
2020年11月30日(月)  14時00分〜16時45分
2020年12月1日(火) 14時00分〜16時45分
2020年12月5日(土) 15時30分〜18時15分
放送内容
11/30:日本生命レッドエルフvs木下アビエル神奈川(11/17)
12/1:木下マイスター東京vs琉球アスティーダ(11/17)
12/5:日本生命レッドエルフvsトップおとめピンポンズ名古屋(12/5)
出演者

ITTF卓球ファイナルズ2020の激戦をJ SPORTSで一挙放送!! その1

番組名(テレビ局)
ITTF卓球ファイナルズ 2020 (J SPORTS1)
日時
2020年12月1日(火) 22時00分~22時48分
2020年12月1日(火) 22時48分〜24時00分
2020年12月1日(火) 24時00分〜25時00分
2020年12月2日(水) 22時00分〜23時06分
2020年12月2日(水) 23時06分〜23時47分
2020年12月2日(水) 23時47分〜25時00分
2020年12月3日(木) 22時00分〜23時00分
2020年12月3日(木) 23時00分〜23時40分
2020年12月3日(木) 23時40分〜25時00分
放送内容
11月に再開する国際大会「#RESTARTシリーズ」。女子ワールドカップ・男子ワールドカップ・ITTFファイナルズの3大会が卓球王国・中国で開催される。この大会から、4月からストップしていた世界ランキングも再開! オリンピック代表選手たちにとっては大会の成績がオリンピックのシードにも影響してくる可能性があるため、一戦一戦が重要な意味をもつ戦いとなる。 日本代表選手たちにとっては、およそ8か月ぶりとなる国際大会。どんな活躍を見せてくれるだろうか。
12/1:22時〜 女子1回戦 石川佳純vs徐孝元(韓国)
12/1:22時48分〜 女子1回戦 陳夢(中国)vs加藤美優
12/1:24時〜 女子1回戦 王曼昱(中国)vs佐藤瞳
12/2:22時〜 女子準々決勝 王芸迪(中国)vs伊藤美誠
12/2:23時06分〜 女子準決勝 伊藤美誠vs王曼昱(中国)
12/2:23時47分〜  女子シングルス決勝 陳夢(中国)vs王曼昱(中国)
12/3:22時〜 男子1回戦 張禹珍(韓国)vs張本智和
12/3:23時〜 男子1回戦 林高遠(中国)vs丹羽孝希
12/3:23時40分〜 男子決勝 馬龍(中国)vs樊振東(中国)
出演者

ITTF卓球ファイナルズ2020の激戦をJ SPORTSで一挙放送!! その2

番組名(テレビ局)
ITTF卓球ファイナルズ 2020 (J SPORTS 3)
日時
2020年12月2日(水) 17時00分~17時48分
2020年12月2日(水) 17時48分〜19時00分
2020年12月2日(水) 19時00分〜20時00分
2020年12月3日(木) 17時00分〜18時06分
2020年12月3日(木) 18時06分〜18時47分
2020年12月3日(木) 18時47分〜20時00分
2020年12月4日(金) 17時00分〜18時00分
2020年12月4日(金) 18時00分〜18時40分
2020年12月4日(金) 18時40分〜20時00分
放送内容
11月に再開する国際大会「#RESTARTシリーズ」。女子ワールドカップ・男子ワールドカップ・ITTFファイナルズの3大会が卓球王国・中国で開催される。この大会から、4月からストップしていた世界ランキングも再開! オリンピック代表選手たちにとっては大会の成績がオリンピックのシードにも影響してくる可能性があるため、一戦一戦が重要な意味をもつ戦いとなる。 日本代表選手たちにとっては、およそ8か月ぶりとなる国際大会。どんな活躍を見せてくれるだろうか。
12/2:17時〜 女子1回戦 石川佳純vs徐孝元(韓国)
12/2:17時48分〜 女子1回戦 陳夢(中国)vs加藤美優
12/2:19時〜 女子1回戦 王曼昱(中国)vs佐藤瞳
12/3:17時〜 女子準々決勝 王芸迪(中国)vs伊藤美誠
12/3:18時06分〜 女子準決勝 伊藤美誠vs王曼昱(中国)
12/3:18時47分〜  女子シングルス決勝 陳夢(中国)vs王曼昱(中国)
12/4:17時〜 男子1回戦 張禹珍(韓国)vs張本智和
12/4:18時〜 男子1回戦 林高遠(中国)vs丹羽孝希
12/4:18時40分〜 男子決勝 馬龍(中国)vs樊振東(中国)
出演者

毎週土曜は卓球ジャパン!

番組名(テレビ局)
卓球ジャパン!(BSテレ東)
日時
2020年12月5日(土) 22時00分~22時54分
放送内容
スポーツ愛が止まらない武井壮&元日本代表の平野早矢香と共に、知れば知るほど奥深い「卓球」の魅力に迫ります。伝説の名勝負の裏側に秘められた驚異の戦術から、選手たちの熱い思いまでを深掘り!さらにワールドツアーの模様や選手の最新情報などを紹介。 世界の頂点を目指す「卓球ニッポン」応援プログラム…それが「卓球ジャパン!」!
出演者
武井壮 平野早矢香

文:ラリーズ編集部

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/03/retro-1490223_640-1-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 124553, "date": "2020-11-28T22:13:14", "date_gmt": "2020-11-28T13:13:14", "link": "https://rallys.online/topic/domestic/201128gakuseisenbatsu/", "title": { "rendered": "大学生の全国大会、今年度初開催 ライブ配信も実施<卓球・全日本学生選抜強化大会>" }, "content": { "rendered": "

写真:山本笙子(中央大学)/撮影:ラリーズ編集部

<卓球・2020年全日本学生選抜強化大会 11月28、29日 横浜武道館>

11月28日、全日本学生選抜強化大会が横浜武道館にて開幕した。新型コロナウイルスの影響で、学生の全国大会は全て中止となっており、今大会が今年度最初で最後の大学生の全国大会となった。

今大会では、3~4人の予選リーグが行われ、1位のみが決勝トーナメントに進出する。大会初日は、予選リーグの一部が行われた。

>>Tリーグで意識改革 全国8強の壁越えた次期エースの覚悟<中央大・山本笙子>

ラボライブがライブ配信を実施

今大会は、試合中以外は常にマスク着用、観客席も各大学ごとに配置が決められ、必ず一席以上開けて座るなど徹底したコロナ対策のもと実施された。

\"吉田vs多田\"
写真:吉田大輔(中央大学)対多田浩嗣(京都大学)/撮影:ラリーズ編集部

試合は無観客開催となったが、ラボライブによりライブ配信とともに、タイムテーブルや試合結果を一度に見られるシステムが導入された。

>>ラボライブによる試合結果一覧はこちら

全国から猛者が集いプレー

\"戸上隼輔\"
写真:大学生の全国大会デビューを果たした戸上隼輔(明治大学)/撮影:ラリーズ編集部

大学生の全国規模の大会は初ということもあり、全国デビューを飾った1年生から最後の全国大会となる4年生まで、東北学連を除く各学連から選抜された男女選手がプレーした。

\"木村香純\"
写真:木村香純(専修大学)/撮影:ラリーズ編集部

日本卓球リーグやTリーグでもプレーしていた木造勇人松山祐季、髙見真己、田中佑汰(すべて愛知工業大学)や、木下アビエル神奈川でニューヒロインとなった木村香純(専修大学)ら学生卓球界のトップ選手たちも登場し、勝利をあげた。

\"田中佑汰\"
写真:田中佑汰(愛知工業大学)/撮影:ラリーズ編集部

29日の大会最終日は予選リーグの残りが消化された後、決勝トーナメントに入り、男女のチャンピオンが決まる。今年度最初で最後の大学生王者の称号を手にするのはいったいどの選手なのか注目だ。

>>戸上隼輔「人生が変わった」水谷隼からの金星 若き新星、パリ五輪目指す

関東学生のトップ選手が魅せた好ラリーまとめ

文:ラリーズ編集部

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/11/079A5024-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 124470, "date": "2020-11-28T18:31:52", "date_gmt": "2020-11-28T09:31:52", "link": "https://rallys.online/movie/201128tleague-w/", "title": { "rendered": "【卓球動画】Tリーグ女子ハイライト11月編" }, "content": { "rendered": "

写真:木村香純(木下アビエル神奈川)/撮影:ラリーズ編集部

▼チャンネル登録はこちら▼

11月17日、ノジマTリーグサードシーズンが開幕。新型コロナウイルスの影響で今季の試合は無観客で、11月17日から22日の日程で女子では6試合が行われた。

>>ノジマTリーグ 2020-2021シーズン大会報道記事一覧はこちら

このページの目次

過去の人気動画はこちら

水谷隼(五輪銀メダリスト)相手でも卓球ゲームならさすがに勝てる説

スーパーラリーまとめ

>>「Tリーグ」構想の原点、開幕、突然の退任劇…開拓者・松下浩二、その軌跡を語る

YouTubeチャンネル登録はこちらから

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/11/08774754200eccc207a1668af29d87a8-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 124529, "date": "2020-11-28T13:01:05", "date_gmt": "2020-11-28T04:01:05", "link": "https://rallys.online/topic/international/201128wtmacao-highlight/", "title": { "rendered": "スウェーデン代表ファルク、再び中国越えなるか<卓球・WTTマカオ4日目見どころ>" }, "content": { "rendered": "

写真:マティアス・ファルク(スウェーデン)/提供:ittfworld

<卓球 WTTマカオ・11月25日~29日>

27日、ITTF主催の新大会、WTTマカオは大会3日目を迎えた。この日は準々決勝が行われ、28日の準決勝に進出する4名が、男女それぞれで決定した。

>>WTTマカオについてはこちら

独自ルールが勝敗に影響を見せる

今大会は最終ゲームのみデュースありの独自ルールを採用しており、準々決勝ではそのルールが勝敗に影響した試合が多く見られた。

\"写真:マティアス・ファルク/提供:ittfworld\"
写真:マティアス・ファルク/提供:ittfworld

マティアス・ファルク(スウェーデン)は、準々決勝で許昕(シュシン・中国)と対戦。許昕は昨年のワールドツアーで3勝、先日のITTFファイナルでもベスト4進出を果たすなど、中国を代表するトップ選手だ。

試合前は許が優勢かと思われたが、ファルクはフォア面の表ソフトでのカウンターを積極的に狙ったプレーで序盤から勢いに乗る。1ゲーム目を取り、2ゲーム目もルールを活かして11-10で奪取。3ゲーム目は奪われたものの4ゲーム目はきっちりと修正して、最後は得意のフォアスマッシュを一閃。ゲームカウント3-1でファルクが勝利をあげた。

\"陳幸同\"
写真:陳幸同/提供:ittfworld

女子では陳幸同(チェンシントン・中国)が、リオ五輪金メダリストの丁寧(ディンニン・中国)と対戦。この試合は、丁寧が1ゲーム目を11-10でモノにして先制。続く2ゲーム目も丁寧が取り、3ゲーム目の4-3の場面では10往復以上続いた打ち合いも制し、丁寧が完全に流れを掴んだかに思われた。

しかし、3ゲーム目は陳幸同が粘って勝利し、続く4ゲーム目も奪取。さらに5ゲーム目では、今度は陳幸同が10往復以上の打ち合いを制して、完全に勢いに乗る。丁寧も意地を見せ、試合はデュースまでもつれ込むも、最後は陳幸同が再び打ち合いを制して、14-12で勝利。大逆転勝利を収め、準決勝への切符をつかみ取った。

準決勝見どころ

28日は男女シングルスの準決勝が行われる。注目はやはり、許昕を倒したファルクと王楚欽(ワンチューキン・中国)の一戦だ。

\"王楚欽\"
写真:王楚欽/提供:ittfworld

直近の対決は昨年のハンガリーオープンで、そのときは王楚欽が4-0で勝利している。また、王楚欽は今大会の準々決勝でウーゴ・カルデラノ(ブラジル)にフルゲームの末勝利し、ファルクと同じく勢いに乗っている選手だ。

フットワークを活かした強烈なフォアハンドが持ち味の王楚欽と、フォア表のスマッシュが特徴のファルク。この試合は、どちらが先にフォアで攻められるか、がキーポイントになるだろう。

\"陳夢\"
写真:陳夢/提供:ittfworld

女子シングルスでは、陳幸同と陳夢(チェンムン・中国)の試合に注目したい。陳夢はドイツオープン、カタールオープン、全中国選手権、ワールドカップ、ITTFファイナルと、今シーズンの主要大会すべてで優勝を果たしている、まさに“絶対女王”。

準々決勝では、馮天薇(フォンティエンウェイ・シンガポール)に3-1で難なく勝利を収めており、今大会は未だ無敗。陳幸同は丁寧を倒した勢いそのままに、陳夢を攻略できるか。

>>WTTマカオ2日目の結果はこちら

男子シングルス 準々決勝結果

 

〇マティアス・ファルク 3-1 許昕
〇王楚欽 3-2 ウーゴ・カルデラノ
林高遠(リンガオユエン・中国)3-1 方博(ファンボー・中国)
馬龍(マロン・中国)3-2 鄭栄植(チョンヨンシク・韓国)

女子シングルス 準々決勝結果

王曼昱(ワンマンユ・中国)3-1 鄭怡静(チェンイーチン・チャイニーズタイペイ)
孫穎莎(スンイーシャ・中国)3-2 王藝迪(ワンイーディ・中国)
〇陳幸同 3-2 丁寧
〇陳夢 3-1 馮天薇

男子シングルス 準決勝組み合わせ

マティアス・ファルク ー 王楚欽
林高遠 ー 馬龍

女子シングルス 準決勝組み合わせ

孫穎莎 ー 王曼昱
陳幸同 ー 陳夢

【連載】なぜ中国は卓球が強いのか?

\"なぜ中国は卓球が強いのか\"
>>水谷隼や丹羽孝希が語る!なぜ中国は卓球が強いのか

文:ラリーズ編集部

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/11/50647435322_05f02a32e9_k-1-486x290.jpg" } ] } }, { "id": 123548, "date": "2020-11-27T19:00:48", "date_gmt": "2020-11-27T10:00:48", "link": "https://rallys.online/person/sapporouniv02/", "title": { "rendered": "“卓球が強くなる”以上のものを手に入れられる 札幌大卓球部の挑戦" }, "content": { "rendered": "

写真:札幌大学卓球部の練習風景/撮影:ラリーズ編集部

「北海道の歴史を塗り替える」を合言葉に札幌大学卓球部の面々は、北の大地で腕を磨く。特集1本目では、卓球が強くなるための充実した練習サポートや“授業最優先”のモットーなどに迫った。

だが、大学生活は卓球が強くなることがすべてではない。卓球を生業として暮らしていけるのはほんの一握りだ。大多数は大学卒業後、一人の社会人として暮らしていく。

卓球を起点に社会へ踏み出す準備段階である大学生活をどう過ごせるかが今、問われている。

札幌大学には、4年間学生たちが迷いなくラケットを振りぬけるよう、学業面で独自の制度がある。今回は、その制度を利用した卓球部員たちに話を聞いた。

>>第1話はこちら 廃部寸前だった札幌大卓球部が道内トップの強豪に返り咲いたワケ

このページの目次

札幌大学独自の専攻選択も進学の鍵に

\"札幌大学\"
写真:札幌大学校舎/撮影:ラリーズ編集部

札幌大学卓球部員の多くがスポーツ推薦を通じて入学してくる。通常、他大学のスポーツ推薦では入る学部が決められていることも多いが、札幌大学では、好きな専攻を選ぶことができる。

そもそも札幌大学には、スポーツ文化専攻や英語専攻含む13専攻(※2020年4月より専攻再編し1学群9専攻)と多くの選択肢がある。受験時に将来の進路を決められないという学生に向けて、専攻選択せずに入学し、2年生時に決定・変更するという珍しい方法も可能だ。

\"写真:専攻変更を行った濱口采花(4年)/撮影:ラリーズ編集部\"
写真:専攻変更を行った濱口采花(4年)/撮影:ラリーズ編集部

前女子主将の濱口采花(4年・札幌大谷高出身)はその恩恵に預かった1人だ。「専攻が多く選択が柔軟にできるなと感じました。私は最初スポーツ文化専攻に入っていましたが、自分は教育の方向にいきたいと思い、地域創生専攻に変更しました」。

\"4年生女子\"
写真:札幌大学女子卓球部を支えた4年生女子 写真左から濱口采花、石井美紗、三浦祐依、大室奏子/撮影:ラリーズ編集部

廃部状態だった女子部の復活1期生として札幌大学に入学し、1年生だけのメンバーでインカレ予選を突破し全国出場を遂げた濱口。札幌大学女子卓球部を主将として牽引しながら、自身の進路として卓球と社会の接点を見つけていた。

「何かを教えたいと2年生から教育系の勉強をしてきて、障がいを持っている方々にスポーツを教えるときに卓球を活かせるんじゃないかなど勉強しながら感じました」。

\"写真:島根県明誠高校から進学を決めた奥山瑚々(1年)/撮影:ラリーズ編集部\"
写真:島根県明誠高校から進学を決めた奥山瑚々(1年)/撮影:ラリーズ編集部

また、1年生の奥山瑚々(明誠高出身)も専攻選択が進学理由の1つとなったと明かす。

「卓球で大学に進学したかったのですが、大学では英語の勉強もしたかった。スポーツ推薦だと学部が決められてる大学が多く、それだったら大学行く意味もないなと。札幌大学は好きな学部を選べるということだったので、英語も勉強できるし、卓球もできるしということで進学を決めました」。

\"奥山\"
写真:現主将の荻野と組んだダブルスで新チームでは主力となる奥山(写真手前)/撮影:ラリーズ編集部

短大に新設されたこども学科も人気上昇

加えて、2年前から保育園・幼稚園教諭の資格を取得できる「こども学科」が併設された短大でスタートした。こども学科では資格取得後、3年次から大学に編入することもできるという。卓球部では2年の小森愛佳、1年の鈴木亜依がこども学科に所属している。

\"小森\"
写真:こども学科に所属する小森愛佳(札幌大学2年)/提供:札幌大学

取材の翌週には実習を控えていた鈴木が、忙しい合間を縫ってインタビューに答えてくれた。

保育士になりたかったという鈴木の進学の決め手は、こども学科の存在だったいう。「こども学科、卓球部のある道内の大学が限られていた。札幌大は、駒大苫小牧の先輩が多くいて、卓球でも活躍していると聞いていた。こども学科に一個上の先輩(小森)もいるので参考になると思って」。

\"写真:こども学科に所属する鈴木亜依(1年)/撮影:ラリーズ編集部\"
写真:こども学科に所属する鈴木亜依(1年)/撮影:ラリーズ編集部

こども学科は少人数制だが「人数が少ない分、教員の方が一人一人学生に向き合ってくれるし、話もすごい聞いてくれる」と充実した日々を送れているようだ。

\"鈴木\"
写真:こども学科に所属する鈴木亜依(1年)/撮影:ラリーズ編集部

保育士の資格を取得するためには、短大のわずか2年間でカリキュラムを消化しなければならない。「1年目はほとんど1~4限目まで入ってて忙しいですね」と鈴木は明かす。

だが、鈴木は卓球でも活躍すべく、目標を掲げている。

やっぱり団体は出たいです。先輩方みんな強いですけど、団体に出て、北海道でも全国でも勝ちたい。後輩も入ってくるのでわからないですけど、団体戦のレギュラーになりたいです」。

\"鈴木亜依\"
写真:練習中に笑顔を見せる鈴木亜依(写真左)/撮影:ラリーズ編集部

道外からの進学 島根県や高知県からも

札幌大学卓球部の藤倉監督は、北海道学生卓球連盟の理事長も兼任している。「『北海道はもちろん、全国でも戦える大学を』とやってきたなかで、高校の先生たちが、私たちの成績や卓球以外の頑張りも見て、少しずつ北海道でやらせたい、北海道で卓球させるなら札幌大という風になってきた」と道内での評判の変化を肌で感じている。

最近では、道内からだけでなく、道外からも札幌大学に進学する選手が出始めている。前述の英語専攻が進学のきっかけとなった奥山は、遥か遠く島根県の明誠高出身だ。また、2年には青森県の東奥学園高出身の又村亜美もいる。

\"又村亜美\"
写真:東奥学園出身の又村亜美(札幌大学2年)/撮影:ラリーズ編集部

「地元の青森より北海道の方が卓球のレベルが高い。調べると、札幌大学は卓球が強くて、色々勉強できる。自分を成長させるために、北海道で一人暮らしも頑張ろうと思って」(又村)

\"又村亜美\"
写真:東奥学園出身の又村亜美(札幌大学2年)/撮影:ラリーズ編集部

さらに、2021年には高知県の名門・明徳義塾高から新入生が入学することも決まっているという。

卓球を起点に社会へ

藤倉監督が練習場の定位置で、学生たちの練習を見つめる視線は優しい。

「ゴールは社会人になってどうなるかだと思います。卓球が強くても社会人で通用しない人もいっぱいいる。大学で色々な世界に触れ、広い視野を持たないと、ここからは難しい。先を見据えた力も身につけてほしい」。

卓球をきっかけに社会との接点を見つけ、自ら選ぶことで、“卓球が強くなる”以上のものを手に入れられる。

札幌大卓球部は、そんな魅力を持っている。

(第3話 部員ゼロから4年間で道内1敗の強豪に “雑草軍団”札幌大女子卓球部復活物語 に続く)

札幌大学卓球部に興味のある方はこちら

\"写真:札幌大学メンバー/撮影:ラリーズ編集部\"
写真:札幌大学メンバー/撮影:ラリーズ編集部

TEL:011-852-9115
e-mail:satsudaitakkyu@gmail.com

取材・文:山下大志(ラリーズ編集部)

" }, "categories": [ ], "_embedded": { "wp:featuredmedia": [ { "source_url": "https://rallys.online/wp-content/uploads/2020/11/01ol2-486x290.jpg" } ] } }]