白熱の攻防で2回目の大阪開催も大盛況!ラリーズ卓球選手権大会が終了! | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

ラリーズイベント 白熱の攻防で2回目の大阪開催も大盛況!ラリーズ卓球選手権大会が終了!

2020.02.18 文:ラリーズ編集部

2月9日(日)、先月行われた全日本卓球選手権大会の興奮冷めやらぬ中、6回目となったRallys Challenge Match改めラリーズ卓球選手権大会(主催:Rallys、会場:北スポーツセンター)が開催されました。

今回はラリーズ主催大会では初めて団体戦(3シングルス)のみを開催し、大学生を中心に高校生から大人まで若い年齢層が参加しました。

予選リーグで試合を行った後、順位別のトーナメントを実施し、腕を競い合いました。様子見もあったのか、予選リーグは落ち着いた試合が多かったものの、負けたら終わりの順位別トーナメントに入ると、応援の声やプレー中の掛け声が響く熱戦が繰り広げられました。

一方空き台では、株式会社三英様から提供していただいたTIBHAR製品のラバーの試打会も行われ、終始会場では打球音が響いていました。

▽過去の主催試合のレポート記事はこちら▽
>>熱戦尽くしの第5回Rallys Challenge Match終了!今後は練習会も開催!
>>「学ぶところがたくさん」 幅広い年代がプレー!静岡開催のRallys Challenge Match
>>「卓球の輪が広がりました」主催試合Rallys Challenge Matchの良さとは?

Rallysの記者が大会参加者をインタビュー!

今回もRallys主催試合、恒例の参加者インタビューを実施しました。

なぜかユニフォームにRallysステッカーを貼って試合をしていたのは、和歌山から参加していた大学生チーム「やまもとジャングル」の山本さん。

「(大阪の大会は)すごい楽しいです。人も多いですし、知り合いも最近大学生になってすごい増えたのでオープン戦出るのがすごい楽しくなってます。ちょっと1人だけ(Rallysシールを)まだつけてないんですけど、全員着用するよう義務付けるようにします(笑)」とチームメートにもRallysステッカー着用を促してくれました。


写真:「やまもとジャングル」の山本さん

2位トーナメント優勝チームの「緑橋卓球場」の皆さんは試合を終えて「グダグダっすね(笑)。予選で1位で上がりたかったです。(反省点を生かして)特訓ですね。帰って練習ですね」とコメント。さらなるレベルアップに燃えている様子でした。


写真:「緑橋卓球場」の渋谷さん

今大会も株式会社グレープストーン様にご協力いただき、参加賞として「東京ばな奈」や「銀のぶどう」を配布いたしました。さらに一般社団法人Tリーグ様にご協力いただき、大阪で開催されるTリーグ観戦チケットを、株式会社三英様にご協力いただきラバー保護シートを入賞チームに贈呈いたしました。

二回目の大阪開催で団体戦大会にご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました!次回の開催をお楽しみに!

ラリーズ卓球選手権大会入賞チーム

1位トーナメント


優勝:00ぴんぽんch A
準優勝:buddy

2位トーナメント


優勝:緑橋卓球場
準優勝:ワンチャン

3,4位トーナメント

優勝:00ぴんぽんch B
準優勝:curario

男子ランキング
2020.12.05
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.05
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt