抜群の安定感がある最強ラバー「テナジー05」の魅力を知ろう


「テナジーシリーズ」は、株式会社タマスによる卓球ブランド「バタフライ」のラバーシリーズのひとつです。このシリーズのラバーはどれも高性能であり、シリーズ開始以来多くの卓球プレーヤーを魅了しています。
今回は、そんな「テナジーシリーズ」の記念すべき第1作目でありながら、未だに多くのプレーヤーに使用されている「テナジー05」についてご紹介します。

テナジー05とは?

テナジー05を愛用する吉村真晴選手。写真:伊藤圭


テナジー05は、2008年4月21日に発売された裏ハイテンションラバーです。スポンジ硬度は36度で、スポンジの厚さは「トクアツ」「アツ」「中」の3種類があります。色は、赤と黒の2色が発売されています。

テナジー05は、ボールに対する回転のかけやすさに定評があります。この回転のかけやすさの理由は、ラバー裏面に施されているツブの形にあります。「開発コードNo.05」と呼ばれるこのツブの形は、ボールに回転をかけるために最適な形をしています。その効果は多くの選手たちや、機械の測定結果からも認められています。なお、ボールに強い回転がかかる仕組みは、ボールがラケットに当たった際にボールの勢いによってこのツブが潰れます。そして、潰れたツブが元の形に戻ろうとするときに「ひきつれ」と呼ばれる現象が起こるため、ボールに強い回転がかかるということです。

テナジー05を使用することでボールにキレのある回転をかけやすくなるだけでなく、強い打球を打つことも可能になります。これにはテナジー05に施された、「ハイテンション技術」と「スプリングスポンジ」と呼ばれるふたつの技術が関係しています。
「ハイテンション技術」とは、タマス社の特殊な技術を用いて、ラバーの表面とスポンジに使われているゴムの分子に「テンション」を加える技術です。この技術によってラバーの表面とスポンジは張り詰めたようになり、相手の放ったボールの勢いを利用して強いボールを打ち返すことができます。また、このスポンジには大きな気泡が内包されており、ボールに当たった瞬間にこの気泡はバネのように収縮します。そして、収縮した気泡が元の形に戻ろうと勢いよく拡張することで、強いボールを打つことができます。これが、「スプリングスポンジ」による効果です。
テナジー05が発売される前の従来のラバーのスポンジは、相手の打ったボールの勢いを吸収してしまうものでした。しかし、スプリングスポンジは相手のボールの勢いを吸収することなく、さらに自分の力を加えることができるため、従来のラバーを使用するよりも強いボールを打つことができます。こういった抜群の安定性から、テナジー05は多くの選手から支持され続けています。

テナジー05に向いているプレーヤー


テナジー05は全体的にバランスがよいため、攻撃を主体とするプレーヤーだけでなく、守備を主体とするカットマンにも使用されています。オールラウンドなプレーに対応できるため、戦型を選ばずに使用することができます。
攻撃を主体するプレーヤーの中でも、フォアドライブを武器とするプレーヤーにとってテナジー05は最適のラバーです。相手が打ったツッツキに対してツッツキを返すと、強力な回転がボールにかかって低く飛んでいくため、相手のミスを誘うことができます。テナジー05を使用していない相手とのドライブ合戦では、打ち負けることが少ないことが大きな強みです。
守備を主体とするプレーヤーの中では、守備に特化するプレーヤーよりも、時々攻撃を織り交ぜるカットマンにとっておすすめのラバーです。テナジー05のシートはボールの引っかかりが強いため、他のラバーよりも容易にカットすることが可能です。ただし、このラバーを使用してカットを行うと、他のラバーを使用して行ったときよりも威力が出ます。そのため、ラバーに慣れるまでは練習を積む必要があるといえます。

テナジー05を使用する際の注意点としては、技術の未熟な初心者がテナジー05を使用すると、ドライブができたと勘違いしてしまう恐れがあることです。テナジー05を使用してボールを打つと回転がボールにかかり、まるでドライブのようにボールが飛んでいくからです。他にも、テナジー05は適当に打っても回転のかかった強い球を飛ばすことができるため、体重移動などの技術が身に付かなくなる恐れもあります。そのため、テナジー05の使用は、卓球の基本的な技術を一通り習得してからのほうがよいかもしれません。

まとめ

テナジー05は、ボールに回転をかけやすいツブを使用したバタフライブランドのラバーです。回転をかけやすいだけでなく、「ハイテンション技術」と「スプリングスポンジ」の技術を駆使して、回転のかかった強いボールを打つことができます。
テナジー05は攻撃を主体とするプレーヤーだけでなく、守備を主体とするプレーヤーにもおすすめの優れたラバーです。ただし、卓球初心者が使用すると基本的な技術が身に付かなくなる恐れがあるため、使用することを目指して技術を高めていくとよいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう