卓球のイメージを一新!浅草の卓球場「ピンポントーキョー」がオシャレすぎた | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球プレーヤー向け 卓球のイメージを一新!浅草の卓球場「ピンポントーキョー」がオシャレすぎた

2022.09.15

文:岡村幸治

東京を代表する観光地・浅草。

行くべきは浅草寺やスカイツリー、かと思いきや今、卓球がアツいらしい。先日、2022年1月に浅草にオープンした卓球場「ピンポントーキョー」に行ってみた。

浅草駅から歩いて7分。とあるアパート2階の一室に、ピンポントーキョーはある。扉を開けて、驚いた。

魅力①オシャレで清潔感のある内装

「あれ、ここは表参道の美容室?」と一瞬疑った。

「卓球場」と聞いて、なんとなく地味な印象を抱いたあなた。大間違いだ。

ゆったりできるソファに、いい感じの照明、チリ1つない床。これまでの卓球のイメージを一新するようなオシャレで清潔な空間に、テンションブチ上がりだ。

ピンポントーキョー共同代表の稲沼さんと渡辺さんは、中高の卓球部の同級生。高校ではダブルスのパートナーだった二人が「卓球を色んな人に楽しんでもらいたい。卓球のマイナスイメージを変えたい」との思いで、オシャレでカッコいい卓球場を作った。

卓球台をイメージしたライトなど徹底的にこだわりぬかれた内装には、インテリアデザイナーの渡辺さんのスキルが生かされている。

ピンポントーキョーは、卓球初心者を惹きつける魅力がたくさんある。スマホをつなげば、自分の好きな音楽を流しながらプレイできる。設置されている自撮り棒で記念写真も撮れる。卓球ガチ勢だけでなく、友人同士や恋人とのデートでも楽しめそうだ。

魅力②30秒で簡単予約!

卓球場を初めて使う人が気になる点が、利用方法だろう。

ピンポントーキョーは、予約が超簡単。QRコードを読み取ってLINEを登録し、日時を指定すれば、一瞬で予約完了だ。

料金は卓球台1台につき、1時間で2000円。支払いは、使用料金を封筒に入れて料金箱に投函するだけ。

まさかのアナログスタイル……。支払いは現金のみなので、注意が必要だ。

設置されている卓球台は2台なので、同時間で2台を予約すれば自動的に貸し切りとなる。1時間4000円でこのオシャレ空間を独り占めできるのは、お得な気がする。

魅力③充実の設備

初心者に優しいピンポントーキョーだが、ガチ勢の味方でもある。

貸し出し無料のボールの量がすさまじい。これなら、100本ノックもいけそうだ。

ラケットももちろん貸し出し無料。ラバーは赤だけでなく、黒、青、ピンクとカラフルだ。

場内は土足厳禁だが、レンタルシューズが用意されている。手ぶらで来ても、十分に卓球を楽しめる。

さらに、ボール受けに便利な防球ネットまである。本格的な練習もできそうだ。

「卓球バーより打ち合えて、体育館よりテンション上がる。」がコンセプトの完全予約制プライベート卓球ルーム「ピンポントーキョー」。浅草の新たなレジャースポットになるかもしれない。

ピンポントーキョー詳細

住所

東京都台東区浅草6丁目10-2 深野フラワービル20A

アクセス

浅草駅から徒歩7分/浅草寺から徒歩3分

営業時間

7:00〜21:00

公式サイト

>>ピンポントーキョー公式サイト(外部リンク)

Twitter

Instagram

ピンポントーキョー潜入動画

男子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
7725 pt
2
馬龍(中国)
4400 pt
3
王楚欽(中国)
4345 pt
1
張本智和(日本)
3860 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6740 pt
3
王曼昱(中国)
5275 pt
1
早田ひな(日本)
2830 pt
2
伊藤美誠(日本)
2765 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt