効果的なバックドライブで得点力を高める!


文:ラリーズ編集部

卓球の得点パターンには、さまざまな種類があります。最も基本となるのはフォアハンドで、卓球をプレーするにあたって必ず習得しなければなりません。この他にも、レシーブやスマッシュなどがあり、試合ではこれらを駆使しながら得点を取っていくことが大切です。このように、複数ある得点パターンの中でも、最近特に注目を集めているのがバックドライブです。

そこで今回は、バックドライブに焦点を当て、特徴やコツ、注意点、練習法などについてご紹介します。

卓球のスキル向上が期待できる、バックドライブとは

Ping pong ball on the table against net, selective focus, racket on background, game concept. Tennis sport equipment

バックドライブとは、バックハンドでドライブを打つことを指します。ラケットの裏面でボールを打つため、主にシェークハンドラケットで使用される打法です。その特徴は、打ったボールに前進回転や横回転がかかる点で、これにより相手選手のミスを誘うことができます。

では、このような特徴を持つバックドライブが注目されている理由は、どのような点にあるのでしょうか。その答えには、バックドライブが得点力を高める打法であることが大きく関係しています。

「バックドライブはつなぎの技法」と認識している卓球選手は少なくありません。確かに、バックドライブはラリーを止めないための打法として有効です。しかし、バックドライブはラリーの継続力だけでなく、得点力も持ち合わせた技法です。つまり、「バックドライブで得点を取りにいく」という認識を持つことで、得点パターンが増え、自身の卓球の力量をグンと高めることができるのです。こうした点から、バックドライブの注目度・重要性が高まっているといえます。

上記の点から、得点パターンを増やし勝つためには、バックドライブの習得が必要だと分かりました。そこで、バックドライブの打ち方とコツ、注意点をご紹介します。

バックドライブの打ち方とコツ

まず、ラケットを胸の位置で構え、45度を目安に寝かせます。これが、バックドライブを打つ際の体勢です。その後の手順は以下のとおりです。

1.返球を体の正面でとらえる
2.肘を支点にして、ラケットをスイングし始める
3.ラケットを寝かせて、卓球台に向かってスイングする
4.返球が頂点に達したのを確認したら、ボールを打つ
5.ボールを打った後は、次に備える

バックドライブを打つ際のコツは、ボールをこする意識を持つことです。ボールをしっかりとこすらなければ、前進回転をかけることができないため、必ず意識するようにしましょう。また、ラケットの振り方にもコツがあり、下から振りすぎるとコートを越してしまい、上から振ってしまうとネットにかかってしまうことがあります。よい塩梅の振り方を習得できるまで、何度も練習に励みましょう。

注意点としては、体からラケットが離れないようにすること、スイング中に肘が上がらないようにすること、打点が遅くならないよう意識することなどがあげられます。また、バックドライブは打点が低い返球でのみ狙うことが大切です。胸元ほどの高さのボールが返ってきた場合は、無理にバックドライブせず、プッシュや回り込みからのフォアハンドで対応しましょう。

バックドライブは、初心者はもちろん、経験者でも習得に苦戦する技法のひとつです。諦めずに練習を続けることが、バックドライブ習得へのカギとなります。練習だけでなく、試合で実践するなどして、少しずつ感覚を掴んでいきましょう。

継続して習得しよう。バックドライブの練習法

卓球のみならず、スポーツにおいて上達するためには練習を行うことが大切です。バックドライブも練習を重ねることで、はじめて技として使用することができます。以下では、バックドライブの具体的な練習法についてご紹介します。

バックドライブを成功させるためには、ボールに前進回転をかけることが必須となります。まずは、ラケットを持つ手とは逆の手でボールを高く持って下へ投げ、ラケットを下から上へスイングして回転をかける練習を行いましょう。これができるようになったら、返球に対して回転をかける練習をしてください。返球は力を込めて打たれているので、ラケットが厚くあたりやすいですが、そこを薄くあてるよう意識することが大切です。

この他、実戦形式の練習も効果的です。

1.ショートサービスを練習相手のバックサイドへ出す
2.練習相手にチキータをバックサイドに打ってもらう
3.チキータをバックドライブで返球し、練習相手とバック対バックを打ち合う
4.適当な頃合いで、練習相手にフォアサイドへボールを打ってもらう
5.そのボールをドライブし、フリー練習を続ける

この方法なら、バックドライブの練習に加え、いつフォアサイドに返球があるか分からない、試合ならではの緊張感の中で練習することができ一石二鳥です。

バックドライブの練習法は、他にもさまざまな方法があります。自身に合った練習法を実践し、習得を目指して日々取り組んでみましょう。

バックドライブの習得は、スキルアップにつながる

バックドライブは、ラリーを続けて次なる攻撃に備える打法のひとつです。その一方で、攻撃性のある得点パターンのひとつでもあります。卓球のスキルアップを目指している方は、ぜひバックドライブを習得してみましょう。可能性がグンと広がるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう