野村萌の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2017.08.07

野村萌の使用用具・大会成績・プロフィール

卓球国内リーグ・ノジマTリーグ「トップおとめピンポンズ名古屋」に所属し、世界ランキング過去最高742位(2019年6月)の野村萌を紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなど基本的な情報から黄金世代で戦う心境についても触れます。

同世代には伊藤美誠、早田ひな、平野美宇などがいる中でようやく日の目を浴びる様になった18歳の野村萌。そんな野村萌のプロフィールを見ていきましょう。

野村萌とは?

2018年に行われた全国高校総体女子シングルスで圧倒的実力差で優勝を果たしたことで知られる選手です。常に全国大会出場レベルの実力は持つものの、同世代に伊藤美誠(スターツ)、早田ひな、平野美宇(共に日本生命)がいた為注目されにくかった選手です。

プロフィール

野村萌は2001年3月11日生まれの18歳。愛知県出身です。

4歳の時から祖母、母の影響で卓球を初めて県内では敵知らずの中、全国大会出場は当たり前の実力を持っていました。同世代は伊藤美誠、早田ひな、平野美宇と錚々たるタレントが顔を揃えている黄金世代。

他の世代であれば、確実にメディアの注目を受けるような全国レベルの選手でした。伊藤美誠とは2戦2敗など雲の上の存在でした。

高校は愛知みずほ大瑞穂高校に進学し、着実に実力を伸ばしたことで自分のポテンシャルに自信を持ち始めました。

高校3年時にはビック3が居なかったものの、インターハイで圧倒的実績差で女子シングルス優勝。Tリーグのトップ名古屋のメンバー入りを果たします。

プレースタイル

野村萌はバックハンドから繰り出される多彩な技が非常に魅力的です。女子とは思えぬスイングスピードで相手を翻弄し、バックドライブで畳み掛ける攻撃的な戦いかたをします。

彼女を支える根幹は相手への想像力です。試合後、彼女にその試合のプレーを聞くとほとんど記憶している程記憶力に優れています。

常に前向きなマインドセットで試合巧者となることが出来るため、変則的な相手やレフティーをも苦にしません。

使用用具

野村萌のラケットはダイナウッド(ST)を使用しているようです。ラバーは表面がオメガ5プロ(MAX)、裏面がVO>101(2.0mm)です。

高校入学前は元々アコースティックを使用していたが、更なる強化を測るためにより回転数のかかり、ボールの走る上級者向けのラケットに変更しました。フィジカルの強くなった野村萌には丁度よくパワープレイも可能になりました。

世界ランキング

野村萌の世界ランキングは過去最高で742位(2019年6月)。現在767位(2019年7月)です。やはり同世代にタレントが揃っているため、世界大会への出場機会を得ることが出来ずランキングが上がらなかったのが原因でこの順位となっています。

国内大会での主な実績

2018年 インターハイ 女子シングルス優勝

まとめ

今日の女子卓球界を大いに賑わせているのは間違いなく黄金世代と呼ばれる2001年世代でしょう。ビック3に加え、メディアで多く取り上げられる程の実力を持った選手が数多く揃っています。

野村萌はインターハイを優勝する程の実績は持っています。黄金世代の中で野村萌が特に秀でているのはマインドセット。これに今後の成長で実力を付けていけば確実に黄金世代の一角を担う存在になり得るでしょう。野村萌に更なる躍進に期待しましょう。

野村萌の関連記事一覧はコチラ

野村萌の関連記事一覧

関連するキーワード
コメント
0
男子ランキング
2019.08.26
世界
日本
1
許キン(中国)
15980 pt
2
樊振東(中国)
15470 pt
3
馬龍 (中国)
14955 pt
1
張本智和(日本)
13495 pt
2
丹羽孝希(日本)
10800 pt
3
水谷隼(日本)
10695 pt
女子ランキング
2019.08.26
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16605 pt
2
丁寧 (中国)
15380 pt
3
朱雨玲 (中国)
14710 pt
1
石川佳純(日本)
13608 pt
2
伊藤美誠(日本)
12735 pt
3
平野美宇(日本)
11965 pt
SNS
FOLLOW US