ポール・ドリンコールの使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
2020.02.08

ポール・ドリンコールの使用用具・大会成績・プロフィール

写真:ポール・ドリンコール(イングランド)/提供:ittfworld

強豪イングランドにおいてイングランド選手権を制し、2016年世界選手権クアラルンプール大会では団体戦銅メダルの実績を残したポール・ドリンコール。リアム・ピッチフォードやサムエル・ウォーカーと並びイングランド卓球界を牽引するドリンコールについて紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本的な情報から、国際大会での戦績についても詳しく紹介します。

幾度となく日本の前に立ちはだかった強大なライバル、イングランドの主力選手であるドリンコール。今回はそんなドリンコールのプロフィールを見ていきましょう。

ポール・ドリンコールとは

ポール・ドリンコールは、2018年世界選手権や2019年ワールドカップで日本代表に勝利した強豪イングランドの代表選手です。2016年世界選手権クアラルンプール大会で団体戦銅メダルに輝くなど世界のトップで活躍する選手です。

プロフィール

ポール・ドリンコールは1990年1月17日生まれの30歳(2020年2月現在)のイングランドの卓球選手です。

2008年のヨーロッパユースのジュニアでシングルス、ダブルス、混合ダブルスの3冠を達成し、同年の世界ジュニアスペイン大会では準優勝するなどジュニア時代から順調に成績を残してきました。

その後も、2016年世界選手権団体クアラルンプール大会では銅メダル、また2016年リオデジャネイロオリンピックでは男子シングルスベスト16に入るなどコンスタントに好成績を残しています。

そしてなんといっても印象深いのが2018年世界選手権スウェーデン大会と、2019年ワールドカップ東京大会での日本との対戦です。2018年世界選手権では日本の水谷隼(木下グループ)をフルゲームのあと一歩のところまで追い込みました。そして2019年ワールドカップでは吉村真晴(名古屋ダイハツ)を破り、団体としてイングランドの勝利に貢献しました。

2020年2月現在では世界ランキング68位に位置している世界のトップ選手の1人です。

プレースタイル

ポール・ドリンコールの戦型は、右シェーク裏裏ドライブ型です。強靭な足腰を活かした素早いフットワークと、威力のあるフォアドライブを軸に戦うプレースタイルをしています。

特に、恵まれた体格から繰り出されるフォアドライブはドリンコールの最大の武器です。台から出たボールはほとんどオールフォアでドライブをかけ、強烈なフォアドライブを連打し得点を重ねていく姿は見ている者を魅了します。そのため、ドリンコールのラリーは迫力のある非常に見ごたえのあるものが多いです。

また、高速化し、バックハンドの技術の重要性がますます高まる現代卓球においてフォアハンドを主体に戦うドリンコールが世界のトップで活躍し続けているのは、そのフットワークのすさまじさ故です。強靭な足腰を活かし、非常に素早いフットワークで動き回ることでドリンコールはフォア主体での卓球を可能にしています。

相手がバックハンドで早い打点で打ち込んできたボールに対しても、高速のフットワークで回り込みフォアハンドでカウンターを狙うプレースタイルはドリンコールの最大の特徴です。

強力なフォアハンドを持つドリンコールですが、バックハンドもまた巧みに使いこなします。回転をかけてバックドライブを連打するという場面はあまり見られませんが、その代わりにバックフリックやプッシュといったフラットな打法を多用する珍しい選手です。これらの打ち方では打球がナックル気味になることが多いので、相手がネットミスすることも見られます。

このように強烈な回転のかかったフォアドライブと、ナックル気味のバックハンドをうまく使い分けて回転量に変化をつけることで相手のミスを誘い得点するのもドリンコールのプレーの特徴の1つです。

使用用具

ドリンコールの使用用具はすべてTIBHAR社の製品で、ラケットが「サムソノフ フォースプロ」、ラバーはフォア面、バック面ともに「エボリューション MX-P」を使用しているようです。

世界ランキング

ドリンコールの世界ランキングは2016年の9月に自己最高位の32位を記録し、2020年2月現在では世界ランキング68位に位置しています。

国際大会での主な戦績

 

2008年 世界ジュニア選手権スペイン大会 シングルス準優勝
2014年 スペインオープン シングルス優勝
2016年 世界選手権クアラルンプール大会 団体銅メダル
リオデジャネイロオリンピック シングルスベスト16

まとめ

イングランド代表として、そして世界のトップ選手の1人として活躍し続けるポール・ドリンコール。幾度となく日本代表の前に立ちはだかってきたドリンコールは、これからも日本人選手のライバルであることは間違いないでしょう。目前に控えた東京オリンピックや、今年度のワールドツアーにおいてどんな活躍を見せてくれるのか。彼の活躍に要注目です。

ドリンコールの関連記事はこちら

ドリンコール関連記事

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.06.01
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.06.01
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US