卓球時のウェア・服装・練習着は?大会で着用するユニフォームにも注目 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球プレーヤー向け 卓球時のウェア・服装・練習着は?大会で着用するユニフォームにも注目

2020.06.01 文:ラリーズ編集部

卓球をする際の服装・練習着は、卓球をこれから始めようと考えている方にとって気になるポイントのひとつです。所属しているチームの方針によって多少の違いはありますが、練習着を問われることはほとんどありません。運動に適した練習着を着て、練習に臨みましょう。

ただし、卓球の試合ではユニフォームを着用する必要があります。そして、着用するユニフォームを選ぶ際には、いくつかの規定を守る必要があります。はたして、どのような点に気をつけなければならないのでしょうか。

以下では、卓球の練習をする際のおすすめの練習着と、卓球の大会で着用するユニフォームに関する規定についてご紹介します。

▼試合で使えるラリーズオリジナルゲームシャツやタオル▼

>>RallysTシャツ・タオル購入はこちらから

卓球練習時のウェア・服装・練習着

卓球は、素早い動きを要求される、汗をかきやすいスポーツです。そんな卓球の練習におすすめの練習着は、Tシャツと短パンです。この服装の利点としては、競技中に無駄な抵抗を起こさずに素早い動きに対応できるため、競技に集中できるという点があげられます。

また、Tシャツは着脱が容易であるため、汗をかいたときに素早く着替えることができます。多くのメーカーから販売されている吸水性・速乾性に優れているドライTシャツを着用するとよいでしょう。

所属しているチーム内で、練習時に着用するオリジナルのTシャツを作ることもおすすめです。チームメンバー全員で同じTシャツを着用して練習に励むことで、メンバー同士の士気や協調性が向上するかもしれません。

シューズは運動靴や体育館などで使用する内履きシューズでも問題ありませんが、練習に専念したいのであれば卓球用のシューズを履くことが大切です。

靴下に関する規定も特にありません。ただし、卓球メーカーが販売している厚手の丈夫な靴下であれば、汗に強く素早い動きにも対応できるためおすすめです。

>>卓球の見方は5分で変わる 16cmのトスが明暗を分ける「サーブ」に注目

卓球大会用のユニフォーム・ウェア・服装

上述した通り、日本で開催される卓球の大会では、選手はルールに沿ったユニフォームの着用が義務付けられています。そのため、個人でユニフォームを購入する方は注意が必要です。

まず、ユニフォームは「JTTA」と書かれたワッペンが取り付けられているものを選択する必要があります。「JTTA」とは、「Japan Table Tennis Association」の略称であり、日本卓球協会公認のユニフォームであることを表しています。

このワッペンはユニフォームの上だけでなく、下(ズボンやスカート)にも取り付けられてなければなりません。もしもこのワッペンがついていないユニフォームを着用して試合に参加した場合には、失格となって競技することができない可能性があるため注意しましょう。

卓球時のウェア・服装・練習着以外にも試合では他にも細かなルール

また、試合に臨むためにはゼッケンをユニフォームにつけなければならないため、ゼッケンをユニフォームにつけるための安全ピンを持参する必要があります。この安全ピンは業務用に売られているものでも問題ありませんが、卓球メーカーが販売しているデザインに富んだものも売られているため自分の好みに合わせて購入するとよいでしょう。

他のルールとしては、ユニフォームの色はその大会で使われる卓球ボールの色と異なる色を選択する必要があります。例えば、試合で使われている卓球ボールの色が白色であれば、白色が部分的にでも含まれているユニフォームは着用することはできません。

例外としては、中学生大会の市内予選では学校指定の体操着で参加する生徒もいるため、白ボールを使う大会でも白いユニフォームの着用が容認されています。なお、現在ではオレンジボールに代わって白いボールが主流となりつつあるため、白いユニフォームは選択しないほうが賢明です。

試合の対戦相手のユニフォームの色にも配慮する必要があります。自分が着用するユニフォームの色は、対戦相手のユニフォームの色と異なる色を選ばなければなりません。もしも個人戦で同じチームの選手と対戦する場合にも、どちらかの選手が別のユニフォームに変更する必要があります。以上のことから、ユニフォームは一着だけでなく、色が異なるものを何着か用意しておく必要があります。

なお、身体的な理由で上述したすべてのルールを守ることができない場合には、審判長に許可を得なければなりません。

シューズや靴下に関するルールについては、特に定められていません。そのため、練習と同じく卓球シューズではなく、室内用の運動靴で参加することも可能です。ただし、大会で好成績を収めたい場合には、卓球シューズを履いて参加するほうが望ましいといえます。

卓球時のウェア・服装・練習着 まとめ

Tシャツと短パンは、卓球をする際の格好として優れています。特に、Tシャツは吸水性・速乾性に優れたものを着用すると、汗をかいてもパフォーマンスの低下を最小限に留めてくれるためおすすめです。

なお、卓球の大会で着用するユニフォームには守らなければならないルールがあります。もしもルールを守らなければ、練習の成果を発揮することなく失格となる恐れがあるため、ユニフォームの選択は慎重に行いましょう。

試合で使えるラリーズオリジナルゲームシャツも


>>RallysTシャツ購入はこちらから

ユニフォーム・ゲームシャツの特徴

JTTAロゴ入りで公式戦でも使えるラリーズのオリジナルTシャツです。ファッションの邪魔をしないシンプルなデザインで卓球のユニフォームが派手だと思ってしまう人にもおすすめです。通気性や伸縮性などに優れ、機能面も申し分なく、プレーに打ち込むことができます。ブラックとイエローの2色があります。

おすすめユニフォームもチェック

>>卓球のユニフォーム・ゲームシャツおすすめ10選 選び方やオリジナルTシャツも紹介

男子ランキング
2020.08.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.08.03
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt