【卓球】福原愛、ブログで「選手として一区切り」現役を引退


リオデジャネイロ五輪卓球女子団体銅メダルの福原愛(29)が21日、自身のブログを更新し、第一線から退くことを報告した。

ブログは「Tリーグの開幕が近づき、私も今までとは違う立場で卓球と向き合うようになり、色々と考えることも多くなりましたが、最近ようやく自分の中で答えが見つかりました」との書き出しのブログを21日に公開。

そのブログ内で「私は選手としての立場を、ここで一区切りつけることを決意しました。」と発表した。ブログ内では「現役引退」という言葉は使っていないものの、“一区切り”という言葉で現役選手を引退、次のキャリアへと進むことを示唆した。

続いて「2016年のリオオリンピックから二年が経ち、結婚や出産を経験し、日々育児に励みつつも、競技のことが頭から離れることはありませんでした。3歳から卓球を始め、約26年の間、多くのことを学ばせていただきました。とてもおこがましく身勝手かも知れませんが・・・これまでの私は、これからも卓球界を引っ張っていくため、子育てをしながら競技を続ける必要があると思っていました」とつづった。福原はご存知の通り「愛ちゃん」の愛称で親しまれ、3歳から「天才卓球少女」として注目を浴びた。私生活では2016年に江宏傑(Tリーグ・琉球アスティーダ)と結婚し、愛娘の「あいらちゃん」も誕生した。

こうした私生活の変化や日本卓球界全体の変化が、福原の考え方に影響を及ぼしたようだ。「結婚する際、家庭としての軸を作りたい、そしてまた選手としての軸に戻ってきます、そして後輩のために新しい道を作っていきたい、と話したのを覚えておりますが、皆様がご存知の通り、この2年間で次世代の選手達が大きな成長を遂げ、日本の卓球界全体が以前より盛り上がってきました。とても嬉しく感じるのと同時に、知らない内に私自身で勝手に感じていた肩の重みが、すっと抜けるような感覚があり、私が選手としてできることはやり切った、頑張り抜いた、という思いが強くなり、自分が選手としての立場でやるべき使命は果たせたかな、と感じるようになりました」と“一区切り”のきっかけを明かした。

現在はTリーグの理事としての活動など卓球界全体にむけた動きも活発化している。「愛ちゃん」から「福原選手」へ、そして「ママ・愛ちゃん」へ。卓球界を20年以上にわたって盛り上げてきた「福原愛」が下した新しい決断。次なるステップはどこへ?注目が集まる。

ブログの全文はこちら(https://ameblo.jp/fukuhara-ai-blog/)から

文・写真:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする