【今日の1試合】英田 理志/厚谷 武志(信号器材)vs張 一博/高木和 卓(東京アート)|卓球動画


両選手の特徴

張・高木和ペアーは日本リーグで長く活躍している名ペアーです。張選手が厳しいサーブレシーブで先手を取り、高木和選手が凡ミスの少ない両ハンドドライブで得点を重ねます。全日本選手権で何度も入賞しているペアーです。

対する英田・厚谷ペアーは、国内では貴重となったカットマンペアー。英田選手は両ハンドの華麗なカットとセンスのある両ハンド攻撃。厚谷選手はカットマンながら破壊力のある攻撃力を備えています。

見どころ

実業団の雄の張・高木和ペアーに対し、カット+攻撃の英田・厚谷ペアーがどこまで肉薄するか。楽しみな一戦です。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第1ゲーム9対9での張選手の台上フリック

近年、急速なバック系技術の向上により、ミドル攻撃への重要性について何度も解説してきました。英田選手はカットマンながらバックハンドドライブに非凡な才能を持った選手です。

この場面、張選手は両サイドではなくミドルへフリックし、英田選手にバックドライブをさせませんでした。10対9でも回り込んでのフォアドライブはミドルへ。10対10のレシーブもミドルへ。流石です。

逆に高木和選手は11対10の場面でミドルへ来たチキータをフォアドライブで狙い打っています。

板垣’S EYE

第1ゲームが勝負でした。カットペアーの変化と攻撃力に前半対応できなかった張・高木和ペアーですが、逆転で1ゲームを奪ったことで精神的に余裕が生まれました。

カットペアーは攻撃でポイントできなくなった時に、如何にして主戦武器のカットで得点を稼ぐかがポイントだったと思います。

試合情報

選手名:英田 理志/厚谷 武志(信号器材)vs張 一博/高木和 卓(東京アート)
大会名:2017全日本実業団卓球選手権大会 男子 準々決勝
大会種別:国内、団体、ダブルス
試合結果:英田・厚谷3-0張・高木和

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう