【今日の1試合】世界卓球日本代表の前田美優に天野優が挑む|卓球動画


監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

シェークハンズの動画でも自身のプレーを披露してくれた天野選手です。明徳義塾高校で鍛えられた基本技術の高さを生かし、テンポの速いプレーとバック表ソフトの変化で得点を狙っていくプレーは素晴らしいです。全日本女子ダブルスチャンピオンでもある天野選手のプレーは完成度が高いです。

インターハイ女子シングルを制し、全日本選手権第3位、世界選手権ミックスダブルス・ベスト8、全日本選手権ミックスダブルス優勝と日本のトップを維持し続ける前田選手。左バック表で先手を取り高速ラリーでも攻守バランスのとれたプレーをしていく素晴らしい才能の持ち主です。

見どころ

お互いにバック表ソフトを生かし相手よりも一歩前に張り付いて振り回したい試合展開が予想されます。打球点の速さをどちらの選手がキープできるのか、どのボールに対応するときに打球点が落ちるのか、楽しみな試合です。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第2ゲーム天野選手11対10の場面です
日本の卓球のレベルが世界レベルになり、戦術も世界レベルになっていると感じます。この場面で天野選手は「ミドルへのロングサーブ」から試合を進めています。
一昔前(私が選手をしていた時代)なら「ただの真ん中への甘いサーブ」だったサーブは「両ハンドの選手が最も嫌がるミドル」への思い切ったナイスサーブと言えます。

急速にバックハンド技術が上がり、両ハンドでの高速カウンタープレーになった現代卓球で「ミドル」は返球コースの角度が厳しくなく、また、フォアハンドで対応する場合、バックハンドよりも打球点が落ちやすいため自分が対応する時間を作ることができます。

天野選手は第3ゲームもミドルへのロングサーブを混ぜながら勝負所でのショートサーブと、冴え渡った会心の試合だったと思います。

板垣’S EYE

前田選手のサーブミスが痛かった試合でした。セット数の差ほど実力差がある訳ではなく、その日のコンディションや試合中の閃きで勝敗が左右されるハイレベルな試合です。次回の対戦も楽しみです。

試合情報

大会名:2017全日本実業団卓球選手権大会 女子 準決勝
選手名:天野 優(サンリツ) vs 前田 美優(日本生命)
大会種別:団体戦、シングルス、国内、一般
試合結果:天野3-0前田

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう