【今日の1試合】ミドル攻めが勝負を分けた!北村 祐馬(信号器材)vs張 一博(東京アート)|卓球動画


両選手の特徴

愛工大名電高校〜愛知工業大学でプレーした北村選手は、的確なフォアハンドが持ち味の選手です。本当に努力家で、1球たりとも気を抜かないプレーはライバルチームだった頃から賞賛に値していました。

対するは全日本ファイナリストで世界選手権日本代表と東京アート(株)のエースとして永年活躍している張選手。鉄壁のバックブロックでチャンスを掴み打球点高く重いフォアドライブで相手を追い込む卓球スタイルは多くの選手の壁となっています。「鉄壁のバックブロックの張」選手です。

見どころ

サーブレシーブから厳しい攻撃をする張選手に対して、大きく動いて得点を狙う北村選手。北村選手のYGサーブからの3球目がどこまで通用するか、注目の試合です。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第3ゲーム張選手3対2の場面
北村選手のYGサーブに苦戦し、2ゲームを落とした張選手ですが、もう一つ迷っていたのは台上処理をどのコースに持って行くかだったと思います。フォアに深く送っても北村選手はストレートを攻めてくるため守るのは簡単ではありません。この場面、張選手はミドルへのフリック。両サイドを警戒している北村選手は一本つなぎになり、張選手の得点となります。

Rallysで再三解説している「ミドルへの攻撃」。分かっていても簡単ではありません。特に台上のボールをミドルへ持っていくのは勇気が必要ですが、やり方がわかれば、できるようになる戦術です。

その後、第3ゲーム5対4ではバックフリックをミドルへ、第4ゲーム5対5、第5ゲーム5対4と本当に一点欲しい場面では確実にミドル攻めでした。

板垣’S EYE

予想通り、北村選手のYGサーブからの3球目攻撃の待ちは素晴らしいです。張選手が先に2ゲームを落とすとは思いませんでした。
そこから巻き返した張選手も見事です。緊張感のある好試合でした。

試合情報

選手名:北村 祐馬(信号器材)vs張 一博(東京アート)
大会名:2017全日本実業団卓球選手権大会 男子 準々決勝
大会種別:国内、団体、シングルス
試合結果:北村2-3張

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう