監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

全日本ジュニアチャンピオン、世界選手権日本代表の浜本選手。長身から繰り出される安定した両ハンドドライブは魅力十分です。特にバックストレートのバックドライブは得点能力十分の彼女のエースボールです。

対する森選手は両面表ソフトを使い、タイミングの速さと緩急をつけた攻守で戦うタイプ。相手が攻めたと思ったボールをタイミング早く返球する対応能力が素晴らしいです。

見どころ

異質型でボールに変化がある森選手に対して浜本選手がどのように対応していくか、注目の一戦です。

特に浜本選手が打ち分けるバックハンドに対して森選手がどう対応していくかがポイントになると思います。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第4ゲーム浜本選手9対10の場面。

第4ゲームに入り、森選手は浜本選手の得意なバックサイドを明らかに避け、ミドルを攻めて大量リードを奪います。浜本選手への戦術が徹底してきた森選手。このゲームを奪い返すと勝敗がどちらに転ぶかわからなくなります。

この場面、浜本選手は持てる技術を全て発揮してゲームポイントを凌ぎます。

1)バックへの攻撃に対しバックドライブではなくバックミートで返球。ドライブをかけるとナックル性のボールが返ってくるため、ここはあえてバックミート。
2)早いピッチでのラリー戦では一歩下がって時間を作る。森選手のピッチに付き合わず、自分のテンポに引きずり込む。
3)ミドルは緩急をつけて返球する。

一瞬のラリーでこの3つを同時に対処できる浜本選手の判断力は流石です。
日本代表選手の素晴らしい技術と言えます。

板垣’S EYE

森選手のタイミングの早い攻守はドライブ型選手にとってはやりにくいと思います。攻めたはずのドライブを逆に利用される場面が多くありましたが、最後に交わした浜本選手のラリー能力は素晴らしいです。

森選手も善戦しました。やはり最後は「ツッツキ」を打たされましたが、ここを凌ぐパターンが身につけば、相手にとって脅威の選手になると思います。

試合情報

大会名:2017全日本実業団卓球選手権 女子 準々決勝|Rallys(ラリーズ)
選手名:浜本由惟(日本生命)vs森美紗樹(豊田自動織機)
大会種別:団体戦、シングルス、国内
試合結果:浜本3-1森
フルバージョン動画はコチラ

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう