監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

全日本ジュニアチャンピオン、世界選手権日本代表の浜本選手。長身から繰り出される安定した両ハンドドライブは魅力十分です。特にバックストレートのバックドライブは得点能力十分の彼女のエースボールです。

正智深谷高校で活躍した平選手。バック表ソフトながら鍛えられたフットワークの良さが魅力的な選手です。バックサイドの攻守も見事ですがチャンスがあれば回り込んで狙い打てる攻撃力があります。

見どころ

両選手共サーブ力が高いため、サーブからの速いテンポで試合が進みますが、大きなラリーになった時の大事なポイントで、どちらの選手が得点を取るのかが勝負を左右すると思います。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第4ゲーム8対8での場面
各ゲームの後半は行き詰まるラリー戦となります。第4ゲーム中盤から浜本選手が「フォアを攻めてからバック」というコース取りで逆転しましたが、この場面での平選手のフォアサイドからバックへの戻りは素晴らしいです。

バックへ戻った時に少しでも打球点が遅れると次球を打ち込まれてしまいますが、足腰の強い平選手は前陣でブロックし、尚且つ、次球をストレートへ返球しています。凄いです。

板垣’S EYE

浜本選手の得意のバックストレートへのバックドライブに最後に対応した平選手。会心の試合だったと思います。浜本選手はラリーに持って行く前の「一本目」のボールで少しミスが出てしまいましたが、相手の逆を突くことができる両ハンドドライブは得点能力が高く素晴らしい技術です。

試合情報

選手名:平 侑里香( サンリツ ) vs 浜本 由惟( 日本生命)
大会名:2017全日本実業団卓球選手権大会 女子 準決勝
大会種別:国内、団体、シングルス
試合結果:平3-1浜本

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう