【今日の1試合】「テクニシャン花木」vs「連打の福原」サーブレシーブが勝敗を分けた|卓球動画


監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

大分・明豊高校〜埼玉工業大学でプレーした花木選手は、多彩なサーブからの両ハンド攻撃を持った好選手です。台上プレーもチキータ、流し、ストップを使い、相手が対応に遅れたボールをすぐに狙い打つことができる基本技術はレベルの高さを表しています。

対する福原選手は、投げ上げサーブからフォアドライブの連打でグイグイ攻めていくタイプ。フットワークを生かし、ツボに入った時のフォアドライブは得点能力十分です。

見どころ

多彩なサーブレシーブで相手に的を絞らせず攻めていく花木選手に対し、フットワークを生かしフォアドライブで攻める福原選手。両者ともに攻撃的なタイプですので、サーブレシーブが鍵になります。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第2ゲーム花木選手6対4でのサーブ3球目
第2ゲーム、ようやく花木選手のサーブレシーブに慣れてきた福原選手が3対3と喰らい付きます。ここで花木選手のサーブ3球目のフォアフリックが決まり4対3。次の花木選手のサーブをフリックミスし5対3となります。花木選手は「自分のショートサーブは払われない自信がある」と感じ、6対4でもストップレシーブを待って台上バックドライブで得点に結び付けました。

板垣’S EYE

試合の中で「このサーブなら相手に先に攻められない」というサーブを探し、見つけることは勝利に近づくための大切なポイントになります。

花木選手が自分の長所を出しきり、サーブ3球目、レシーブ4球目で主導権を多く握る試合展開となりました。福原選手も投げ上げサーブからドライブで攻めたかったと思いますが、数本長いサーブを混ぜてチキータを外したり、ツッツキでしか返せない切れた下回転サーブから先手をとる展開があれば、全く違った試合展開になったと思います。

試合情報

大会名:2017全日本実業団卓球選手権大会 男子 3回戦
選手名: 福原裕(日本新薬)vs花木誠弥(松戸市役所)
大会種別:団体戦、シングルス、国内、一般
試合結果:花木3-0福原

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう