監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

全日本卓球選手権男子シングルス第3位の実績を誇る平野選手。高校時代(野田学園高校)大学時代(明治大学)と常に日本のトップを走り続けてきた選手です。ファイト溢れるプレーの中に細かいテクニックや打たせてから振り回すプレーも近年増え、彼自身の卓球スタイルも完成形に近づいていると思います。

対するは実践学園高校〜明治大学で活躍した岡田選手。素早いフットワーク、変化のある投げ上げサーブ、バックミートを使い、攻めきる卓球スタイルです。積極的な攻撃卓球で数多くの国内大会で大活躍した好選手です。

見どころ

明治大学の同級生対決です。両選手ともに気持ちの入った試合をするため、熱い戦いが予想されます。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第4ゲーム0対0の場面
第2ゲーム後半から平野選手のサーブレシーブに慣れてきた岡田選手。第3ゲームは岡田選手らしい「回り込みドライブ・バックミート」が冴え始めます。

第3ゲーム後編で平野選手はレシーブを「厳しくストップしよう」と意識し、直接ミスをするなど無駄な失点が多くなってしまいました。また、無理にストップをしたボールが逆に浅い甘いボールになっていました。

ベンチコーチの指示もあったかと思いますが、第4ゲームの立ち上がりは「自信があるならストップ、難しかったら深いレシーブからまずは守る」戦術に切り替えたと思います。0対0からはストップではなく長いツッツキで2ポイントを取りました。

板垣’S EYE

平野選手の「守れる自信」は凄いと思います。特に競った時にフォアに深くツッツキをしていますが、なかなか戦術的にもできないレシーブです。相手に打たせる事が試合でできる選手は強いです。

岡田選手も持ち味を発揮しました。目の覚めるようなバックミート、キレのあるフォアドライブは流石ですね。YGサーブに対するチキータレシーブは精度が高くなっているように感じました。

試合情報

選手名:平野 友樹(協和発酵キリン)vs 岡田 崚(岡谷市役所)
大会名:2017全日本実業団卓球選手権大会 男子 準々決勝
大会種別:国内、団体、シングルス
試合結果:平野3-1岡田

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう