【今日の1試合】注目のサウスポー対決!常晨晨(日本生命 )vs平野容子(豊田自動織機)|卓球動画


両選手の特徴

中国ナショナルチームでプレーしていた常選手。決して動きが大きい訳ではありませんが、コースをつくバックハンドと硬いブロック。打球点の高いフォアドライブとカウンタードライブ。やはり中国の一流選手は卓球の質が違います。

対するは、東京富士大学で活躍した平野選手。見所はサーブ3球目での回り込みフォアハンド攻撃です。左利きの特徴を生かしたバッククロス、バックストレートへ打ち分けるフォアハンドは破壊力満点です。

見どころ

強打の平野選手が同じサウスポーの常選手にどこまで戦えるのか。強打で押し切ることができるのか。それとも常選手が交わしきるのか。注目のサウスポー対決です。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第4ゲーム常選手3対1でのフォアのカウンタードライブでの得点です。
来日して間もないためか、まだボールや卓球台への対応がパーフェクトではない常選手。第1・第2ゲームこそ上手くかわしますが第3ゲームは平野選手のフォアクロスへの強打が炸裂します。

第4ゲーム序盤、このカウンタードライブで得点し、ようやくボールを「掴んだ」と思います。ここからは動きも軽快になり、ボールを拾いに行く時も駆け足になりリズムが出てきました。

板垣’S EYE

平野選手は検討したと思います。特に左対左でのフォア前サーブからの3球目攻撃は中国ナショナルチームの選手にも十分通用しています。今後、自分のストライクゾーンを外された時に一本つなぐボールを作り、持ち前の強打に結びつける戦い方ができるようになれば飛躍的に伸びると思います。

常選手の実力は折り紙付きです。日本選手の戦い方は中国同士とも違うので最初は戸惑う部分があるかもしれませんが、すぐに対応してくるのは間違いありません。

試合情報

選手名:常晨晨(日本生命)vs平野容子(豊田自動織機)
大会名:2017全日本実業団卓球選手権大会 女子 準々決勝
大会種別:国内、団体、シングルス
試合結果:常3-1平野

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう