【今日の1試合】「一撃パワードライブの川端」vs「フットワークの今西」の好ラリーに注目|卓球動画


監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

高校卓球界の雄・東山高校〜同志社大学でプレーした今西選手。数々の全国大会で活躍したプレーはフットワークを生かした攻撃的なプレーです。回り込んでのフォアハンドドライブは動きの速さ、打球点の速さともに一級品です。

対する川端選手は仙台育英高校〜日本大学で常にレギュラーとして活躍した選手。投げ上げサーブからの3球目攻撃は日本でもトップクラスの得点能力があります。ループドライブで繋ぐのではなく高い打球点でフルスイングしていくフォアドライブは一撃必殺のエースボールです。

見どころ

両者ともに何度も全国大会に出場し活躍してきた選手です。ハイレベルな対戦が、全日本実業団選手権で実現しました。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第4ゲーム12対12の場面での川端選手のレシーブ
ここまで、大序な場面ではYGサーブから3球目攻撃を何度も決めてきた今西選手。このジュースの攻防も当然YGサーブから得点を狙ってきます。

ここまでYGサーブに対するストップレシーブが、相手のチャンスボールになってしまっていたため、川端選手が選んだのは「低く深いツッツキレシーブ」でした。素晴らしい判断です。

難しいサーブを無理にストップし、台上からドライブを打たれてはブロックが難しくなります。深くツッツキをして、台の遠い所から打たせれば時間的にもブロックチャンスが生まれます。

板垣’S EYE

緊張感のある凄い試合でした。お互いに攻撃力もあり、ブロック力もあるため質の高い好ラリーの応酬でした。

最後に今西選手の回り込みドライブを避けるために先にフォアを攻めた川端選手が僅差で勝利しましたが、今西選手のフォアハンド連打も迫力があり素晴らしかったです。お互いの力を出し尽くした「ナイスゲーム」でした。

試合情報

大会名:2017全日本実業団卓球選手権大会 男子 3回戦
選手名: 今西健太郎(日本新薬)vs川端友(松戸市役所)
大会種別:団体戦、シングルス、国内、一般
試合結果:川端3-1今西

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう