【今日の1試合】「回り込みの北川」vs「両ハンドの小鉢」の高速卓球に注目 |卓球動画


監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

専修大学の中心選手として活躍した北川選手はバックサーブからの攻撃で先手を取り、早いピッチでの両ハンド攻撃に結びつけていく好選手です。動きの速さに加え、思い切った3球目での回り込みも持っているため、サーブを持った時の得点率が高い選手です。

対するは、東京富士大学の中心選手として鍛えこまれた小鉢選手。回り込みよりも両ハンドで先手を取り、得意なラリーに持ち込むタイプの選手です。フォアサーブからもバックサーブからも試合を組み立てることができるため、相手の技術を把握し試合の後半からも逆転することができる戦術眼を持った選手です。

見どころ

お互いに関東の名門大学のライバル選手として競い合ってきた両者が全日本実業団で再度対戦しました。

ピッチの速さが持ち味の二人ですが、回り込みを多くして先手を取りたい北川選手と両ハンドで先手を取りたい小鉢選手の試合の進め方は対照的です。
勝敗を分けたのはやはりサーブレシーブです。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第3ゲーム11対11の場面の小鉢選手のサーブ

ゲームカウント2対0北川選手リードの第3ゲームジュース。10対10で小鉢選手のバックサーブがネット、ネット、ネット。いずれもミドル前に出していますが、ネットのサーブを返す北川選手のリズムがボールに合っています。そこで小鉢選手は11対11の場面でバックにサーブを出しています。

北川選手は回り込みで先手を取りたいタイプですが、このサーブは先に攻撃できません。ここで小鉢選手が得点を取り大逆転のきっかけを掴みました。

板垣’S EYE

後半は小鉢選手が北川選手の回り込みを防いだり、打球点を落とさせたりしてペースを掴み大逆転勝ちをしました。

北川選手も前半はバックサーブからの回り込み攻撃が炸裂しペースを掴んでいただけに残念でしたが、5ゲーム目にもつれた時に流れを変えるサーブを身につけることができれば、更にバックサーブからの攻撃が生きてくると思います。
小鉢選手の大逆転は見事でした。

試合情報

大会名:2017全日本実業団卓球選手権女子 1回戦
選手名:小鉢友里恵(広島日野自動車)vs 北川真央(豊田自動織機)
大会種別:団体戦、シングルス、国内、一般
試合結果:小鉢3-2北川

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう