【今日の1試合】「粘りのカットマン久野」に「スーパールーキ馬場」が挑む|卓球動画


監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

関東学生リーグ中央大学で活躍した久野選手は粘り切るカットが魅力の選手です。一つ一つの技術が基本に忠実で、正確で華麗なカットを披露します。

対するは、東京選手権ジュニア女子シングルス優勝の実績を持つ大物ルーキー馬場選手。バック面の表ソフトの変化を生かしながら、回転量の多いパワフルなフォアドライブで得点を狙う選手です。

見どころ

お互いにほとんど凡ミスのない好選手同士の試合です。粘り切れる久野選手とカット攻略にも自信を持っている馬場選手の試合はゲームオールの白熱した試合展開になります。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第5ゲーム馬場選手2対0リードで、久野選手のフォアストレートへのドライブに対し、馬場選手がカウンタードライブで得点した場面。
久野選手が最も対応しにくかったボールは、馬場選手のバックのツッツキが浅くフォア前に浮いてきた時だと思います。このボールは表ソフトのボールらしく、切れたカットに対しては少し前進回転になり、ツッツキが浮いてしまうとフォアのドライブで得点されてしまいます。

浮いたボールをバックに攻撃すると表ソフトのブロックに捕まるため、ここでフォアへドライブを打ちますが、このボールまで馬場選手がカウンター。久野選手は攻撃をするコースがなくなり最後に迷いが出てしまいました。

板垣’S EYE

白熱したラリーの応酬は手に汗握る展開でした。馬場選手のミスのないカット攻略は見事です。また、久野選手の粘り切るカットも素晴らしいです。最後の最後に久野選手に迷いが出てしまいましたが、こういった展開にも対応できるようになれば戦術の幅が広がると思います。

試合情報

大会名:2017全日本実業団 女子 準々決勝
選手名:久野理世(十六銀行)vs馬場麻裕(アスモ)
大会種別:団体戦、シングルス、国内、一般
試合結果:久野2-3馬場

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう