【今日の1試合】注目の青森山田OB対決!町 飛鳥 (シチズン時計)vs池田 忠功(リコー) |卓球動画


両選手の特徴

小学校時代から同年代のトップを走り続けてきた町選手。全日本卓球選手権男子シングルスでも決勝戦に進出した日本を代表する選手です。恵まれた体躯から放たれる両ハンドドライブ、パワーボールでトドメを刺すまでの細かいプレーなど、彼の卓球に死角はありません。試合中の闘志あふれるプレー、そしてコートを離れれば人一倍優しい性格の町選手です。(外部ブログ:心優しきシルバーコレクター 町飛鳥前編中編後編)

対する池田選手は愛媛県出身ですが、中学1年生から10年間(大学4年生まで)私と一緒に青森で暮らした選手。決して器用さはありませんが、足を生かした大きな卓球とドイツで邱コーチから学んだ緻密な技術で実業団入り後も活躍しています。

見どころ

両者ともにやや台から離れての打ち合いが得意なだけに、随所に好ラリーが見られると思います。在学中は町選手の方がやや部が良かったと思いますが、この試合は?

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第2ゲーム町選手10対7での場面
試合ではサーブ3球目を対戦相手によってどのように組み立てていくかが大切です。自分の得意なところにレシーブを返させるようなサーブの配分が必要になります。

町選手は回り込んでの3球目攻撃に自信を持っています。つまり「自分のバックサイドにレシーブをさせるためにどうサーブを使い分けるか」さえ考えれば良いわけです。

第2ゲーム7対5で町選手はYGサーブを2本、10対6でもYGサーブです。ただ最後の10対7は同じモーションからバックへの横下回転サーブ。結果的にサービスエースですが、町選手は回り込んでいます。

町選手は「バックへのレシーブを判断してから回り込み」ではなく「このサーブの配分ならバックにレシーブが来る」と100%確信しての回り込みです。このようにサーブの後に卓球台全面を待つのではなく、どこに来る確率が高いかを知っていて「読んで」動ける選手がトップ選手と言えます。

板垣’S EYE

長いラリーでは互角で池田選手も動きの良さを見せましたが、サーブレシーブやラリーに入る前のボールの厳しさで町選手が上回った試合でした。
私も両者の試合を見ることができて嬉しかったです。両選手共動きにキレがあります。

試合情報

選手名:町 飛鳥 (シチズン時計)vs池田 忠功(リコー)
大会名:2017全日本実業団卓球選手権大会 男子 準決勝
大会種別:国内、団体、シングルス
試合結果:町3-0池田

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう