【今日の1試合】「オールラウンダー丹羽」vs「速攻の森」の攻防に注目|卓球動画


監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

全日本学生選手権女子シングルス3度の優勝実績を持つ丹羽選手。合わせる両ハンドではなく、チャンスがあれば振り抜くことができる両ハンド攻撃はセンス抜群です。前陣でも良し、中陣でも良しのプレースタイルは完成度の高いプレーを持っています。

対する森選手は明徳義塾高校〜早稲田大学で日本のトッププレーヤーとして活躍してきた名選手です。

見どころ

バランスの良い両ハンド攻守の丹羽選手対前陣速攻の森選手の試合は森選手のテンポの速いプレーに対し、丹羽選手がどういった戦術を使いゲームを作っていくのか。楽しみな試合です。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。

第2ゲーム丹羽選手10対11の場面でのツッツキレシーブ
何度も日本一のタイトルを掴んでいる丹羽選手は、流石に戦術を知っています。両面表ソフトでの速攻プレーを得意とする森選手ですが、「深いツッツキをフォアサイド」にレシーブされると一度持ち上げるために速攻のテンポがどうしても遅くなります。このような「色々な戦型に対しての基本的な戦い方」を知っているからこそ、何度もチャンピオンになっているのだと思います。

板垣’S EYE

第1ゲームの立ち上がりはバックへの深いツッツキに対応できなかった森選手ですが、すぐに回り込みに切り替えて追い上げるなど、流石に日本のトッププレーヤーです。苦手なボールに対して、どのように対応して自分のプレーを発揮していくか、この辺りの戦術転換の速さは素晴らしいです。

丹羽選手は豪快なバックドライブだけでなく、バックハンドでのミドル攻め、正確な台上技術も含め、流石チャンピオンという試合運びでした。

試合情報

大会名:2017全日本実業団卓球選手権大会 女子 1回戦 広島日野自動車 対 豊田自動織機
選手名:丹羽美里 対 森美紗樹
大会種別:団体戦、シングルス、国内、一般
試合結果:丹羽3-0森

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう