【今日の1試合】成本vs小道野 バック表同士の激しいラリーに注目|卓球動画


監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

四天王寺高校〜同志社大学で活躍した成本選手は先日行われたユニバーシアード大会女子ダブルスでも優勝した日本のトップ選手です。バック表ソフトの変化を生かし打球点の高いプレーで得点を狙っていく攻撃スタイルのプレーです。

対する小道野選手は横浜隼人高校〜早稲田大学で活躍し、全日本選手権でもランキング入りしている注目選手です。バック面表ソフトながら変化プレーよりも安定性を重視。プレー領域が広くラリー戦に強い選手です。

見どころ

多彩なサーブとバック表の変化からどんどん得点を狙っていく成本選手対安定した両ハンドで守りながら攻めに転じる小道野選手の試合は、両選手ともにバック表ソフトですが、攻め抜く成本選手対守りきる小道野選手の試合です。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第5ゲーム小道野選手2対3の場面
成本選手のバック面の表ソフトは変化幅が広く、先に強烈なスピンを打つと逆に回転を利用されて不利になってしまいます。
この場面から小道野選手は戦術を徹底しました。「自分が先にスピンをかけるチャンスがあればフォアにドライブをしてからラリーを始める」という戦術です。成本選手はフォアからカウンタードライブで対応してきますがこのボールは威力はあっても変化はしていないので自分も対応しやすいからです。3対3、5対4、8対5、9対6、10対6、勝負となるポイントは全て徹底した戦術でした。

板垣’S EYE

緊張感のある名勝負でした。ラリー戦で守りきれる小道野選手が僅差で勝利しましたが、成本選手も次の対戦では対応してくると思いますので、名勝負が続くと思います。

試合情報

大会名:2017全日本実業団卓球選手権大会 女子 準決勝
選手名:小道野 結(アスモ)vs 成本 綾海(中国電力)
大会種別:団体戦、シングルス、国内、一般
試合結果:小道野3-2成本

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう