監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

言わずと知れた日本卓球界の至宝・岸川聖也選手。国際大会から離れ、現在は国内のみでプレーしていますが、男子日本卓球界が苦しい時代に日本復活への足がかりを掴んでくれた功績は賞賛に値します。正確な台上技術、ボールを自由自在に操る両ハンド技術は現在の「日本男子シェーク両ハンドドライブ」の礎を築いてくれました。

対するのは、高校卓球界の雄・野田学園高校〜明治大学で常にレギュラーとして活躍してきた有延選手。豪快な両ハンドドライブで数々の国内タイトルを獲得してきた日本トッププレーヤーです。

見どころ

両選手ともに現・野田学園の橋津先生の教え子です。両ハンド・特にバック系技術の幅が広く、ブロック、カウンター、フルスイングと使い分ける技術は素晴らしいです。

先輩岸川選手に対しファイター有延選手がどう挑むのか注目の試合です。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第2ゲーム6対6での有延選手のポイント。
巧みなテクニックは国際大会から退いた現在でも健在な岸川選手のプレーは芸術と言えます。この場面ではフォアへの見事な横回転ブロックで有延選手を振り回します。しかし動きの良い有延選手は大きく飛びついてクロスにドライブを打ち込みます。

この回転量の多いドライブに対し、岸川選手が「ボールに合わず」ミスをしてしまいます。

世界中を転戦していた頃の岸川選手には考えられないミスで、この一球で有延選手の勢いに押されてしまった感があります。

板垣’S EYE

私も青森山田時代に対戦相手のベンチコーチとして幾度となく対戦した岸川選手・有延選手。

勝てなかった数の方が多く、リスペクトしている選手たちですので、今回彼らの試合の解説を担当させて頂き恐縮しています。

有延選手が長所である「向かっていく」プレーで岸川選手に勝利したのは素晴らしいと思います。全盛期よりプレーの精度が少し落ちたように見える岸川選手ですが、やはりその技術やボールタッチは芸術的です。

う〜ん、やっぱり聖也は凄い!

試合情報

大会名:2017全日本実業団卓球選手権大会 男子 準決勝
選手名:岸川聖也(ファースト)vs有延大夢(リコー)
大会種別:団体戦、シングルス、国内、一般
試合結果:有延3-0岸川

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう