監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

明治大学入学後にメキメキと頭角を現し、ハイレベルな全日本学生選手権で男子シングルス決勝に進出した「彗星のように現れた」滝沢選手。左利きの特徴を生かした両ハンドのカウンタープレーは爆発力を秘めています。

愛工大名電高校〜愛知工業大学でプレーし、団体日本一の立役者となった藤村選手。切れ味鋭い両ハンドドライブはで実業団入り後も大活躍を続けています。今年度の国民体育大会でも成年男子優勝の原動力になるなど、日本を代表するトッププレーヤーです。

見どころ

左利き同士の対戦です。パワーのある滝澤選手対キレのある藤村選手。楽しみな対戦です。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第4ゲーム滝澤選手2対6での場面
滝澤選手はバックのチキータを中心に先手を取り打球点の高いプレーで相手を追い込みます。藤村選手は一旦回り込んで先手を取ってからラリーに持ち込みます。この場面でのフォアへのロングサーブに対して滝澤選手は慌てずストレートへのドライブで得点し、この後は全てバックでレシーブし逆転勝ちを収めました。チキータをさせたくない藤村選手ですが、この一本で計算が狂ってしまい、逆に全てのサーブに対しバックで先手を取られていると感じました。

板垣’S EYE

滝澤選手強いです!少し荒いように見えるプレーもありますが、チキータで先手を取りながらチャンスがあればパワフルなフォアハンドで仕留めるプレーは「荒々しさ」があり魅力があります。

藤村選手はバックハンドも多彩なのですが、この試合に限っては回り込んでのレシーブが多かったように感じます。レシーブは安全なのですが、一気に得点する場面が少なく、押されてしまったように思いました。

試合情報

選手名:滝澤 拓真(岡谷市役所) vs 藤村 友也(日鉄住金物流)
大会名:2017全日本実業団卓球選手権大会 男子 5回戦
大会種別:団体戦、シングルス、国内、一般
試合結果:滝澤3-1藤村

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう