【今日の1試合】八木橋優(日野自動車)vs北村 祐馬(信号機材)|卓球動画


監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

鶴岡東高校〜中央大学でプレーした八木橋選手は青森県出身で、中学生まで私も何度もベンチコーチとして対戦しました。青森山田最強世代の一つである丹羽・吉田・町選手と同じ年齢の八木橋選手は、当時から力強いフォアハンドドライブで青森山田の選手と好勝負を繰り広げていました。

一方、愛工大名電高校〜愛知工業大学でプレーした北村選手は、的確なフォアハンドが持ち味の選手です。本当に努力家で、1球たりとも気を抜かないプレーはライバルチームから見ても尊敬の念を抱くほどでした。

見どころ

お互いにフットワーク力を生かしながらプレーする選手同士の試合はコートを広く使っての大きなラリー戦が期待されます。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。

第1ゲーム北村選手8対10での場面。
ナイスサーブです!現在、世界のほとんどのトップ選手が使っているYGサーブ。巻き込み系のサーブとは回転が同じですが、ボールの軌道が違い、また長短も判断されにくい「現代では最強のサーブ」だと思います。

北村選手のYGも凄く良いサーブで、レシーバーがイメージ通りにレシーブするのは簡単ではありません。この場面でのYGバックロングは滑るような軌道ではありませんが、それでも強くレシーブするのは簡単ではありません。また、このYGロングが出せれば、YGフォア前、YGバック前も数倍の威力を発揮します。

板垣’S EYE

両者ともに3球目でのフォアハンドを生かしたいですが、北村選手のYGの方が、八木橋選手の横下サーブよりもストップレシーブがされにくく、持ち味のフォアハンドを生かすことができたと思います。

八木橋選手のフォアハンドは威力があります。その長所を生かすサーブレシーブが身につけば、より卓球の幅が広がると思います。

試合情報

選手名:八木橋優(日野自動車)vs北村 祐馬(信号機材)
大会名:2017全日本実業団卓球選手権大会 男子 5回戦
大会種別:国内、団体、シングルス
試合結果:北村3-0八木橋

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう