監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

全国中学優勝、インターハイ優勝、全日本ダブルス優勝と輝かしい実績を持つ𠮷田選手。現在世界ランキング19位。押しも押されぬ世界のトッププレーヤーです。決して器用ではないですが、その努力と気持ちの強さは一緒に6年生活をした青森山田時代に私も尊敬の念を抱いた選手の一人です。

中学3年からドイツに渡り、5年間プレーをしましたが正に「サムライ雅己」と呼びたいと思います。特に団体戦での勝率は高く、その人望の厚さは彼の人柄を表していましたが、個人での成績もご覧の通りに日本代表としての確固たる地位の摑める場所まで上り詰めてきました。

仙台育英学園〜明治大学で活躍した軽部選手。両ハンドのカウンタープレーを得意としながら「日本一カット打ちのうまい選手」としてもその名を轟かせています。
弾くバックミートや硬いブロック技術など、前陣での切れ味鋭いプレーは日本のトップレベルです。

見どころ

両者ともに前陣〜中陣での両ハンドでプレーするため、テンポの速い高速ラリーが期待されますが、実力伯仲で、大接戦が予想されます。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第5ゲーム7対7の場面。
𠮷田選手、この緊迫した場面での4連打は「ミドル・ミドル・ストレート・クロス」。長くブンデスリーグでプレーした𠮷田選手はシェークの弱点を知っています。さすがです。一本でも両サイドに売っていれば軽部選手のスーパーブロックに捕まっていたかもしれません。9対9でのフォアサイドからのループもミドルへ浅く。あと数10センチだけフォアサイドに入っていたら軽部選手のカミソリカウンターのストライクゾーンでした。

板垣’S EYE

凄い試合の一言です!打てばカウンターを浴び、カウンターと狙い打って得点する。ほんの少し台上が甘くなれば即失点。カミソリ対カミソリのナイスゲーム!

試合情報

選手名:𠮷田 雅己(協和発酵キリン)vs軽部 隆介(シチズン時計)
大会名:2017全日本実業団卓球選手権大会 男子 決勝
大会種別:団体戦、シングルス、国内、一般
試合結果:𠮷田3-2軽部

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう