世界女王の丁寧が“マジック”を披露【卓球・ITTF Ask A Pro Anything】


*写真は丁寧(中国)

ITTFのオフィシャルYouTubeチャンネルの名物企画「ask a pro anything(プロになんでも聞いちゃおう)」をご存知でしょうか?

これはITTFの名物解説者、アダム・ボブロウ氏の陽気でフランクなキャラクターを活かして、世界中の卓球ファンから寄せられた質問・お願いに面白おかしく回答する企画です。

今回企画に登場したのは、2017年の世界卓球シングルス女王の丁寧選手(中国)。丁寧選手は2011年の世界卓球優勝を皮切りに、世界卓球、五輪、ワールドカップの3大大会を制す「大満貫」を達成した、女子で史上5人目の選手です。

日本女子の宿敵、中国の大黒柱の丁寧選手ですが、今回はファンの方のために特技の“マジック”を披露してくれました。丁寧選手の表情にも注目です。

丁寧が逆手でラリー

「(本来左利きの丁寧選手に対して)右打ちで卓球をしてみてください」とのお願いに対して、快諾した丁寧選手。早速アダムとラリーを始めますが、右利きかと思うほど自然なフォームでラリーが続いています。アダムがロビング(台から離れてボールを高く返球し、相手の攻撃までの時間を稼ぐ守備的な技)をあげるとさすがに連続でスマッシュは難しかったようで、ミスをしてしまいました。

昨日紹介したティモボルも逆手が得意な選手ですが、丁寧選手もかなり逆手が得意なようですね。プロの選手は皆上手なのでしょうか。

丁寧が“マジック”を披露

ask a pro anythingの定番の質問でもある「みんなが知らない丁寧選手の特技って何かありますか」に対して丁寧選手は自信満々に「マジックだよ」と回答。アダムも驚いた様子で「マジック?じゃあ見せてよ」と丁寧にお願いします。

丁寧選手が左手にブドウを1粒出して見せると、アダムが「それを消すってこと?」と質問。丁寧選手はそうだよと頷き、なんとそれを素早く口に放り込み、見事消して見せたかのように振舞っています。このユーモア溢れる丁寧選手の“マジック”にアダムも舌を巻いていました。

最後の「I’ll come back!」が可愛らしい

インタビューの最後、アダムが「ワールドツアー、これからもお見逃しなく!」というと丁寧がすかさず「I’ll come back!(世界の舞台に戻ってくるからね!)」 とノリノリで視聴者に宣言してきました。

今まで団体の決勝戦にて何度も日本女子を阻んできた宿敵でもある丁寧選手ですが、このインタビュー中は常にニコニコ。試合の時に見せる絶対王者の雰囲気を全く感じさせませんでした。

卓球のプレーのみならず、素顔も魅力的な丁寧選手にこれからも注目です。

文:ラリーズ編集部
写真:ロイター/アフロ

関連リンク

“ドイツの皇帝”ティモ・ボル選手が逆手で卓球対決【卓球・ITTF Ask A Pro Anything】
水谷隼が2つの秘技を披露【卓球・ITTF Ask A Pro Anything】
石川佳純が映画の予告に挑戦【卓球・ITTF Ask A Pro Anything】
福原愛選手がアダムとにらめっこ対決で笑いが止まらない【卓球・ITTF Ask A Pro Anything】
早田ひな選手が“ブルゾンちえみ”のネタをパロディ【卓球・ITTF Ask A Pro Anything】

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする