【新連載 ピンポンWedding#1 大矢英俊・未早希】出会いは卓球USオープン


Rallysのメディアステートメントは「卓球は人をつなぐ」だ。

ならば本当に卓球を通してつながった人たちに話を聞いてみたい!

そこで卓球が縁でつながっている夫婦にインタビューを実施。「新婚さんいらっしゃい!」ならぬ「ピンポンさん、いらっしゃい!」的な企画としてピンポンWeddingをシリーズ化する。

第1回目となる今回は夫婦ともに「卓球日本一」を経験している大矢夫妻だ。卓球の魅力、夫婦の出会い、「2人にとって卓球とは何か」などを答えて頂いた。

出会いのきっかけはUSオープン。英俊さんの方から一目惚れし「パワードライブより早いスピードで猛アタックした」という2人。いったいどんな経緯で“卓球結婚”へと至ったのだろうか。まずは2人に話を聞いてみよう。

妻・大矢未早希(27)サンリツ
MISAKI OHYA

全日本選手権ダブルス優勝時の妻・未早希(写真中央)。写真左は近藤欽二サンリツ監督、右はパートナーの天野優選手

戦績:
全日本選手権ダブルス優勝
全日本社会人ダブルス優勝(2連覇)
全日本大学選手権ダブルス優勝(2回)

卓球をはじめたきっかけ:
祖母の影響

好きな卓球選手:
上田仁(Tリーグ・岡山リベッツ)

夫・大矢英俊(30)東京アート
HIDETOSHI OHYA

夫・英俊は30歳を過ぎた今も超攻撃的で闘争心むき出しの卓球スタイルを貫く

戦績:
世界卓球団体 銅メダル
全日本大学選抜シングルス 優勝
全日本選手権シングルス3位(3回)
ジャパントップ12 準優勝(2回)
東京選手権シングルス優勝

卓球をはじめたきっかけ:
父の影響

好きな卓球選手:
クレアンガ(ギリシャ)

妻25歳、夫27歳のときに結婚。結婚から2年後の今夏、結婚式を挙げた。

2人の結婚式には卓球選手が大集合(写真本人提供)

ー2人にとって卓球とは?

お互いを高めてくれる存在ですね。

ー2人で卓球はしますか?

実は過去に一度だけあるんです。夫が試合前に不調だったとき妻が夫の練習場に来て練習相手になったことがあって。

ーどっちの方が卓球強い?

シングルスは夫、ダブルスだと…妻ですかね。

未早希さん:「結婚したら弱くなった」は言われたくない

妻の未早希さんによると結婚の決め手は「一生幸せにします」という英俊さんからの一言だそう。まさに卓球も恋愛も押しの一手。いやぁ見習わないと…!一方、結婚したことで、未早希さんの卓球への思いも変わったという。「現役時代は結婚したから弱くなったと言われたくなかったんです。なのでより一層頑張れました」。卓球が結婚生活を豊かにし、結婚で卓球も強くなる。まさにいい事だらけである。

一方の英俊さんはどうだろう。

英俊さん:妻のために勝ちたい、というプレッシャー

実は未早希さんと付き合うにつれて「“この人となら人生楽しく生きていけそう!”と直感が働いたんです」とほっこりする理由を明かしてくれた。ただ、未早希さんは卓球選手でもあり、妻でもある。同じスポーツを夫婦でするのはどういう心境なのだろうか。「“妻の為に勝ちたい”といい意味でのプレッシャーを力に変えている」と秘訣を語る。

最後にお互いへメッセージ

英俊さん:まだまだ卓球選手として頑張るので一回で良いから僕の近くで応援してください。引き続き朝食、夜食も宜しくお願い致します!

未早希さん:悔いの残らないように全力でやりたい事をやってください!

USオープンがきっかけで生まれた1組の「卓球夫婦」。2人のラリーの行く末が楽しみだ。

※Rallysでは卓球が縁で結婚したご夫婦に話を聞いています。ぜひお話をお聞かせいただける方々はこちらまでご連絡ください。

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする