ラリーズ・今週の卓球動画再生回数ランキング(9月23日~29日)


文:ラリーズ編集部

Rallys-pingpong Official Channelの中で再生回数の多かった卓球動画TOP5を毎週ご紹介する「今週の卓球動画再生回数ランキング」。

コアな卓球ファンからの支持を受けた年代別決勝がTOP3を独占。往年の名選手、坂本憲一の年代別決勝が1位となった。

第1位:坂本 憲一vs山田昭仁 2017東京卓球選手権 男子フィフティ 決勝


見どころ:
同じペン表ソフトを使う両者ですが、戦い方は全く異なります。打ちに行く山田選手対守りから攻めへ転換する坂本選手。表ソフト同士の試合は速いテンポで試合が進みます。

第2位:渡部将史vs藤本貴史 2017東京卓球選手権大会 男子フォーティ 決勝


見どころ:
名門東山高校OB対決です。守備力の高い両者の試合は白熱の好ラリーが続出です。40歳とは思えない高度な技術の応酬も見応えがあります。

第3位:荻原典和vs三田村宗明 2017東京卓球選手権 男子サーティ 決勝


見どころ:
やや打球点を落としながらも快速フットワークを生かし攻め続ける三田村選手と、堅実なバックの攻守から打球点の高いフォアハンドでトドメを刺す荻原選手。同じ右シェークドライブですが戦い方の異なる両選手の決勝戦は見所十分の試合です。

第4位:田添響vs三浦健太郎 2017関東学生卓球選手権 男子シングルス 決勝


見どころ:
同じ右シェーク両ハンド攻撃選手同士の決勝戦。高い打球点で攻める三浦選手と、距離をとって豪快なバックドライブを打ち込む田添選手のプレー領域の違いに注目です。

第5位:宇田幸矢vs張一博 2017東京卓球選手権 男子シングルス 決勝


見どころ:
宇田選手の得意なバックドライブを鉄壁のバックブロックでことごくカウンターブロックする張選手。若手の挑戦を跳ね返すのが得意な張選手に対し、宇田選手はどう戦うのか!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう