【卓球・今日は何の日?】17歳・平野美宇が中国3連破V "ハリケーンヒラノ"誕生 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:2017年アジア選手権優勝の平野美宇(日本生命)/撮影:Imaginechina/アフロ

卓球トピック 【卓球・今日は何の日?】17歳・平野美宇が中国3連破V “ハリケーンヒラノ”誕生

2020.04.15 文:ラリーズ編集部

4月15日、国際卓球連盟(ITTF)がHP上で「On this day: Miu Hirano Asian champion」というタイトルで平野美宇(日本生命)のアジア選手権優勝を取り上げた。3年前の4月15日、17歳の誕生日の翌日に平野がアジア選手権で優勝し、世界の卓球界を驚かせたためだ。

>>平野美宇、春カラーまとう ファンからは「更にキレイに」と大好評

当時世界ランキング1位・丁寧にバースデー勝利

2017年4月に中国で開催されたアジア選手権で、平野は歴史に名を刻む勝利を挙げた。

14日、17歳の誕生日に平野は4回戦でチャイニーズタイペイのエース、鄭怡静(チェンイージン)をゲームカウント3-0のストレートで下すと、続く準々決勝で当時世界ランキング1位だった丁寧(ディンニン・中国)にゲームカウント0-2の窮地から劇的な逆転勝ちを収めた。第3ゲーム、第4ゲームで5回以上のマッチポイントを凌いでのバースデー勝利となった。


写真:2017年アジア選手権の平野美宇(日本生命)/提供:ittfworld

試合後に平野も「今日は私にとってとても思い出深い誕生日になりました」と感慨深く振り返った。

“ハリケーンヒラノ”誕生

続く15日、準決勝で同2位の朱雨玲(ジュユリン・中国)からストレート勝ちを収め、平野の勢いは止まらない。ついに決勝では中国の陳夢(チェンムン)をもストレートで下し、アジア選手権を制した。中国選手に3連破し、日本女子としては1974年の枝野とみえ、1996年の小山ちれに次ぐ3人目のアジア女王となった。


写真:2017年アジア選手権優勝の平野美宇(日本生命)/撮影:新華社/アフロ

平野の高速打点で畳みかけ、相手を置き去りにする両ハンドは“ハリケーンヒラノ”と形容され、日本だけでなく世界の卓球界に名を轟かせた。

「今回の優勝はとても嬉しいし驚いています。3人連続で中国選手を倒せるとは思ってもいませんでした」と平野自身も驚きを交えながら振り返った。

続く6月の世界卓球では、準決勝で丁寧にリベンジを許すも3位に入賞し、日本女子シングルスとして48年ぶりのメダルを獲得した。2017年は平野にとって躍進の年となった。

14日に誕生日を迎え、卓球界からも祝福の声が寄せられていた平野。17歳の躍進から3年が経ち、20歳となった今、どのような卓球で我々を驚かせてくれるのか。国際大会再開後の平野の戦いぶりが楽しみだ。

>>五輪初出場も実績十分 東京で“平野旋風”再び|五輪代表活躍プレイバック・平野美宇編

男子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt