夏の夢舞台インターハイ、初の中止決定 新型コロナウイルス感染拡大の影響で | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:「卓球は人をつなぐ」Rallys/提供:西泰宏

卓球トピック 夏の夢舞台インターハイ、初の中止決定 新型コロナウイルス感染拡大の影響で

2020.04.27 文:ラリーズ編集部

26日、全国高等学校体育連盟は、全国高校総体(インターハイ)の中止を発表した。オンラインで実施された臨時理事会で、新型コロナウイルスの感染リスクを考慮し初の中止が決まった。

3月の高校選抜卓球大会に続き全国の舞台が中止に

インターハイは、1963年から毎年開催されてきた高校生にとっての夏の祭典であるが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止の措置がとられた。

当初、東京五輪・パラ五輪開催が予定されていたため、インターハイは北関東含む全国21府県で分散開催される計画が立てられており、8月10~15日に岩手県・奥州市総合体育館で卓球競技は開催が予定されていた。

全国の高校生アスリートの夢舞台であるインターハイは、卓球界では元日本代表の宋海偉(吉田海偉)と岸川聖也のシングルス3連覇を筆頭に、水谷隼、丹羽孝希らが優勝を果たし、世界へ羽ばたいていった、いわば卓球界の登竜門。現在、男子団体では愛工大名電高が4連覇、女子団体では四天王寺高が7連覇という成績を残していた。

インターハイ2019年の大会報道記事

>>インターハイ2019年の大会報道記事

男子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt