【今週の卓球】松平健太、ファースト所属契約 強烈バックハンドも披露 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:松平健太(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部

卓球トピック 【今週の卓球】松平健太、ファースト所属契約 強烈バックハンドも披露

2020.06.22 文:ラリーズ編集部

6月15日週にあった主な卓球トピックを紹介する。

>>元卓球日本代表・松平健太、学生にエール 「次に向けてやることが大事」

松平健太、所属契約

元卓球日本代表・松平健太が、株式会社ファースト(代表取締役/浜野浩)と所属契約を締結した。

動画:松平健太の強烈バックハンド/撮影:ラリーズ編集部

ファースト運営の岸川聖也卓球スクールにて行われた調印式で松平は「大会が次々なくなっていく中で、どこまで貢献できるかわからないですが、大会がなくてもいろんな活動でファーストさんに貢献できるようにしたい。そして、大会が始まったらそこで結果が出せるように日々練習を取り組んでいこうと思っています」と力強く意気込んだ。

Tリーグ選手契約

トップおとめピンポンズ名古屋

卓球Tリーグ女子・トップおとめピンポンズ名古屋は、チャイニーズタイペイのエース、鄭怡静(チェンイーチン・4月世界ランキング8位)とサードシーズンの契約に合意したことを発表した。


写真:鄭怡静(トップおとめピンポンズ名古屋)/提供:©T.LEAGUE

Tリーグセカンドシーズンでは、シングルス2勝ながら石川佳純、加藤美優から勝利をあげ、Sランク選手としての実力を見せつけた。サードシーズンでの鄭怡静のプレーにも注目だ。

日本卓球協会、新役員選出

日本卓球協会は21日、2020年度第1回評議員会・第2回臨時理事会を行い、2020・2021年度役員が決定したことを発表した。会長の藤重貞慶氏は再任となり4期目となる。


写真:藤重貞慶氏/撮影:ラリーズ編集部

23名の役員の中で、日本学生卓球連盟の副理事長の濵田美穂氏や日本卓球協会アスリート委員会委員長の岸田聡子氏ら計4名、17%を女性が構成することになった。

国内大会の中止

日本卓球協会は15日、2020年全日本卓球選手権大会(カデットの部)と全国レディース大会ブロック10月大会の2大会の中止を発表した。既に中止を決定している13大会に加え、今年は15大会が中止となっている。

さらに、関東学生卓球連盟は、新型コロナウイルスの影響により、9月に予定されていた秋季関東学生卓球リーグを中止にすることを発表した。

現在、国内外問わず多くの卓球大会が中止・延期が相次いでおり、事態の早期収束が望まれる。

ドイツの卓球大会

ブンデスリーガプレーオフ

ドイツの卓球ブンデスリーガでは、プレーオフ決勝が行われ、レギュラーシーズン1位のザールブリュッケンが3位のオクセンハウゼンを3-1で下し、初優勝を決めた。


写真:元中国代表の尚坤/提供:ittfworld

今シーズンからブンデスリーガに参戦し、シーズン個人成績1位の結果を残した尚坤の活躍もあり、ザールブリュッケンは嬉しいブンデスリーガ初タイトルを獲得した。

デュッセルドルフ・マスターズ

6月15日~6月17日でデュッセルドルフ・マスターズ第3戦が行われ、ドイツのドミトリ・オフチャロフ(最新卓球世界ランキング11位)が第2戦に続き優勝を果たした。


写真:ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)/提供:ittfworld

デュッセルドルフ・マスターズとは、ドイツ卓球連盟の支援のもと、ブンデスリーガの強豪チームであるボルシア・デュッセルドルフが主催しているシングルスの大会。第1戦はティモ・ボル(ドイツ)が、第2戦はオフチャロフが優勝に輝いていた。

>>丹羽孝希、昨季最下位岡山へ電撃移籍 “T史上初”3チーム目の所属

6月15日週の人気動画はこちら

男子ランキング
2020.12.01
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.01
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt