【今週の卓球】丹羽孝希が入籍発表 2020年度後期男女ナショナルチームも決まる | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:T2ダイヤモンドでの丹羽孝希(スヴェンソン)/撮影:ラリーズ編集部

卓球トピック 【今週の卓球】丹羽孝希が入籍発表 2020年度後期男女ナショナルチームも決まる

2020.10.05 文:ラリーズ編集部

9月28日週にあった主な卓球トピックを紹介する。

>>丹羽孝希の結婚報道が話題に(9/28-10/4アクセスランキング)

丹羽孝希、入籍

卓球日本代表で東京五輪日本代表にも内定している丹羽孝希(スヴェンソン)が1日、一般女性と入籍したことを所属先のスヴェンソンホールディングスが発表した。


写真:丹羽孝希(スヴェンソン)/撮影:ラリーズ編集部

丹羽はスヴェンソンを通じて「私事ですが5年間交際していました、一般女性の方と2020年10月1日に入籍いたしました。2人で幸せな家庭を築くとともに、プロの卓球選手としても目標に向かって頑張っていきます。今後とも、皆様の変わらぬご声援をよろしくお願いいたします」とコメントを発表した。なお、結婚相手は一般女性のため、相手の氏名、年齢等は公表を控えるという。

2020年度後期男女ナショナルチーム

公益財団法人日本卓球協会は1日、2020年度後期男女ナショナルチーム(NT)選手および候補選手を発表した。


写真:伊藤美誠/提供:ittfworld

男女NT選手6名ずつには変わりはなく、男子NT候補選手に吉村真晴(愛知ダイハツ)が加わり23名、女子NT候補選手は前期から変わらず10名が名を連ねた。

>>男女NT・NT候補選手一覧はこちら

2023年世界卓球は南アフリカ・ダーバン

28日、国際卓球連盟(ITTF)は年次総会を開催し、2023年の世界選手権の開催地が南アフリカ・ダーバンに決定した。南アフリカで世界卓球が開催されるのは初となり、アフリカ大陸での開催は、1939年エジプト・カイロ以来となる。

今回の投票でダーバンは90票(69.77%)を獲得し、もう一つの候補地であるドイツ・デュッセルドルフの39票(30.23%)を上回った。

9月28日週の特集

俺の卓球ギア

>>楊奇真(関西学院大)の用具紹介|俺の卓球ギア#79

>>鈴木笙(静岡学園高)の用具紹介|俺の卓球ギア#80

>>佐々木盛将(同志社大学)の用具紹介|俺の卓球ギア#81

卓球の再開を考える

>>卓球の再開を考える(1)コロナ禍の卓球界 一時活動中断と再開の実態

男子ランキング
2020.10.19
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.10.19
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt