日本卓球協会、11月末のスウェーデンオープンへ選手非派遣を発表 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:「卓球は人をつなぐ」Rallys/提供:西泰宏

卓球トピック 日本卓球協会、11月末のスウェーデンオープンへ選手非派遣を発表

2020.10.22 文:ラリーズ編集部

日本卓球協会は22日、国際卓球連盟(ITTF)のイベントカレンダーへ新たに掲載されたスウェーデンオープンについて、選手を派遣しないことを決定したとホームページ上で発表した。

スウェーデンオープンに非派遣

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2020年10月にストックホルムで開催予定だったスウェーデンオープンは延期となっていた。しかし、最近になって、ITTFは11月30日~12月5日の日程でヘルシンボリ開催とイベントスケジュールに掲載した。

日本卓球協会によると、10月21日にスウェーデン卓球協会へ直接問い合わせたところ、参加申し込み締切りは10月26日である、との回答があり、招待状の来ていない点、ITTFサイトから大会要領へは進めない理由については不明となっており、細部の情報がつかめない状況だという。

さらに、
1.スウェーデンは、新型コロナウイルス感染症に対して、集団免疫を獲得する施策をとっており、選手・スタッフの安心・安全を確保できない。
2.スウェーデンは、日本からの入国禁止措置を本年3月から10月末日まで継続して実施しており、このままでは入国が拒否される可能性がある。
3.外務省の感染症危険情報では、 レベル3(渡航中止勧告)が継続して発出されている。
4.ITTF及びスウェーデンからの招待がない。ITTFのHP上でも掲載されましたが、10月22日現在、大会要領へ進むことが出来ない。

と上記4点から、日本卓球協会としての選手派遣は行わないことを決めたという。

2019年大会では日本勢が好成績

2019年のスウェーデンオープンでは、伊藤美誠(スターツ)が女子シングルス準優勝、石川佳純(全農)/平野美宇(日本生命)が女子ダブルス準優勝、水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠が混合ダブルス準優勝と日本勢が好成績を収めていた。

平野/石川ペア
写真:2019スウェーデンOPの平野美宇(写真右)と石川佳純(写真左)/提供:ittfworld

ITTFは国際大会を11月から再開。#RESTARTシリーズとして、8日から女子W杯、13日から男子W杯、19日からITTFファイナルを開催予定で、日本からも伊藤、石川、張本智和(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)、佐藤瞳(ミキハウス)、加藤美優(日本ペイントホールディングス)が招待されている。

>>水谷隼「3連覇達成できるように」 木下マイスター東京から3季目もT参戦

男子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt