卓球・ヨーロッパTOP16カップ、東京五輪後に延期 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:「卓球は人をつなぐ」Rallys/提供:西泰宏

卓球トピック 卓球・ヨーロッパTOP16カップ、東京五輪後に延期

2020.10.27 文:ラリーズ編集部

ヨーロッパ卓球連合(ETTU)は26日、2021年2月にスイス・モントルーで開催予定だったヨーロッパトップ16カップを東京五輪後に延期することを発表した。

ヨーロッパトップ16カップが延期

スイスの新型コロナウイルスパンデミックの状況とスイス当局による制限を考慮したスイス卓球協会からの要請を受け、ETTUは、2021年2月にモントルーで開催予定のヨーロッパトップ16カップを、東京五輪後の日程に延期することで合意した。

ヨーロッパトップ16カップは、ヨーロッパ各国の実力者が集うシングルスの大会で、2020年2月に行われた大会では、男子はティモ・ボル(ドイツ)、女子はペトリッサ・ゾルヤ(ドイツ)が優勝を果たしていた。

昨年の結果はこちら

>>衰え知らずのドイツの皇帝 38歳ティモ・ボルが7度目優勝<卓球・ヨーロッパTOP16カップ>

男子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt