世界5位・ケンブリッジ大学の学生がイングランド代表に "英国連邦の五輪"コモンウェルスゲームズに出場へ | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:シャーロット・バーズリー(イングランド)/提供:ETTU

卓球ニュース 世界5位・ケンブリッジ大学の学生がイングランド代表に “英国連邦の五輪”コモンウェルスゲームズに出場へ

2022.07.24

文:ラリーズ編集部

世界屈指の名門・ケンブリッジ大学に通うシャーロット・バーズリー(イングランド)が、コモンウェルスゲームズのイングランド代表に選出された。

20歳のケンブリッジ大生がイングランド代表に

コモンウェルスゲームズは、英国連邦の国と地域が参加する総合競技大会で、4年に一度開催されることから“英国連邦の五輪”とも呼ばれている。


写真:リアム・ピッチフォード(イングランド)/提供:WTT

2022年大会のイングランド代表には、リアム・ピッチフォードやポール・ドリンコール、ホー・ティンティンといった世界選手権や五輪に出場した経験を持つ選手が選出されている。

そんな彼らと共に、コモンウェルスゲームズ2022年大会のイングランド女子代表に選出されたのが、20歳のシャーロット・バーズリーだ。


写真:シャーロット・バーズリー(イングランド)/提供:イングランド卓球協会

バーズリーはイングランド国内選手権U-21で優勝、一般の部で3位に輝いた実力者であり、ケンブリッジ大学に通う大学生でもある。

ケンブリッジ大学はTHE(Times Higher Education)が発表している世界大学ランキング2022年版で5位にランクインする世界屈指の名門大学。そこに通いながらイングランド代表に選出されるということが、どれほどの偉業であるかは想像に難くない。

なお、2022年のコモンウェルスゲームズは7月28日~8月8日の日程で開催され、卓球競技は男女シングルス、男女・混合ダブルス、男女団体の計7種目が行われる。文武両道を極めたバーズリーは、果たしてどこまで勝ち上がることができるのか。

ケンブリッジ大学のInstagram

コモンウェルスゲームズイングランド代表(卓球競技)

男子

リアム・ピッチフォード
ポール・ドリンコール
トム・ジャービス
サムエル・ウォーカー

女子

ホー・ティンティン
シャーロット・バーズリー
モーリー・パターソン
Maria TSAPTSINOS

2022年コモンウェルスゲームズ参加国

アンギラ
アンティグア・バーブーダ
オーストラリア
バハマ
バングラディシュ
バルバドス
ベリーズ
バルミューダ
ボツワナ
イギリス領ヴァージン諸島
ブルネイ
カメルーン
カナダ
ケイマン諸島
クック諸島
キプロス
ドミニカ
イングランド
エスワティニ
フォークランド諸島
フィジー
ガーナ
ジブラルタル
グレナダ
ガーンジー
ガイアナ
インド
マン島
ジャマイカ
ジャージー
ケニア
キリバス
レソト
マラウイ
マレーシア
モルディブ
マルタ島
モーリシャス
モントセラト
モザンビーク
ナミビア
ナウル
ニュージーランド
ナイジェリア
ニウエ
ノーフォーク島
北アイルランド
パキスタン
パプアニューギニア
ルワンダ
サモア
スコットランド
セーシェル
シエラレオネ
シンガポール
ソロモン諸島
南アフリカ
スリランカ
セントヘレナ
セントクリストファー・ネイビス
セントルシア
セントヴィンセント・グレナディーン
タンザニア
ガンビア
トンガ
トリニダード・トバゴ
タークス・カイコス諸島
ツバル
ウガンダ
バヌアツ
ウェールズ
ザンビア

関連記事

>>T.T彩たま、“日本人キラー”のイングランド代表・ピッチフォードと契約更新

男子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
樊振東(中国)
5500 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3020 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5580 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1540 pt