「パリ五輪優勝のために」東京五輪金メダリスト・伊藤美誠、日本生命レッドエルフからTリーグ参戦へ | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:伊藤美誠入団記者会見の様子/提供:スターツ

卓球ニュース 「パリ五輪優勝のために」東京五輪金メダリスト・伊藤美誠、日本生命レッドエルフからTリーグ参戦へ

2022.07.27

文:ラリーズ編集部

27日、卓球Tリーグ女子の日本生命レッドエルフは、東京五輪混合ダブルス金メダリストの伊藤美誠(スターツ所属)と2022-2023シーズンの選手契約を締結したことを発表した。

待望のTリーグ参戦

これまで海外大会を中心に活動していた伊藤は、過去4シーズンのTリーグには一度も参戦していなかったが、「パリ五輪優勝」という目標を達成するために今回自身初のTリーグ参戦を決めた。

伊藤が参戦する日本生命レッドエルフは現在リーグ4連覇中の強豪クラブで、同じ日本代表の早田ひなや2021年まで中国ナショナルチームに所属していた李佳燚(リジャイ・中国)など、ワールドクラスの選手が所属している。そんな日本生命レッドエルフにとって、伊藤の加入は大きなアドバンテージとなることは間違いない。

また、26日に行われた会見で伊藤は「Tリーグにも参戦しながら自分自身も成長できるように、世界ランキング1位と国内選考会の1位を目指して頑張りたい」と、Tリーグ参戦の抱負を述べた。なお、伊藤の背番号は「99」となり、ユニフォーム記載名は「MIMA」となることも併せて発表されている。

伊藤美誠コメント


写真:伊藤美誠入団記者会見の様子/提供:スターツ

私自身Tリーグに東京五輪前に参戦するということはありませんでした。東京五輪に向けて優勝するには何が必要かと考えたときに、海外の大会に出て世界ランキングを上げて、五輪で中国選手を倒すということだったので、Tリーグ参戦を見送りました。

今回、パリ五輪の選考の1つとして日本卓球協会さんから「日本人ランキングポイントが必要になる」と言われて、私自身Tリーグに出場しないと難しい状態になっているなと思っていました。そして、ちょうどそのときに村上監督からお話をいただいて、すごく熱意が伝わってきました。

しかし、Tリーグに参戦するかしないかといのは自分自身が目標を定めないと可能ではないことです。なので、パリ五輪に出場して優勝するという目標を置かないと、Tリーグに参戦することはなかったと思います。そういう目標を置いたことで、Tリーグに参戦したい、村上さんの元で参戦したいと思いました。

海外での試合にも出るので、Tリーグに出るときも出られないときもあると思います。その中で、世界ランキングも上げながら国内での日本人ポイントを上げて、海外でも国内でも勝てる選手になりたいと思っています。

現時点では(今後の五輪選考が)どうなるかわからないので、海外でも国内でもずば抜けて1位を獲って(五輪に)出場できるように頑張りたいと思います。

Tリーグにも参戦しながら自分自身も成長できるように、世界ランキング1位と国内選考会の1位を目指して頑張りたいと思います。

伊藤美誠質疑応答

加入にあたって早田選手の存在は大きかったか?

Tリーグに出ると決めたときに、村上さんと早田選手の存在はすごく大きかったですし、Tリーグ出るなら日本生命さんから出たいという気持ちはすごくあって。監督と選手に恵まれたかなと思います。

Tリーグで成し遂げたいこと、Tリーグがどう発展していってほしいか

確実に日本生命さんの5連覇を皆さんと一緒に獲りたいという気持ちもありますし、私自身が出る大会、出る試合ですべて勝つことが目標です。

Tリーグに出たときに試合を見て欲しいという気持ちと、お客さんにもっともっと間近で1人1人の目で試合を見て欲しいという気持ちがあります。それが私のやるべきことというわけではないですけど、私が試合で勝つことによって何か変わってくるんじゃないかと思いますので、皆さんに試合を見て欲しいです。

パリ五輪まで残り2年となったが、今の目標と心境は?

今は良い状態で、気持ち的にもリラックスして卓球ができていて、海外の試合では自分の今できることをやれているので、国内でも自分ができることをやりたいなと思っています。あとは、(五輪の)選考が最終的に決まったときに国内でも海外でも大丈夫なようにしておきたいです。

それは、日々の練習の積み重ねでもありますし、「これだけやってきたから大丈夫」と言えるような状態で1日1日やり切れているので、次の国内大会に向けて、国内こそ「海外のように練習してきたから大丈夫」という状態に持って行きたいと思います。

村上恭和総監督コメント


写真:伊藤美誠入団記者会見の様子/提供:スターツ

日本の卓球界にとっても、伊藤選手がTリーグに出場していただく意義はとても大きいと思います。20試合の中で国際大会と調整しながらできる限り出ていただいて、日本の卓球の強化と普及を伊藤選手と一緒に頑張っていきたいと思います。

村上恭和総監督質疑応答

伊藤美誠はどんな選手?

小学校4年生のときに日本生命の体育館に初めて練習に来てくれて、そこから長く付き合いがあります。リオ五輪、世界卓球の団体戦といった、誰もが緊張するところで常に自分の力を発揮できる心臓の強さを伊藤選手には感じております。

Tリーグ5連覇に向けて

昨シーズン2位の日本ペイントマレッツ、4位の木下アビエル神奈川が補強をして、今シーズンは5連覇は難しいなと感じておりましたが、伊藤選手の加入で少し安心しているところです。

伊藤選手の加入でチームに期待することは?

クレバーな伊藤選手の試合を一緒にベンチから見て、戦術や戦略をみんなで共有して学べるということもありますし、これまではエースの早田選手が常にビクトリーマッチに出てきましたが、伊藤選手の加入でその緊張感からも少し解放され、お互いリラックスしてプレーできると考えております。

日本生命レッドエルフ2022-2023シーズン所属選手(7/27時点)

森さくら
上澤杏音
笹尾明日香
李佳燚(リジャイ・中国)
麻生麗名
于梦雨(ユモンユ・シンガポール)
由本楓羽
皆川優香
篠原夢空
赤江夏星
早田ひな
伊藤美誠

特集・日本生命レッドエルフ第2弾 なぜ日本生命は強いのか?(2021年5月公開)

>>指導者、ジュニアカメンバーのインタビュー!日本生命レッドエルフ特集

男子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
樊振東(中国)
5500 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3020 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5580 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1540 pt