東京五輪4位の于梦雨が現役引退を表明 「何度も諦めようと思いながらも戦い続けた」 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:于梦雨(ユモンユ・シンガポール)/提供:ITTF

卓球ニュース 東京五輪4位の于梦雨が現役引退を表明 「何度も諦めようと思いながらも戦い続けた」

2022.03.24

文:ラリーズ編集部

東京五輪女子シングルス4位にも輝いたシンガポール代表の于梦雨(ユモンユ)が、自身のSNSで現役引退を表明した。

自身のSNSで現役引退を表明

3月22日、シンガポール代表の于梦雨が自身のSNSで現役引退を表明。「今はさようならを言う時で、これは私の人生で非常に重要な瞬間です」などと綴った。


写真:于梦雨(ユモンユ・シンガポール)/提供:ITTF

現在32歳の于梦雨は、シンガポール代表としてリオ五輪と東京五輪に出場。リオ五輪ではシングルスベスト8、団体ベスト4、東京五輪ではシングルスベスト4、団体ベスト8という輝かしい成績を残した。また、2019-2020シーズンからはTリーグの日本生命レッドエルフでもプレーし、力強いプレーで多くのファンを魅了した。

度重なるケガに苦しみながらも、競技生活を全うした于梦雨。これからの第2の人生が素晴らしいものとなることを願うばかりである。

于梦雨(ユモンユ) コメント全文


写真:于梦雨(ユモンユ・シンガポール)/提供:ITTF

厳しいトレーニング、心身の疲労、怪我に苦しんでいたことを振り返って、何度も諦めようと思いながらも戦い続けることを決心したことが、勝利の喜びや挫折に繋がりました。これが夢を追いかけることの魅力かもしれません。今はさようならを言う時で、これは私の人生で非常に重要な瞬間です。私のスポーツ選手としての16年間を振り返ると、感動的な瞬間と名誉に満ちています。これからは人生の新たな扉を開き、粘り強く不屈のスポーツマンシップを守り、より前向きなエネルギーを他の人や社会に伝えていきます。

※出典:于梦雨(ユモンユ)Instagram

于梦雨(ユモンユ)のInstagram

特集・日本生命レッドエルフ(2020年4月公開)


写真:日本生命レッドエルフメンバー/撮影:ハヤシマコ

>>森さくら、赤江夏星らのインタビュー!日本生命レッドエルフ特集

特集・日本生命レッドエルフ第2弾 なぜ日本生命は強いのか?(2021年5月公開)

>>指導者、ジュニアカメンバーのインタビュー!日本生命レッドエルフ特集

男子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3400 pt
3
梁靖崑(中国)
2700 pt
1
張本智和(日本)
1985 pt
2
宇田幸矢(日本)
724 pt
3
戸上隼輔(日本)
350 pt
女子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
陳夢(中国)
5225 pt
2
孫頴莎(中国)
5000 pt
3
王曼昱(中国)
3500 pt
1
早田ひな(日本)
2535 pt
2
伊藤美誠(日本)
2225 pt
3
石川佳純(日本)
1240 pt