【Tリーグ】単複11勝の篠塚大登、単11勝のチェンイーチン 後期MVP受賞 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:篠塚大登(木下マイスター東京)、チェンイーチン(トップおとめピンポンズ名古屋)/提供:T.LEAGUE/アフロスポーツ

卓球ニュース 【Tリーグ】単複11勝の篠塚大登、単11勝のチェンイーチン 後期MVP受賞

2023.03.01

文:ラリーズ編集部

2月28日、Tリーグは2022‐2023シーズン後期MVPとして、男子は篠塚大登木下マイスター東京)、女子はチェンイーチン(トップおとめピンポンズ名古屋)の受賞を発表した。

篠塚、チェンイーチンが受賞

Tリーグは、ノジマTリーグ2022‐2023シーズンにおいて、後期(2022年12月~2023年2月開催の54試合対象)に最も活躍した選手を「ノジマTリーグ 2022-2023シーズン後期 ノジマMVP賞」として表彰した。受賞した選手には、株式会社ノジマより空気清浄機が送られる。

木下マイスター東京の篠塚は、「シングルス5勝に加え、大島祐哉(木下マイスター東京)とペアを組んだダブルスでは6勝をあげ、シーズン序盤に苦しんだチームの、逆転でのレギュラーシーズン1位に大きく貢献した」と選考理由を発表。


写真:篠塚大登(木下マイスター東京)/提供:T.LEAGUE/アフロスポーツ

また、トップおとめピンポンズ名古屋のチェンイーチンは、「シングルス勝利数11勝はリーグトップ。勝敗を決するビクトリーマッチでも4戦3勝と、チーム初となるプレーオフ進出の大きな原動力となった」と、受賞理由をそれぞれ発表した。


写真:チェンイーチン(トップおとめピンポンズ名古屋)/T.LEAGUE/アフロスポーツ

両選手の表彰は、3月21日のプレーオフ前日記者会見にて実施の予定だという。

ノジマTリーグ2022‐2023シーズンプレーオフセミファイナル試合予定

3/22 19:00~ トップおとめピンポンズ名古屋 ‐ 日本生命レッドエルフ 

ノジマTリーグ2022‐2023シーズンプレーオフファイナル試合予定

3/23 19:00~ 木下マイスター東京 ‐ 琉球アスティーダ

3/26 18:30~ 木下アビエル神奈川 ‐ 3/22の勝利チーム

ノジマTリーグ2022‐2023シーズン男子最終順位

1位:木下マイスター東京(勝ち点48 13勝8敗)※プレーオフファイナル進出
2位:琉球アスティーダ(勝ち点45 12勝9敗)※プレーオフファイナル進出
3位:岡山リベッツ(勝ち点30 10勝11敗)
4位:T.T彩たま(勝ち点25 7勝14敗)

ノジマTリーグ2022‐2023シーズン女子最終順位

1位:木下アビエル神奈川(勝ち点52 15勝5敗)※プレーオフファイナル進出
2位:トップおとめピンポンズ名古屋(勝ち点42 13勝7敗)※プレーオフセミファイナル進出
3位:日本生命レッドエルフ(勝ち点39 11勝9敗 得失マッチ差7)※プレーオフセミファイナル進出
4位:日本ペイントマレッツ(勝ち点39 11勝9敗 得失マッチ差6)
5位:九州アスティーダ(勝ち点18 5勝15敗 得失マッチ差 ‐22) 
6位:京都カグヤライズ(勝ち点18 5勝15敗 得失マッチ差 ‐27)

【注目動画】再び潜入!愛工大名電高

【注目動画】潜入!Tリーグ最終戦 篠塚大登&林昀儒インタビュー

男子ランキング
2023.03.21
世界
日本
1
樊振東(中国)
9700 pt
2
馬龍(中国)
5800 pt
3
王楚欽(中国)
4955 pt
1
張本智和(日本)
4195 pt
2
宇田幸矢(日本)
1275 pt
3
篠塚大登(日本)
926 pt
女子ランキング
2023.03.21
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
9920 pt
2
陳夢(中国)
6805 pt
3
王曼昱(中国)
5960 pt
1
早田ひな(日本)
2990 pt
2
伊藤美誠(日本)
2830 pt
3
石川佳純(日本)
1975 pt