吉村和弘、スヴェンソンスポーツマーケティングとマネジメント契約 東京アートの所属契約は3月末終了 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:吉村和弘/撮影:伊藤圭

卓球ニュース 吉村和弘、スヴェンソンスポーツマーケティングとマネジメント契約 東京アートの所属契約は3月末終了

2021.03.15

文:ラリーズ編集部

株式会社スヴェンソンスポーツマーケティングは、2021年3月15日より、卓球男子ナショナルチーム候補選手の吉村和弘(よしむらかずひろ)とマネジメント契約を締結したことを発表した。

東京アートとの所属契約も3月末に満了


写真:吉村和弘(東京アート)/撮影:ラリーズ編集部

リオ五輪銀メダリストの吉村真晴の弟でもある吉村和弘は、現在は卓球男子ナショナルチーム候補選手であるとともに、Tリーグ2020-2021シーズンでは琉球アスティーダの一員として、チーム初のTリーグファイナル制覇に貢献した。シングルスでは3勝2敗、ダブルスでは8勝7敗の成績を残した。


写真:吉村和弘(琉球アスティーダ)/提供:©T.LEAGUE

また、2017年には全日本選手権シングルス準優勝、2018年には香港オープンシングルス優勝など国内外問わず実績を積み重ねている。

今回のマネジメント契約について、吉村和弘は自身のTwitterで「新たな気持ちで、世界で勝てる選手に必ずなります」と意気込みを語っている

また、現在所属している実業団・東京アートとの所属契約も3月末で終了となることが同時に発表されており、今後の去就にも注目が集まる。


写真:吉村和弘/提供:スヴェンソンスポーツマーケティング

吉村和弘インタビュー


写真:吉村和弘/撮影:伊藤圭

>>第1話 鬼のオヤジに兄・真晴。卓球一家で生まれた吉村和弘の卓球人生の幕開け

>>第2話 吉村和弘、野田学園への転校、初の日本一から卓球人生最大の挫折へ

>>第3話 吉村和弘、「真晴の弟」からの脱却。諦めない男、和弘が突き進む「卓球道」

男子ランキング
2022.06.01
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3400 pt
3
梁靖崑(中国)
2700 pt
1
張本智和(日本)
1985 pt
2
宇田幸矢(日本)
762 pt
3
戸上隼輔(日本)
420 pt
女子ランキング
2022.06.01
世界
日本
1
陳夢(中国)
5225 pt
2
孫頴莎(中国)
5000 pt
3
王曼昱(中国)
3500 pt
1
早田ひな(日本)
2535 pt
2
伊藤美誠(日本)
2225 pt
3
石川佳純(日本)
1240 pt