昨季途中にプロ転向の安藤みなみ、トップ名古屋と契約更新「感謝の気持ちを忘れず」 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:安藤みなみ(トップおとめピンポンズ名古屋)/撮影:田口沙織

卓球ニュース 昨季途中にプロ転向の安藤みなみ、トップ名古屋と契約更新「感謝の気持ちを忘れず」

2021.05.07 文:ラリーズ編集部

卓球Tリーグ女子・トップおとめピンポンズ名古屋は7日、全日本選手権で5年連続でランク入りを果たしている安藤みなみとの2021-2022シーズン(4thシーズン)の契約更新を発表した。

安藤みなみがTOP名古屋と契約更新

安藤はバックの変化系表ソフトで相手を崩し、フォアの強烈なスマッシュで仕留めるという独特のプレースタイルを持つ選手だ。

専修大学時代には全日本学生卓球選手権で2年連続シングルス・ダブルスの2冠に輝いた実績を持つ。大学卒業後は、実業団の十六銀行でプレーし、2020年後期日本リーグでは7勝0敗で優秀選手賞を獲得し、チームの2位に貢献。年間王者を決めるファイナル4では、全勝の活躍で十六銀行を2年連続年間王者へと導いた。


写真:安藤みなみトップおとめピンポンズ名古屋)/提供:©T.LEAGUE

2020-2021シーズン(3rdシーズン)途中に、実業団を退社しプロ転向。トップおとめピンポンズ名古屋に加入し、シングルス4勝3敗、ダブルス3勝2敗の成績を残した。昨季は最下位に沈んだチームを支える選手として、4thシーズンの活躍に注目だ。

安藤みなみコメント

3rdシーズン2月から再びTリーグという大舞台で試合をすることができて、とても楽しかったです。4thシーズンも応援して下さる皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、私らしい全力のプレーをお見せできるよう、精一杯頑張ります!応援よろしくお願いします。

安藤みなみインタビュー


写真:安藤みなみ(トップおとめピンポンズ名古屋)/撮影:田口沙織

>>実業団のエースが退社しプロ転向 安藤みなみが今、Tリーグに挑戦する理由

>>トップ名古屋に“凱旋”加入 愛知県出身の安藤みなみ「自分が結果を出して次世代に繋がれば」

>>高2の夏で転校 青森山田”最後の一人”安藤みなみが選んだ道

>>中国卓球にも通用する 安藤みなみの”常識破りのプレースタイル”が生まれたワケ

>>卓球選手・安藤みなみがバド・”フクヒロペア”コーチから得た金言

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt