第30回東アジアホープス卓球大会開催延期 来年度に日本国内開催の方向で調整 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:香取悠珠子(卓桜会栃木卓球センター:栃木)/撮影:ラリーズ編集部

卓球ニュース 第30回東アジアホープス卓球大会開催延期 来年度に日本国内開催の方向で調整

2021.09.14 文:ラリーズ編集部

日本卓球協会は、2021年12月03日~05日で北九州市立総合体育館にて開催予定だった第30回東アジアホープス卓球大会の開催延期を発表した。

来年度に日本国内開催の方向で調整

日本卓球協会の発表によると、大会準備委員会で検討しました結果、新型コロナウイルス感染症予防のための水際対策措置により、海外選手の来日が見込めないため、大会開催は困難であるとの判断だという。

東アジアホープスには、中国、中国香港、チャイニーズタイペイ、中国マカオ、大韓民国、在日朝鮮、モンゴルから協会を代表する選手団の参加が予定されていた。

しかし、モンゴルは入国拒否対象に指定され、中国、中国香港、チャイニーズタイペイ、中国マカオ、韓国は査証免除が停止、査証申請も特段の事情を要する状況で、入国後も14日間の自宅等での隔離を経なければ大会に参加することができない。加えて、参加がホープス(12歳以下)選手であることも考慮した結果、延期という結論に至った。

延期時期については、来年度に日本国内での開催ができるように調整を続けていくという。

一方、国内選考会を経て決定した東アジアホープス日本代表選手団による合宿の開催を検討していることも同時に発表された。

東アジアホープス日本代表選手団

男子


写真:岩井田駿斗(HZF:山口)/撮影:ラリーズ編集部

岩井田駿斗(HZF:山口)
川上流星(新発田ジュニア:新潟)
郡司景斗(スマイルTC:宮﨑)
伊藤佑太(イトウTTC:香川)
大槻翼(綾部 紫遊クラブ:京都)
畠山陽(新発田ジュニア:新潟)
吉田蒼(上越ジュニア:新潟)
原井敢田(アカシア:福岡)
浅見昴希(松山TTS:埼玉)
大野颯真(木下グループ:鹿児島)
※所属:2021年7月20日時点

女子


写真:佐藤希未(TKOクラブ:埼玉)/撮影:ラリーズ編集部

井上真夕(ALLSTAR:兵庫)
藤本和花(丸善クラブ:東京)
三島悠葵(羽佳卓球倶楽部:東京)
吉田璃乃(トコチル:埼玉)
利光里菜(速見クラブ(Jr):大分)
香取悠珠子(卓桜会栃木卓球センター:栃木)
佐藤希未(TKOクラブ:埼玉)
安藤海凜(明野ジュニア:大分)
松本結鶴(CRANE:徳島)
深山稟心(ヒゴ鏡卓球クラブ:熊本)
※所属:2021年7月20日時点

関連記事

>>肥後の小学生たちが本気で日本一を狙い、勝ち取った初優勝「会場の中で、うちが一番勝ちたがっていた」

関連動画

男子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt