丹羽孝希、日本卓球リーグにゴールド選手として参戦へ ケアリッツ・アンド・パートナーズと契約 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:ビッグトーナメントでの丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)/撮影:ラリーズ編集部

卓球ニュース 丹羽孝希、日本卓球リーグにゴールド選手として参戦へ ケアリッツ・アンド・パートナーズと契約

2022.05.02

文:ラリーズ編集部

東京五輪卓球日本代表として男子団体銅メダルを獲得した丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)が2日、株式会社ケアリッツ・アンド・パートナーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 宮本剛宏)と契約を締結したことを発表した。

丹羽孝希がゴールド選手として日本リーグ参戦


写真:ビッグトーナメントでの丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)/撮影:ラリーズ編集部

丹羽は東京五輪後、より一層日本の卓球界への貢献・国内での活躍にも力に入れていきたいという思いから、国内リーグへの出場を視野に入れた活動を行ってきたという。

Tリーグでは岡山リベッツと複数年契約を結んだことが発表されていたが、今回、実業団が所属する日本卓球リーグへの参戦も2部に所属するケアリッツ・アンド・パートナーズから決まった。


写真:ビッグトーナメントでの丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)/撮影:ラリーズ編集部

ケアリッツ・アンド・パートナーズとの契約背景には丹羽が獲得したいと考えるタイトルの1つである日本リーグへの参戦や、出雲卓斗、沼村斉弥と明治大出身の後輩も在籍しており、ともに練習に励み・勝利を目指していきたいチームメイトが多く在籍することがあるという。

丹羽は日本卓球リーグのゴールド制度を利用し、ゴールド選手として後期日本リーグからケアリッツ・アンド・パートナーズの一員として参戦する。


写真:ビッグトーナメントでの丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)と坂本竜介プライベートコーチ/撮影:ラリーズ編集部

日本卓球リーグのゴールド制(レンタル制)とは

正会員チームに限り日本人選手1名をレンタル選手(以下「ゴールド選手」)として登録することができる。ゴールド選手は、日本卓球リーグの前期大会・後期大会・JTTLファイナル4のみに出場することができ、1試合にシングルス・ダブルスの1ポイント(シングルス又はダブルス1回)に出場することができる。

その対象となる選手は以下の通り。

①前年度に公表されている(公財)日本卓球協会のナショナルチーム(NT)、およびNT候補選手(ただし、高校生以下を除く)。
②前年度及び前々年度の過去2年(直近2大会前)全日本選手権大会シングルスベスト16。
③前年度及び前々年度の過去2年(直近2大会前)全日本社会人選手権大会シングルスベスト8。

丹羽孝希 コメント

丹羽孝希・ケアリッツ
写真:丹羽孝希、ケアリッツ・アンド・パートナーズと契約/提供:株式会社スヴェンソンホールディングス

日頃より、沢山のご支援・ご声援をいただきありがとうございます。この度、株式会社ケアリッツ・アンド・パートナーズ様と契約をさせていただきました。

三度目の出場となった、東京オリンピックでは目標としていたメダルを獲得することができ、嬉しい気持ちと同時に日頃より応援・サポートしてくださる皆様への感謝の気持ちがより一層大きくなりました。

このような思いを通じ、自分自身が日本の卓球界へ貢献し、活躍する姿を多くの人に見ていただく事で恩返しできればと考えるようになりました。今回の契約を通じて、一人でも多くの方に感謝の気持ちと卓球の魅力を伝えていきたいと思います。今後とも、応援よろしくお願いします。

株式会社ケアリッツ・アンド・パートナーズ 宮本剛宏社長 コメント

卓球界の「ファンタジスタ」丹羽孝希選手と、日本リーグ登録で契約を締結いたしました、株式会社ケアリッツ・アンド・パートナーズと申します。

我々は、14年前に創業した訪問介護事業で全国展開をしている会社です。私自身が慶應義塾大学の卓球部出身という事もあり、採用の一環として各大学の卓球部に声かけをしていたところ、いつの間にか卓球部員が30名を超えており、関東学生リーグの1部校で活躍していた選手にも入社していただけるまでになりました。

こうして卓球部のレベルが上がるにつれ、実業団登録だけでなく日本リーグにも登録して、昨年から参加をさせていただいております。

丹羽選手のように、オリンピックを目指している選手はまだ居りませんが、仕事と卓球の両立、日本リーグでの1部昇格を先ずは目標に、丹羽選手の力を借していただければと思っています。今後とも、よろしくお願いいたします。

【動画】ビッグトーナメントでの丹羽孝希インタビュー

【動画】ビッグトーナメントでの出雲卓斗インタビュー

男子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3400 pt
3
梁靖崑(中国)
2700 pt
1
張本智和(日本)
1985 pt
2
宇田幸矢(日本)
724 pt
3
戸上隼輔(日本)
350 pt
女子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
陳夢(中国)
5225 pt
2
孫頴莎(中国)
5000 pt
3
王曼昱(中国)
3500 pt
1
早田ひな(日本)
2535 pt
2
伊藤美誠(日本)
2225 pt
3
石川佳純(日本)
1240 pt