アジア卓球選手権 歴代優勝まとめ・女子編|完全保存版 | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2019.09.15

アジア卓球選手権 歴代優勝まとめ・女子編|完全保存版

写真:2017年アジア選手権優勝の平野美宇(日本生命)/撮影:Imaginechina/アフロ

2019年9月15日(日)~2019年9月22日(日)の期間、ジョクジャカルタ(インドネシア)でアジア卓球選手権大会が開催される。そこで今回、これまでの女子種目の歴代優勝者を振り返り、一覧にまとめた。

団体の部

女子団体では、これまで開催された23大会中18回で中国が優勝しており、圧倒的な強さを見せている。続いて中国香港と韓国が並んで2回ずつ、日本と北朝鮮が1回ずつ優勝している。

1974年に開催された第2回大会を最後に優勝から遠ざかっている日本。選手層も厚く、近年では中国に次ぐ2番手の位置を確立しつつあるが、直近の3大会ではいずれも中国の前に敗れている。

>>【早田ひな】“黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

団体の部・歴代優勝一覧

開催年 優勝国
1972年 中国
1974年 日本
1976年 北朝鮮
1978年 中国
1980年 中国
1982年 中国
1984年 中国
1986年 中国
1988年 韓国
1990年 韓国
1992年 中国香港
1994年 中国
1996年 中国
1998年 中国
2000年 中国
2002年 中国
2005年 中国香港
2007年 中国
2009年 中国
2012年 中国
2013年 中国
2015年 中国
2017年 中国

>>【卓球】東京五輪団体戦シード争いの鍵 オリンピックランキングとは

個人の部

女子シングルスは、これまで開催された23大会中20回、中国選手が優勝している。圧倒的な強さを見せている中国だが、日本選手もこれまでに3度優勝している。

近年では2017年に開催された前回大会で、平野美宇が丁寧(ディンニン・中国)、朱雨玲(ジュユリン・中国)、陳夢(チェンムン・中国)と中国選手に3連勝して優勝した。優勝した平野は“ハリケーン・ヒラノ”と称され、卓球界を賑わせた。

平野美宇
写真:2017年アジア選手権での平野美宇/提供:ittfworld

女子ダブルスでも中国が圧倒的な強さを見せているが、それに次いで北朝鮮が4回優勝している。

日本ペアは、2017年に開催された前回大会で伊藤美誠/早田ひなと佐藤瞳/橋本帆乃香が3位入賞、2015年に開催された第22回大会で平野美宇/伊藤美誠が準優勝している。

伊藤/早田ペアと佐藤/橋本ペアは、2019年4月に行われた世界選手権でもメダルを獲得しており、アジア地域のレベルの高さが伺える。

佐藤・橋本
写真:2017年アジア選手権での橋本帆乃香(写真左)・佐藤瞳/提供:ittfworld

>>平野美宇、ニューヘアを披露!“可愛い”の声続出

個人の部・歴代優勝者一覧

女子シングルス・ダブルス

開催年 女子シングルス 女子ダブルス
1972年 李莉(中国) オ・ヨンスク/キム・チャンエ(北朝鮮)
1974年 枝野とみえ(日本) 鄭懐頴/張立(中国)
1976年 張立(中国) パク・ヨンスン/キム・チャンエ(北朝鮮)
1978年 曹燕華(中国) パク・ヨンスン/キム・チャンエ(北朝鮮)
1980年 斉宝香(中国) 張徳英/劉楊(中国)
1982年 曹燕華(中国) 曹燕華/黄俊群(中国)
1984年 何智麗(中国) 戴麗麗/耿麗娟(中国)
1986年 何智麗(中国) 戴麗麗/何智麗(中国)
1988年 何智麗(中国) 梁英子/玄静和(韓国)
1990年 喬紅(中国) 喬紅/胡小新(中国)
1992年 唐薇依(中国) 唐薇依/應栄輝(中国)
1994年 鄧亜萍(中国) 劉偉/喬雲萍(中国)
1996年 小山ちれ(日本) 李菊/王楠(中国)
1998年 李菊(中国) 柳智恵/李恩実(韓国)
2000年 林菱(中国) 石恩美/李恩実(韓国)
2002年 牛剣鋒(中国) 李楠/郭焱(中国)
2005年 林菱(中国香港) 郭焱/劉詩雯(中国)
2007年 張怡寧(中国) 郭躍/李暁霞(中国)
2009年 丁寧(中国) 丁寧/李暁霞(中国)
2012年 郭焱(中国) 丁寧/郭焱(中国)
2013年 劉詩雯(中国) 朱雨玲/陳夢(中国)
2015年 朱雨玲(中国) キム・ヘソン/リ・ミギョン(北朝鮮)
2017年 平野美宇(日本) 朱雨玲/陳夢(中国)

>>アジア卓球選手権 歴代優勝まとめ・男子編

文:ラリーズ編集部

コメント
0