国際卓球連盟、伊藤美誠を"中国レジェンドの再来"と紹介 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
2020.03.25

国際卓球連盟、伊藤美誠を“中国レジェンドの再来”と紹介

写真:3月カタールオープンでの伊藤美誠/提供:新華社/アフロ

国際卓球連盟(ITTF)は23日、公式サイトで伊藤美誠(スターツ、世界ランキング3位)を、“中国のレジェンド”鄧亜萍(デン・ヤーピン)を想起させる存在として紹介した。

>>“黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

伊藤の強さとプレースタイルが元世界王者に類似


写真:2015年で初のワールドツアー優勝を果たした伊藤美誠/提供:アフロ

伊藤は2月のハンガリーオープンで優勝すると、続く3月のカタールオープンでも準優勝するなど今季の国際大会で好スタートを切っている。

ITTFはカタールオープンの準々決勝で伊藤が、リオ五輪金メダリストの丁寧(中国)に対し「4ゲーム合計23点しか与えず、しかも3ゲーム目はラブゲーム(11-0)での勝利だった」ことに触れ、その強さを讃えた。

また、身長が約150cmと小柄であることに加え、フォアとバックに異質のラバーを貼り、台から下がらずに前陣で勝負するプレースタイルが中国の元世界王者の鄧亜萍に似ていると紹介した。

小柄ながら「五輪2大会で4つの金メダル」の鄧亜萍


写真:鄧亜萍/提供:ロイター/アフロ

鄧は、世界選手権を6度制し、2度出場した五輪(1992年バルセロナ、1996年アトランタ)で単複4つの金メダルを獲得した中国屈指の名選手。

伊藤がドイツでワールドツアー初制覇したのが14歳だったが、鄧も15歳でアジアカップ(マニラ)を制し、国際大会で頭角を現した年齢はほぼ同じ。

また、鄧が1992年のバルセロナ五輪で金メダルを獲ったのが19歳181日で、東京五輪が従来スケジュール(2020年7月25日開幕)通りであれば、伊藤も19歳279日で五輪を迎える予定と、記事では比較されている。

>>鄧亜萍にも言及!早田ひならを育てた石田眞行語る、なぜ中国は卓球が強いのか?

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.04.10
世界
日本
1
許キン(中国)
17260 pt
2
樊振東(中国)
16915 pt
3
馬龍 (中国)
16335 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9270 pt
女子ランキング
2020.04.10
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17015 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
15080 pt
1
伊藤美誠(日本)
15080 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US