【今週の日本の卓球】馬龍、陳夢がシングルス優勝 中国OP全日程終了 | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2019.06.03

【今週の日本の卓球】馬龍、陳夢がシングルス優勝 中国OP全日程終了

写真:馬龍(左・中国)、陳夢(右・中国)/提供:ittfworld

5月28日から6月2日まで、ITTFワールドツアープラチナ・中国オープンが開催され、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの計5種目が行われた。男女ともに決勝戦は中国勢同士の対戦となった。

男子試合結果

シングルスは張本智和(日本)、丹羽孝希(日本)を破った馬龍(中国)が優勝を果たし、林高遠(中国)が準優勝に輝いた。ダブルスは、ボル/フランチスカ(ドイツ)が優勝、馬龍/王楚欽(中国)が準優勝となった。森薗政崇/上田仁(日本)はベスト8に終わった。

女子試合結果

シングルスは陳夢(中国)が優勝。伊藤美誠(日本)は準優勝の王曼イク(中国)に敗れベスト4となった。ダブルス優勝は顧玉婷/劉詩ブン(中国)、準優勝は王曼イク/朱雨玲(中国)となった。中森帆南/大藤沙月(日本)は優勝ペアに敗れたもののベスト4入りを果たした。

混合ダブルス試合結果

優勝は林イン儒/鄭怡静(台湾)。張本智和/石川佳純(日本)を破った黄鎮廷/杜凱琹(中国香港)が準優勝に輝いた。丹羽孝希/伊藤美誠(日本)は準決勝で優勝ペアに敗れベスト4となった。

文:ラリーズ編集部

コメント
0