世界卓球選手権大会 歴代チャンピオン・男子結果一覧 | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2019.09.19

世界卓球選手権大会 歴代チャンピオン・男子結果一覧

写真:2017年世界卓球選手権混合ダブルスの部で優勝した吉村真晴と石川佳純/提供:ittfworld

卓球界には多くのプロリーグやプロツアーが開催されている。その中でも最もレベルの高い大会の一つに世界選手権がある。今回は、世界卓球選手権大会の男子団体・シングルス・ダブルスと混合ダブルスの1990年以降の歴代優勝をまとめた。

団体の部

男子団体は現在、中国が9連覇中と圧倒的な強さを見せている。1990年代以降で見れば、14回中11回中国が優勝、残りの3回はスウェーデンが優勝している。

日本男子は、2008年大会で銅メダルを獲得して以降、安定して好成績を残してきている。2018年大会ではメダルを逃したものの、2016年大会では決勝に進出している。

>>水谷隼が語る!なぜ中国は卓球が強いのか?

団体の部・歴代優勝一覧

開催年 優勝国
1991年 スウェーデン
1993年 スウェーデン
1995年 中国
1997年 中国
2000年 スウェーデン
2001年 中国
2004年 中国
2006年 中国
2008年 中国
2010年 中国
2012年 中国
2014年 中国
2016年 中国
2018年 中国

>>【永久保存版・平成振り返り】日本の卓球界が右肩上がりに躍進 平成21年〜31年

個人の部

シングルスの部でも中国選手が圧倒的な強さを見せている。最近は同一選手が連覇する傾向があり、現在は馬龍(マロン・中国)が3連覇している。

男子シングルスでは40年間メダルから遠ざかっている日本だが、近年はメダル争いに絡んできている。特に2019年に開催された前回大会では、準々決勝で丹羽孝希が梁靖崑(リャンジンクン・中国)にフルゲームの末に惜敗とメダルにあと一歩のところまできている。

ダブルスの部でも中国選手の優勝数が圧倒的ではあるが、日本選手も大いに活躍している。

男子ダブルスでは2009年大会で水谷隼/岸川聖也が銅メダルを獲得して以降、多くのメダルを獲得している。2017年大会では、森薗政崇/大島祐哉ペアが決勝まで勝ち進み銀メダルを獲得している。

混合ダブルスでは、2011年大会で岸川聖也/福原愛ペアが銅メダルを獲得。吉村真晴/石川佳純ペアが直近の3大会で決勝進出、2017年大会では日本勢48年ぶりの金メダルを獲得している。

>>岸川聖也「経験で取れる1点がある」歴戦の猛者が語る「Tでの戦い方」

個人の部・歴代優勝者一覧

シングルス

開催年 男子シングルス
1991年 パーソン(スウェーデン)
1993年 ガシアン(フランス)
1995年 孔令輝(中国)
1997年 ワルドナー(スウェーデン)
1999年 劉国梁(中国)
2001年 王励勤(中国)
2003年 シュラーガー(オーストリア)
2005年 王励勤(中国)
2007年 王励勤(中国)
2009年 王皓(中国)
2011年 張継科(中国)
2013年 張継科(中国)
2015年 馬龍(中国)
2017年 馬龍(中国)
2019年 馬龍(中国)

>>「初めに決めたことが一番正しい」 丹羽の“哲学”とは?

ダブルス

開催年 男子ダブルス 混合ダブルス
1991年 カールソン/フォン・シェーレ(スウェーデン) 王涛/劉偉(中国)
1993年 王涛/呂林(中国) 王涛/劉偉(中国)
1995年 王涛/呂林(中国) 王涛/劉偉(中国)
1997年 孔令輝/劉国梁(中国) 劉国梁/鄔娜(中国)
1999年 孔令輝/劉国梁(中国) 馬琳/張瑩瑩(中国)
2001年 王励勤/閻森(中国) 秦志戩/楊影(中国)
2003年 王励勤/閻森(中国) 馬琳/王楠(中国)
2005年 孔令輝/王皓(中国) 王励勤/郭躍(中国)
2007年 馬琳/陳玘(中国) 王励勤/郭躍(中国)
2009年 王皓/陳玘(中国) 李平/曹臻(中国)
2011年 馬龍/許昕(中国) 張超/曹臻(中国)
2013年 陳建安/荘智淵(台湾) キム・ヒョクボン/キム・ジュン(北朝鮮)
2015年 許昕/張継科(中国) 許昕(中国)/梁夏銀(韓国)
2017年 樊振東/許昕(中国) 吉村真晴/石川佳純(日本)
2019年 馬龍/王楚欽(中国) 許昕/劉詩雯(中国)

>>世界選手権大会 歴代優勝者まとめ・女子編はこちら!

文:ラリーズ編集部

コメント
0