イケメン兄弟対決は弟・健太に軍配【全日本卓球2018】


<全日本卓球選手権2018・大会6日目・男子シングルス準々決勝・東京体育館>

兄・賢二を振り回した弟・健太

男子シングルスの準々決勝で、松平賢二(協和発酵キリン)と松平健太(木下グループ)が対戦した。この二人が実の兄弟であるということは、卓球界ではよく知られている。

注目の一戦となったこの試合を制したのは、弟の健太だった。お互いが小さい頃から戦い慣れた相手に対して、開幕から大きなラリー展開になることが多かったが、健太が2ゲームを先取。1ゲームを賢二が返すも、反撃はそこまで。ゲームカウント4−1で健太が勝利した。

筋肉の兄 vs 鉄壁の弟

賢二の特徴といえばやはり、とにかく筋肉質であることだ。対する健太は、ブロックがうまく、鉄壁の守備に特徴がある。剣が勝つのか、盾が勝つのか。結果は鉄壁の守備の健太に軍配が上がった。

鉄壁の守備を崩せず破れた兄、賢二

健太の鉄壁のブロックで、賢二が振り回され、台から離される展開が多くなった。一方の賢二は「序盤にブロックのミスが出てしまった」とコメント。さらに健太の後陣からのバックハンドドライブなどを受け、流れを取り返せなかった。

松平健太は世界ランク10位と国際大会での実績が豊富であるものの、全日本ではここ数年結果に恵まれず、嬉しい準決勝進出となった。2009年以来の決勝進出を狙う。

文・写真:ラリーズ編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする