張本智和が4冠へ向け好発進。2日目の結果【全日本卓球2018】


取材・写真:ラリーズ編集部

全日本卓球2日目となる16日、昨年の世界卓球選手権で史上最年少ベスト8となった張本智和が試合についに登場。

平野美宇との混合ダブルス2試合と、ジュニア男子1試合の、計3試合に出場した。

張本は今大会ではジュニア男子、男子シングルス、男子ダブルス、混合ダブルスの4種目にエントリー。すべての種目で優勝すれば、大会史上初の4冠王という偉業を成し遂げることとなる。また、男子シングルスでは史上最年少優勝がかかっている。

混合ダブルスでは試合序盤に苦戦する場面も見られたが、後半からはきっちりと立て直し、翌日への試合に繋げた。ジュニア男子では圧倒的な強さを見せつけ快勝し、4冠王へと一歩前進した。

2日目の試合を終えた後には、記者会見にて優勝に向けた意気込みを語った。

全日本卓球2日目 試合結果

混合ダブルス 2回戦
張本智和/平野美宇 3(9,8,3)0 二木啓太/後藤沙葵

混合ダブルス 3回戦
張本智和/平野美宇 3(-10,4,7,6)1 柴田直人/鳥居夕華

ジュニア男子シングルス 3回戦
張本智和 3(7,2,1)0 佐藤祐人

試合後の記者会見

今日はどのような試合だったか?

まずはどちらも負けないで今日を終えることが目標だった。どっちもしっかり明日に残れて良かった。

混合ダブルス3回戰は、劣勢の展開からどのように切り替えたのか?

1ゲーム目を取られてから、良いプレーができてきた。2回戦が終わってから、やっと本来の状態になった。

平野との組むコンビネーションは?

1,2週間くらいしか練習してないが、結構いいプレーができた。今後はより高速ラリーができてくると思うので、これからも楽しみ。

ジュニアでの圧勝は、タイトルへ向けてどう繋がった?

初戦で今日のようなプレーができないと、優勝は難しい。明日以降、今日のシングルス以上に良いプレーができれば、優勝の可能性も大いにあると思う。

4冠に向けて意気込みは?

一つ一つ目の前の試合を勝ち進んでタイトルを取れるように頑張りたい。

ダブルスよりシングルスの方が声が出てたように思えたが、何か違いは?

自分が混合で声を出しすぎたら(ペアを組む平野が)ビックリするのではないかと思った。混合も相手が強くなるにつれてもっと声を出していこうと思う。

今日の最も良かったプレーは?

ラリーは凡ミスは多かったが、サーブの時にはしっかり先手を取れていた。

4冠の中で特に譲れないタイトルは?

シングルスとジュニアの2つの個人。取る自信もあるし、絶対に取ってやるという気持ちでいる。

明日一つ勝てば世界チャンピオンの吉村・石川ペアとの対決となるが意気込みは?

明日の初戦の相手も、2人とも元全日本チャンピオンだから勝つのは難しい。(もし初戦を勝てたら吉村・石川との対決となるが、)そこまでいけば勝てるチャンスが大いにあると思う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする